ブラジルでネサラゲサラが発表されるもメディアは当然ガン無視
Image-2
Image-1
Image-3
Image-4

ブラジルでのネサラ・ゲサラの発表
ここに復元共和国詐欺がある....聞いてはいけない
image-5

※私は2008年に初めて知りましたが、まだ詐欺は続いているようです...
 ネサラとかゲサラとか : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


NESARA/QFS: A Long Running Internet Scam - by Jordan Sather (substack.com)
NESARA/QFS: 長期にわたるインターネット詐欺

NESARA法」と「量子金融システム」という偽情報を使った、インターネット上のインフルエンサーたちによる詐欺の背景、歴史、そして現在を詳述します。


NESARA(ネサラ)詐欺は、数十年前からニューエイジ/真実主義者/陰謀論者の間で長く続いている詐欺であり、2017年/2018年頃から「量子金融システム」という新たな出現が加わっています。

私自身、覚醒の旅を始めた2012年頃にこのインターネット理論に騙されたことがあった。私は若く、世間知らずで、当時出回っていたあらゆる陰謀論のクリックベイト・バンドワゴンに飛びついていました。 それにもかかわらず、「今夜来る!」、「明日来る!」、「来週来る!」と1、2年続いた後、私はこの説の正当性に疑問を持ち始め、もう少し掘り下げてみたところ、偽情報の煮えたぎる鍋であることに気づきました。

ソーシャルメディアの時代が到来し、特に陰謀論や真実の追求が人気を博すようになったここ数年、名声と金目当てであることが明らかな無責任なインフルエンサーたちによって、このようなクリックベイト詐欺がいまだに宣伝されているのを見るのは、私にとって興味深いことでした。

この記事では、NESARA/QFS詐欺の歴史や、詐欺師たちが宣伝している疑惑の理論について掘り下げ、なぜ何年も経った今でもこの詐欺が続いているのか、その動機について考察します。

魔法のような「NESARA法」が実施され、「QFS」のスイッチがオンになれば、実質的にタダでお金が手に入ると信じているために、請求書の支払いをやめてしまう人もいます。この説を信じるナイーブな人々の心に、かなりの心理的ダメージを与えてしまっているのです。

「NESARA」の起源 - ハーヴェイ・フランシス・バーナード
1996年代後半から2000年代初頭にかけて、エンジニアリングコンサルタントのハーヴェイ・フランシス・バーナード
、NESARAが「国家経済安全保障および復興法」の略であるNESARA提案と呼ばれるものを作成しました。2001年に彼は「沼の水を抜く」:金融および財政政策改革」という本を書き、何千部数も刷って全国に配布し、国会議員にも郵送しました。

彼の理論は、債務に基づく不換紙幣システムは持続不可能であり、彼がNESARAの著作で呼びかけていた改革を通じて、経済へのストレスを解消し、豊かさへの道を歩むことができるというものでした。

私たちの負債に基づく経済システムが持続不可能であるという彼の考えは正しいですが、彼の提案を中心に政治運動を展開しようとするバーナードの努力は成功することはありませんでした。2000年、彼はインターネット上で提言を発表し、2001年にはルイジアナ州に非営利団体「ネサラ・研究所」を設立しました(2013年現在、解散)。

「NESARA」に関するバーナードの最初の本

バーナードがNESARA詐欺やインターネット上のクリックベイトを始めたわけではありません、彼は純粋にNESARAの提案で物事を変えたかったが、聞き入れられなかったのです。NESARAにまつわる詐欺や不正は、バーナードより後、2000年代初頭に現れ始めました。

バーナードが2000年にNESARAの提案をインターネット上に発表した直後、「ワンネスの鳩」として知られるインターネット・ブロガー、本名シャイニ・グッドウィン(ワシントン州にあるラムサ・スクールの元生徒)が、それに目をつけ、ばかげた主張を満載してNESARAを宣伝し始めました。

中略


想定される「NESARA法」に添付された偽の主張のグラフィック-このグラフィックは、今日でもNESARAアコライトによってオンラインで宣伝されています

中略

ソーシャルメディア時代が火種に

グッドウィンの死後、多くのニューエイジ/アセンションのブログが彼女の偽NESARAストーリーを取り上げ、「ギャラクティック・コネクション」、「マス・アウェイクニング」、「イントゥ・ザ・ライト」、「アルクイン・ブラマートン」などのWebサイトがそれを流し始めました。

インターネット上では、「銀河連邦」の地球外生命体や「アシュタール・コマンド」とチャネリングしていると主張するさまざまな人々が、宇宙人は世界中でNESARAを実施するのを助けるためにここにいると主張しました。また、「ホワイトドラゴン協会の東アジアのファミリー」が「サンジェルマン・ワールド・トラスト」を通じて世界に資金を提供し、私たち全員を経済的奴隷から解放してくれるという主張もありました。


2011年から2012年にかけて、私が目覚めの旅に出たばかりの頃、まだこのような情報に接したばかりで、検索が甘かった頃、私はこのような無名のブログでNESARAの主張に出会い、その虜になりました。私は、この空想的なNESARA法が密かに署名され、私たちの銀行口座に自由な資金が投入され、ホワイト・ハットによってフリーエネルギー技術が魔法のように世界に公開され、ETの情報公開がその一部となり、世界に展開される準備が整ったことを信じて疑わなかったのです。

「今夜発表されるんだ」とか、「いや、明日だ!」とか、「今週末にはここに来るんだ!」とか、そんな話を1、2年聞き続けた後、私はNESARAの主張の正当性に疑問を持ち始め、ついに深く掘り下げてみたところ、まったく根拠がないことがわかりました。ありがたいことに、当時私はインターネットのインフルエンサーではなかったので、信じている間はこのばかげたことを聴衆に宣伝することはありませんでした。

ホワイト・ハットにホワイトハウスを急襲し、クリントンに署名を迫る権限があったのなら、なぜ成立しなかったのか?秘密裏に署名されたのなら、なぜブッシュの8年間とオバマの8年間に対処しなければならなかったのか?この無名のブロガーたちは、これらの秘密とされる法律の詳細をどうやって入手しているのだろうか?

それについての非常に多くのことが腑に落ちず、そしてNESARAに関してインターネットインフルエンサーによってなされた非常に多くの矛盾した主張がありました。

2010年代半ば、より多くの人々が陰謀論に関連する情報をソーシャルメディアで共有するようになり、NESARAの主張はその範囲とバイラリティを拡大するようになった。2020年代に入ると、NESARAやそれに関連する「RV」そして「QFS」理論にまつわる陰謀論は、かつてないほどの勢いを増してきました。

ディナール/RVと「量子金融システム」詐欺の追加

NESARAとそれに付随する主張には、長年にわたって多くの別バージョンが存在します。2010年代半ばのある日、莫大な資金が入った「グローバル担保口座」からの「繁栄パッケージ」が世界中に放出され、その繁栄パッケージと一緒にイラク・ディナールやジンバブエ・ジムのような国際通貨が「再評価」(RV)され、価格が大幅に上昇するというアイデアが発表されるようになった。

これにより、インターネットブロガーは献身的なFAを伝えるようになります。NESARAとRVが実施されれば、イラク・ディナールやジムが値上がりし、ディナール/ジムの保有者は大金持ちになれるからです。


ジュディ・バイントン(Judy Byington)という特定のブロガーは、「ディナークロニクルズ」などのWebサイトやランブル、ユーチューブの動画を通じて、ディナール関連の偽情報を長年にわたって広めてきました。 

彼女は「GCRアップデート」を通じて世界中に「情報」を提供していると主張していますが、この場合のGCRとはGlobal Currency Reset(グローバル・カレンシー・リセット)の略です。
.
ディナール/RVの話がいつ、どこで生まれたのか正確には分かりませんが、私がネット上で見つけた中で、ディナール/RVの話が登場したのは、2012年のインターネットフォーラム「DinarDaily.net」と、2012年初頭の主流メディアの記事の中で、投資家にこれらの見せかけの警告を発しているものがありました。グッドウィンは2010年に亡くなるまで会合を開き、NESARA詐欺を実行し続けました。
.
中略

量子金融システムとは何か」から。
NESARAの傘下に加わったのはディナール詐欺だけでなく、2018年か2019年のいつかには「量子金融システム」(QFS)も話題に加わりました。繰り返しになりますが、これがどこから来たのかを正確に見つけるのは難しいのですが、私が見つけた最も古い記事のいくつかはこの時期にさかのぼり、NESARAで宣伝されたQFSの偽情報のラインを開始しました。

ギャラクティック・コネクションのサイトによれば、QFSは量子金融システムの略で、現在の金融システムとは対照的に、不正操作が不可能なオフ・ワールドの通貨システムである。陰謀団が何度もそれを試みているにもかかわらず、QFSは不正に操作することができないため、陰謀団の腐敗した中央銀行は崩壊するだろう。陰謀団はこのシステムにアクセスできなくなる。このシステムは、世界通貨リセットの後、新たな資産担保通貨を移転することを可能にする。この通貨は、アメリカが支配するSwiftシステムに取って代わるものであり、利殖と操作という悪のすべてを伴うものである。

このシステムの斬新な点は、慈悲深い地球外生命体ギャラクティックが同盟にこのシステムを提供したことである。このシステムは従来のコンピューターではなく、衛星に搭載された量子コンピューターで作動する。ハッキングされないようにSSPで保護されている。

QFSの熱狂的な支持者は、量子金融システムが存在する証拠としてquantum.govのWebサイトをリンクすることが多いが
quantum.gov には「QFS」や「量子金融システム」については全く触れられていない。トランプ大統領が2018年に国家量子イニシアティブ法に署名するやいなや、QFSのレトリックがすぐに形成され、陰謀論界に注入されたのは興味深い。
.
YouTubeやRumbleのような動画共有サイトが、NESARA/QFS/RV関連の動画の再生回数が数十万回に達し、何十人ものインフルエンサーが同じ物語を繰り返し、メッセージを増幅し正当性を錯覚させるためのエコーチェンバーとして互いの作品を宣伝し合うネットワークが存在することの影響は、控え目に見ても計り知れません。

現代のネサラ詐欺師たち
.
2020年代に入り、特に2020年の夏ごろから、さまざまなインフルエンサーが現れ、NESARA/QFS/RVの偽情報をオーディエンスに押し付けるようになった。これらのインフルエンサーの多くは、同じネットワークで活動し、お互いにインタビューし、お互いにしかインタビューせず、上記のようなエコーチェンバーに拍車をかけている。

これらのインフルエンサーの多くは、Q現象やドナルド・トランプの人気に便乗して、自分たちの視聴者数を獲得しようとしていることがわかる。彼らは偽情報の主張にQとトランプを利用していますが、トランプとQはNESARAやQFSとは何の関係もありませんし、両者とも一度もそれについて言及したことはありません。

チャールズウォード博士(本物の医師ではない)は、「QFSチームのスポークスパーソン」であると主張する有名な偽情報アーティストであり、QFSがいつアクティブ化されるかについてのオンラインビデオで視聴者に「偽情報」を提供しています。

チャールズワードと彼のQFS偽情報は最近ジョージマガジンに
掲載されました
チャールズ・ウォードと多くのビデオで仕事をしてきたニコラス・ヴェニアミンもディナールとジムを相場の何倍もの値段で売るWebサイト Nesara.Shopへのリンクを共有しており、3ドルの収集可能な紙幣を100ドル以上で販売しています。ニコラス・ヴェニアミンはまた、NESARA / QFSの偽情報を宣伝していました。


スクリーンショット (161)

サイモン・パークスは、長年ネット上で宇宙人とのコンタクトがあるなどと主張してきたブロガーで、チャールズ・ウォードとネサラ/QFSについてよくインタビューをしています。ウォードもパークスも、ジュディ・バイントンのディナール偽情報をテレグラム・チャンネルでしばしばシェアしており、ドナルド・トランプとQチームの内部情報にアクセスできると主張してきました。


フィル・ゴドルウスキーは、最大の詐欺師候補であり、彼のテレグラム・チャンネルやランブル・ビデオでNESARA/QFSの偽情報をプッシュするもう一人のインターネット・インフルエンサーです。 

SGAnon」、本名スティーブン・ハーヴェイは、このブロックでは新しいインフルエンサーだが、彼が吐き出すホピウムですぐに数十万人のフォロワーを集めました。彼は早い段階でフィル・ゴドルスキーを宣伝しており、チャールズ・ウォードやその他多くの「チーム」/ネットワークとビデオ・インタビューを行っています。NESARAが本物だと主張するもう一人の人物(証拠はゼロ)

Whiplash347」と「Quantum Stellar Initiative(QSIはエミリー・タンという女性が運営している)として知られるテレグラム・チャンネルは、NESARA/QFSの偽情報を利用した詐欺の中でも最も胸糞の悪いものであるかもしれない。彼らは、「ホワイト・ハットがNESARAとQFSを実施しているから、この暗号コインを買って儲けよう!」という主張に基づいて、暗号通貨のポンピング&ダンプ計画を通じて、疑うことを知らない顧客から何百万ドルも詐欺してきた。 

 
この記事のような 多くの調査記事が、彼らの詐欺を暴露してきました。


その他には、「パトリオットストリートファイター」スコットマッケイ、メルカーマイン、ウツァバ、ジャニーンによるタロット、デレクジョンソン、カイル大尉、「ニューテンプル騎士団」のディランモンロー、ジェイソンシュルカ、デビッドレスターストレート、ジーンデコード、「ネガティブ48」、プライム大臣、スコットヤング博士、「カナダの新しい女王」のロマーナディドゥロ、マイクバラ、マークZ、シャリレイ、そして多くのあいまいなテレグラムチャンネル、ランブルページ、インターネットブログ....etc

中略

最後に、最も狡猾な可能性は、こうした偽情報のノードやチャンネル、あるいは人々の一部が、企業請負業者や政府とつながりのある防諜グループがこのクリックベイトをネット上で広めるために使っている偽情報資産に気づいている可能性です。

このNESARAクリックベイトやその他の陰謀クリックベイトのレトリックが武器化され、メディアのヒットストーリーの本当の真実を信用させないために(偽情報が)使用されていることは非常に重要です。

これらのクリックベイト賊は、NESARA/QFSの偽情報を宣伝するだけでなく、彼らが信じている「メドベッド」、軍事作戦、トランプと軍に関連する内部情報源、ディープ・ステートが密かに逮捕され、GITMOで裁かれているという主張、政治家の身代わりになるクローンやボディ・ダブルの話、、、もっと多くの根拠のない事実無根の声明を主張しています...

※かなり省略:ほぼ文字数オーバーなのでここまで