アイルランド:気候目標を達成するため、20万頭の牛を殺処分する。
彼らは、私たちを完全にコントロールするために、私たち全員を寒さと飢餓に陥れようとしている。


アイルランドの乳牛を殺処分する計画はすべて自主的なものでなければならないと、アイルランド・クリーマリー・ミルク・サプライヤー協会は警告しています。


WEF Orders Ireland To Cull 65,000 Cows Every Three Years To Fight Climate Change - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)

WEFはアイルランドに気候変動対策として3年ごとに6万5千頭の牛を淘汰するよう命じる

2 in 10 cows injected with mRNA vaccines die instantly

アイルランドは、クラウス・シュワブ率いる世界経済フォーラムが出した指令に従うために奔走している。流出した政府文書によると、WEFのネットゼロ気候目標に従うために、3年間毎年6万5000頭の牛を淘汰するモデル計画を立てていることがわかった。

体重550kgの乳牛が1日に排出するメタンガスは約320~330gであることから、ダブリン政府は、アイルランド産業の長年の柱である農業部門に対し、排出量を大幅に削減するよう圧力をかける必要に迫られています。

マクグラス副会長は、アイルランドの地方経済への影響は「悲惨」であり、食料価格はさらに高騰し、多くの人々がクリスマスなどの特別な日以外に肉を買うことができなくなるだろうと予測しました。 

「気候危機の悲惨な結末が予測されていますが、私たちは気候危機の前に滅亡してしまうのでしょうか?」と彼はハードショルダーに語っています。

「私たちは自給するための食料がなくなり、食料価格は高騰し、経済的に非常に価値のある、低炭素の輸出品である農産物は壊滅的な打撃を受けることになります」と述べました。


ジョン・ケリー氏が米農家への宣戦布告: 政府による農地没収は「議論の余地なし」だと言う。
今後、農家が狙われるぞ、アメリカ。オランダは水先案内人の国に過ぎないと言ったはずだ。農業に対する戦争は世界的なもので、その背後にあるアジェンダは世界的なものだからだ。



バイデン政権がアメリカの農家に宣戦布告することを決めた今、昨年の夏、@NTDNewsのインタビューでアメリカ国民に言ったことをもう一度言っておきたい:
憲法修正第2条にしがみつけ。


アイリッシュ・クリーマリー・ミルク・サプライヤー協会のパット・マコーマック会長は、このような殺処分は任意であることが重要だと述べましたが、マクグラス副会長は、明らかにそうではないだろうと述べています。

「任意というのはありえない」と彼は言いました。

それは義務的になるでしょう。 彼らは、汚れた人間、環境に無頓着な人間として、あらゆる方面から悪者扱いされ、攻撃されています-それは誤りであり、その背後に科学的根拠はありません。」

マクグラス副会長はまた、気候変動に関するダボス会議の既成事実を信じていない人々が不当に誹謗中傷されていると述べた。

「私たちは燃えていると言っている気候学者たちはどうなのでしょうか?」と彼は言った。

「その背景には適切な科学的根拠がなく、それを疑問視することもできず、適切でまともな議論はできません。」

「人々は沈黙し、物語に逆らうと文字通り抹殺されます」