Vor Deutschland und Schweiz: Österreich fünftbravstes Land in Erfüllung des Great Reset (report24.news)
世界経済フォーラム(WEF)は、どの国が新世界秩序のためのグローバリストのガイドラインに最も適切に従っている国のランキングを発表
画像:フリーピック/リストックフッテージによる背景、スクリーンショット/ YouTube経由のシュワブ、国連経由のアジェンダ2030
クラウス・シュワブの意向を受けた世界経済フォーラム(WEF)は、新世界秩序のためのグローバリストのガイドラインに最も従順に従う国のランキングを発表しました。国際比較では、オーストリアが5位、ドイツが6位となった。これらの国々は、2030年アジェンダを最もよく達成し、いわゆる「持続可能な社会」に変貌を遂げたと賞賛されています。

クラウス・シュワブは、自分の弟子たちを誇りに思っています。これは、世界経済フォーラムが最近発表した「最も従順な国」の公式ランキングです:

10.エストニア
9.アイルランド
8.スイス
7.フランス
6.ドイツ
5.オーストリア
4.ノルウェー
3.スウェーデン
2.デンマーク
1.フィンランド



その基準は、WEF自身のものではなく、WEFと密接なパートナーシップを結んでいる国連のものです。これは『アジェンダ2030』のSDGsであり、いわゆる「悪の輪」にも象徴されています。ファクトチェッカーは、この2つは別のものだと主張したがりますが、実際にはクラウス・シュワブの「グレート・リセット」と国連の「アジェンダ2030」は同一のものなのです。

貧困、「クリーンで安価なエネルギー」、「ジェンダー平等」などの要素が評価されます。これらのポイントの多くは、目覚めたイデオロギーの産物であり、この世のものとは思えません。特にドイツやオーストリアでは、いまだに価格が法外で、多くの人にとってもはや手の届かないものであるため、どうして「手の届くエネルギー」と言えるのか不可解です。ドイツの脱原発以来、ドイツでのエネルギー生産は特に汚くなってしまいましたが、これが世界の他の多くの国々と比べて本当に良いことなのかどうかは、想定できません。

その結果、WEFは、世界全体としてSDGsの達成に向けて何の進展もないことを訴えています。しかし、この「進歩」は、「西側」の高度に腐敗した外圧国家だけが関心を持ち、世界の大多数、とりわけBRICS諸国は全く関心を持たないことを忘れているだけかもしれません。

ところで、WEFによれば、エネルギーや食糧の供給に問題が生じるのはロシアだけだといいます。ロシアとの経済戦争に参加しない国は、時に経済的なメリットを得ることがあるので、この非難は特に笑止千万です。もちろん、気候変動問題への言及も欠かすことはできない。そして、環境に有害な風力発電機が、エネルギー転換のモデルとして示されています。世界経済フォーラムは、自らを、人々の意思に反して実行されている現在のすべてのイデオロギー的な誤った教えの偉大なモーター、アイデアジェネレーター、実行者だと考えていることは、もはや否定できません。

この際、改めて述べておきたいことがあります:"WEF "とは、国際的な組織です: WEFは、誰からも選ばれたわけではありません。世界中のどの国の国民も、グレート・リセットに同意するかどうかの投票を求められたわけではありません。そして、アジェンダ2030のSDGsに服従するかどうかの国民投票を行った民主主義国家は、世界中に存在しません。これは、これらのユートピアに資金を提供しなければならない世界の人々に対する、スキャンダラスで静かなクーデターなのです。


※ところで....
ファイザーとモデルナの情報はすべてハッキングされ、Howbad.infoで公開されています