アイルランドでは、非主流派のニュースソースを読むことを違法とする法律が可決された

Ireland passes law making it illegal to read non-mainstream sources

アイルランドの議員たちは、市民が携帯電話やコンピューター端末で非主流メディアのコンテンツを見たり共有したりすることを違法とする新しい法律を可決しました。

この新しい法律は、ファクトチェッカーによって「憎悪的」と判断されたオンライン閲覧物は、閲覧・共有した者に懲役刑が科されることを意味します。


アイルランドでは、最も過激なヘイトスピーチ法案が成立しようとしている。『憎悪に満ちた』素材をデバイス内に所持しているだけで、懲役刑に処されるというものです。
それだけでなく、立証責任は被告人に転嫁され、被告人は「憎しみを広める」ためにその素材を使用する意図がなかったことを証明することが求められる。この条項は非常に過激で、トロツキストである利益を得る前の人々でさえ、市民の自由を著しく侵害するものとして反対しました。暗い時代です。


ヘイトスピーチ法案に言論の自由に関する国連人権条約を盛り込むという@pb4pの修正案は否決されました。また、攻撃的な題材を伝達せずに所持している個人を訴追することを可能にするセクションを削除するものも含まれています。

欧米はキリスト教のルーツを失いました - これがその代わりです。

以下、その法案の内容です。

法案はアイルランドで可決されました。

もちろん、法案は「ヘイトスピーチ」を定義しておらず、最新の性別の定義に法的効力を与えています。少しでもゆがめば、実刑になる可能性が出てきました。

"思想犯の創出 "のための立法化
おめでとうございます 
ポール・マーフィー(PAULMURPHY_TD
 今日、ダイル・エアランで言論の自由を守るために、このような素晴らしい弁護をしてくれました。
私たちは、このヘイトスピーチ法案がもたらすディストピア的な影響に立ち向かうため、より多くの野党議員を必要としています。



Ireland Passes Law Making It ILLEGAL To Read Non-Mainstream News Sources - The People's Voice (thepeoplesvoice.tv)