NASAの大いなる欺瞞:宇宙ミッションは巨大プールの中にあり、全てがグリーンスクリーン詐欺
スクリーンショット (69)
スクリーンショット (70)



BitChute

ヴェルナー・フォン・ブラウンの声明
今日、かつてないほど、私たちの生存は、あなたや私、そして私たちの子供たちの倫理的原則を守ることにかかっています。

原子エネルギーが地上の祝福となるか、人類の完全な破壊の源となるかは、倫理観のみが決定付ける。

倫理的行動への欲求は今後どこから来るのか 倫理的でありたいと思わせるものは何か?

私は、私たちを動かす2つの力があると信じています。
ひとつは、最後の審判で、私たち一人ひとりが、神からの偉大な贈り物である地球上の生命に対して行ったことについて、責任を取らなければならない、という信念です。

もうひとつは、不滅の魂を信じることです 
最後の審判で決められた賞罰を大切にする魂は、神と不死を信じることで、日常生活で実質的に行動するために必要な道徳的な強さと倫理的な指針を与えてくれます。

現代社会では、科学がそのような宗教的な考えを時代遅れや古臭いものにしてしまったと感じる人が多いようです。

しかし、私は科学が懐疑論者に本当の驚きを与えてくれると思います。
例えば、科学は、自然界ではどんな小さな粒子も跡形もなく消えてしまうことはないと教えてくれます。そのことを少し考えてみてください。そうすれば、人生についての考え方は決して同じではありません。

科学は、何事も跡形もなく消えてしまうことを発見しました。 自然は絶滅を知らないし、変身しか知らない。
もし神がこの基本原理を宇宙の最も微細で取るに足らない部分に適用するならば、神が創造した傑作である人間の魂にも適用すると考えるのは理にかなっているのではないでしょうか?
科学が私に教えてくれたこと、そしてこれからも教えてくれることは、私の信念をより強固なものにしてくれる。
死後の私たちの霊的存在の連続性において、何も消えることはありません 。

コメント欄:
犯罪者 嘘つき、泥棒。まともな回答ではありません。NASAの悪党たちは、世界と何百万人ものアメリカの子供たちを欺いたのだから、全員刑務所に入れられ、多くは処刑されるべきです。何十億ドルも盗まれた税金で何が起きているのでしょうか?
詐欺です。これはもう止めなければならない。信頼できるアメリカ人を利用して、嘘、ごまかし、盗みを働きます。
NASAの詐欺師はもう終わりだ。私たちはもうあなたの嘘を信じていません。"金を返せ"


そして...

ヴェルナー・フォン・ブラウンは、この秘密を墓場まで持っていき、そして真実を語った


BitChute
ヴェルナー・マグヌス・マクシミリアン・フライヘル・フォン・ブラウンは、工学者であり、ロケット技術開発の最初期における最重要指導者のひとりである。第二次世界大戦後にドイツからアメリカ合衆国に移住し、研究活動を行った。-Wikipedia

ドイツのロケット科学者のトップは、共産主義のロシアと資本主義のアメリカに分かれていた。

捕らえられたナチスのロケット科学者のアメリカへの移送は、「ペーパークリップ作戦」というコードネームで行われた...その後、宇宙へ飛び立つための宇宙ロケットの数々の実験ミス....

アメリカの宇宙開発計画、つまり現在のNASAに投入されました..

数年後、ケネディ大統領から、ある任務を言い渡されます...

1960年代末までに月面に人類を送り出すこと

フォン・ブラウンは、時間をかけずに大いなる欺瞞を開始した...


したがって、捏造されたものでなければならなかった...

なぜか?

フォン・ブラウンは現実を知っていたからです...


宇宙空間は存在しません...そして、どんな技術も我々の上にあるもの(天井ドーム)を突き破ることはできなかった...
スクリーンショット (68)
829ea9_380c7f2dbe474

NASAは最高の人材を使い、アポロ計画の捏造を試みた...そして1969年、彼らはそれを実行に移した.....月面着陸は、アメリカ政府、スタンリー・キューブリック、ウェルナー・フォン・ブラウンによって捏造された。

なぜなら、彼らは史上最大の欺瞞を隠していたからだ...

私たちは、広大で無限の宇宙の中で、回転する地球上に住んでいるわけではない...私たちは、静止した固定された平面の上に住んでいる...それでも、壮大で、愛に満ちた創造主の産物である...フォン・ブラウンはこの現実を知っていた...しかし、死を覚悟して決して明かすことはできなかった...

しかし、死後、シンプルな墓標の上で、彼はついに私たちに真実を告げた...
スクリーンショット (73)

Pasalms 19:1?

天は神の栄光を語り、大空は神の御業を示す...


フラットアース(平らな大地)の研究...




日本の宇宙飛行士もプールで宇宙遊泳...
スクリーンショット (72)

BitChute

※先進国は今後、月に行って基地や施設を作ると言います....そしてクラウス・シュワブのWEFは、2030年には火星へ行ってメスを使わない手術が出来るようになると言いました。永遠にグリーンスクリーン詐欺が大活躍しそうです...

たとえ何が真実であっても、「宇宙科学」と「ウイルスを含む感染症」などの詐欺は延々と続きます...しかし、人に話すと基地外扱いされるので、ニュースを見ながら一人ニヤニヤしてます....