国連や世界経済フォーラムに反発する人々 15分都市

BitChute

The Real Threat of 15-Minute Cities ⋆ Brownstone Institute

15分間の都市の本当の脅威


15-minute cities

15分都市は、それを設計し運営するテクノクラートにとって、データ収集の大当たりとなる隠れ蓑です。最大限の「効率」を目指して設計された都市は、常に効率そのものが目標であり、最大限の監視によって最大限の管理を行い、さらに効率を高めるというテクノクラートの考え方を示しています。このような機械的な思考は、その根底において反人間的なものです。

ガーディアン紙のオリバー・ウェインライトは最近、世界を席巻している新しい「国際社会主義の陰謀」について論じています「極左の周辺勢力は、交通渋滞に巻き込まれたり、渋滞した環状道路を這いずり回ったり、駐車場を探して通りを歩き回ったりする自由を奪おうと企んでいる」と彼は指摘しました。この『ゾッとするような世界的な動き』の名前は何ですか?」と、彼は皮肉交じりに、そしてやや軽蔑的に尋ねた。「15分都市」です。ウェインライトは、これらの都市は単に「ありふれた計画理論」の一部であると考えているようであるが、彼は間違っています。

ウェインライトの記事が掲載された数日後、3人の学者が15分都市(FMC)「2023年最もホットな陰謀論」と呼びました。まさにエリート主義的な態度で、FMCの背後にある動機を疑う勇気のある人々を小馬鹿にしました。

QAnonのメンバーでなくても、このトロイの木馬のような創造物に対して恐怖を抱く人はいるはずです。その前に、定義を整理しておくことが重要です。政治学者のケリー・M・グリーンヒルが指摘しているように、すべての陰謀論が奇抜であるわけではなく、すべての陰謀論が間違いであるわけでもありません。例えば、ウォーターゲート事件陰謀説や、夫であるウッドロウ・ウィルソン大統領が脳卒中で倒れた後、エディス・ウィルソンがほとんどの行政決定を行ったという事実があります。陰謀論が正確であることが判明することは、かなり多いのです。

スマートシティとも呼ばれるFMCは、職場からお気に入りのピザ屋まで、ありとあらゆるものが徒歩や自転車で15分以内にアクセスできる場所です(ただし、自動車は禁止されています)。これのどこが悪いのでしょうか?

一見すると、それほどでもありません。私たちは結局のところ、快適さの生き物なのです。長すぎて読めない(TL;DR)」というマントラが支配する世界に住んでいるのです。私たちは便利さを求め、便宜を図ることを切望しているのです。しかし、便利であることが必ずしも良いことではなく、時には危険であることもあります。特に、意識的にせよ、そうでないにせよ、人々が自分の自由を特定のサービスへのアクセスのしやすさと引き換えにする場合には、その傾向が顕著です。FMCは、市民がAからBへ移動するのを容易にするかもしれませんが、これらの創造物は、権力者が私たちをスパイし、データを収集し、ビッグブラザーがビッグブラザーになることを可能にすることも容易にしてしまいます。


この文章を書いている今、FMCは世界経済フォーラム(WEF)によって積極的に支持されています。WEFは「グレート・リセット」と「何も所有せず、プライバシーを全く持たず、非常に幸せになる」という考えを支持しているグループです。この事実だけでも、すべての読者は関心を持つべきでしょう。

WEFについて議論したいですか?

多くの人にとって、FMCは信じられないほどクールに聞こえると確信しています。しかし、その名前に騙されないでください。FMCの正体は、「スマートシティ」なのです。他のところでも述べたように、「スマート」という言葉は、実際には監視の代名詞にすぎません。このような超近代的で技術的に飽和した巨大都市では、何十万ものセンサーを使って大量の個人データを吸い上げます。

現在、バルセロナ、ボゴタ、メルボルンパリそしてポートランドといった都市で、FMC政策が展開されていますこれらの都市に共通するのは何でしょうか?それは、監視技術です。現在から2040年までの間に、アメリカ全土の都市が(そしてそれ以降も)、カメラや生体センサーの追加設置に何兆ドルも費やすと予測されています。確かに、監視は悪いことです。しかし、ランディ・バックマンの名言にあるように、あなたはまだ何も見ていません。

2050年までに、世界人口の3分の2以上が、狭い檻の中のネズミのように、厳重に監視された都心部で暮らすことになります一般に信じられていることとは異なり、私たちはもはやパノプティックな社会には住んでいません。イギリスの哲学者であり社会理論家であるジェレミー・ベンサムがこの監獄システムのアイデアを提唱したとき、インターネットはありませんでした。自動車もありませんでした。私たちは今、巨大なソーシャルメディアプラットフォームがユーザーの個人データを収集し、最高入札者に売却するという、デジタルパノプティコンのようなポストパノプティックの世界に住んでいます。

これらのプラットフォームを運営する企業は、多くの場合、政府当局と密接に連携し、罪人とされる人物を特定し、最も迅速な方法で処罰しています。作家のカイリー・リンチが指摘するように、これらの企業はあなたのすべてを知っています。ブラウザの履歴、オンラインでの活動、そして今ではむしろ心配なことに、あなたの生体認証にまで瞬時にアクセスすることができます。驚くなかれ、これらのビッグテック企業は、私たちを監視し、大量のコンプライアンスを確保するために必要な基礎的なデジタルインフラを提供することで、将来のFMCに大きな影響を与えることになるでしょう。

FMCは羊の皮を被ったオオカミです。そうでないことを伝える無数の話を信じてはいけません。エリート主義的で主流派のメディアは、「私たちはお客様の利益を第一に考えています」という語りかけにあえて疑問を投げかける人々を小馬鹿にするのが普通になっています。私たちはこれまで何度も痛い目に遭ってきました。