"Ich dachte, ich werde sterben" - Elon Musk beklagt sich über "schwere Nebenwirkungen" nach Covid-Booster (report24.news)
「死ぬかと思った」イーロン・マスク:Covidブースター後の『深刻な副作用』を訴える
スクリーンショット (1739)

Covid-19をめぐる強制に断固反対する億万長者のイーロン・マスクは、自分も実験的なワクチンを接種しています。今、彼はmRNA注射の激しい副作用を訴えている。

Twitterのボスは一連のツイートの中で、Covid-19に対する2回目のブースターを受けた後、「死にそう」な気分になったと書いている。そればかりか、それまで「健康優良児」だった従兄弟が心筋炎になった。これは、一部のコロナウイルスワクチンの副作用の可能性として挙げられている心臓の炎症です。



「私は2回目のブースター接種でひどい副作用が出た。数日間、死ぬ思いでした。永久的なダメージがないことを願うが、わからない」とマスクはツイートで書いている。さらに、「そして、若くて元気な従兄弟が、ひどい心筋炎になった。彼は病院へ行かなければならなかった」


彼はどのどのmRNAショットを受け取ったかは明かさなかったが、ファイザー社のものであることが推測される。この大手製薬会社の遺伝子注射は、心臓、肺、血管に多大な悪影響を及ぼすことが知られている

イーロン・マスクがTwitterを引き継いで以来、Covid-19と実験用Covidワクチンをめぐって検閲を行う米国政府の影響力について、ますます多くの詳細が明らかなりつつあります。テスラの創業者は、できる限り透明性を高めようとしています。


※本当にこの人が本物を打ったとは思えませんがねぇ....