Beweismittelvernichtung? Überall in Deutschland werden nun "Covid-Masken" verbrannt (report24.news)
証拠隠滅?ドイツ全土で「Covidマスク」が燃やされる事態に
kind_masken

以前から評判の高かったマスクが、ウイルス性の病気には全く効果がないことは、多くの人が知っていました。Covidの大騒動が起こるまでは、防塵マスクがどういうものか、穴の粗いプラスチック製の布には小さな粒子をろ過したり止めたりする能力がないことは、どの証明書にもそう書かれていました。それにもかかわらず、大多数は自分たちが誘導されるままに身を任せてきました。現在、中国から買った高額のプラスチックマスクは破壊されています。

フロリアン・マッハルによる解説

マスクは感染症対策としては全く役に立たないかもしれないが、それでも実際の効果がありました。まず、受益者のアカウントについて。数え切れないほどの政治家が、信じられないような次元で、恥ずかしげもなく自分や身近な人たちを豊かにしていました。ドイツでは、これを「
マスク事件」と呼んでいます。ドイツの裁判所は、多くのケースで、関係者全員が「合法的に」行動したと判決を下しました。たとえパンデミックと言われる緊急事態であっても、税金で自分自身を豊かにすることは、かつて存在した最高のドイツにおけるマナーなのです。

想定される不可逆的な肺障害

現在、ドイツの各州では、この有用とされるマスクを何百万枚も焼却しています。理由は、賞味期限が切れてしまうからだそうです。この嘘は、これ以上ないほど面白いものです。マスクはプラスチックの繊維でできています。特に左翼政治は、プラスチックが分解されるのに非常に長い時間がかかることを常に強調しています。プラスチック繊維が数ヶ月で主張する「機能」を失うことは、全く考えられません。

また、これらのマスクの多くは、製造が不十分でした。呼吸をすると、壊れた無数のマイクロファイバーが、国家によって強制的に着用させられたユーザーの肺に入り込んでしまいました。解剖の結果、肺の組織からそのような繊維の塊が何度も発見されました。一度、肺の深部まで到達してしまうと、二度と人体から排出されることはありません。鋭いエッジは、微細な傷や炎症につながり、長期的には癌の可能性もあります。微塵に怯えるヒステリックな妄想に比べれば、ここで起きたことは、国民一人一人がちゃんと見ているはずです。

継続的な酸素供給不足

また、マスクユーザーの物理的なダメージの場合、排出されなかったCO2による酸素供給不足が長期間にわたって繰り返されることも特筆すべき点です。それまでの産業医学では全く問題にならなかった副作用を、ほとんどの人が訴えました。疲労感、パフォーマンスの低下、頭痛、めまいなど。ここでも長期的なダメージが予想され、特に子供には注意が必要です。

このような安物の中国製ボロ布を3年間も着用することを強いられたため、精神的な苦痛を受けることも少なくありません。この使用により装着者にトラウマを与え、また他人の表情を認識することもできなくなります。情緒が鈍くなる、あるいは発達が著しく阻害されます。セバスチャン・クルツを含む何人かの政治家は、マスクは人々に「危険なパンデミック」をことあるごとに思い出させるための心理的トリックに過ぎないと公に認めています。

マスクはあくまでも心理的な「ゲーム」でした

この文脈で非常に重要なのは、コロナ政策が心理的なレベルでは激しい虐待に直接匹敵するという理解です。心理学:虐待の15の兆候–Covid政策との衝撃的な類似点。もちろん、このことはほとんどの意思決定者が知っていたことであり、その意図は強制的に想定されています。

証拠隠滅

現在、ドイツの多くの州で、保管されているコロナの「保護マスク」を焼却することが決定されています。気候に細心の注意を払い、無意味な温暖化ガスの放出を避けるべきなのに、このプロセスだけでもエキサイティングです。大量のプラスチックを燃やすことは、おそらく実際にはこの議題には含まれていないでしょう。

これまで連邦政府4州では、1700万枚以上のOPおよびFFP2マスクを焼却しています。バーデン・ヴュルテンベルク州で610万枚、ザクセン州で550万枚、ノルトライン・ヴェストファーレン州で500万枚、メクレンブルク・ヴェスト・ポメラニア州で65万6千枚のマスクが焼却されました。
Tagesschau.de

このプロセスの不条理さと違法性(横領と詐欺という意味で)に加えて、最近、ドイツのコロナ法王クリスチャン・ドロステンが「マスクはもはやそれほど効率的ではないでしょう」と発言したことが挙げられます。客観的に見れば、それは決して存在しなかったし、その物理的特性から、存在し得ません。

今、残りのマスクを燃やしてしまったら、この狂気のすべてをきちんとした法廷で実証することは、後々難しくなるでしょう。なぜなら、マスクは主張する目的に適さないこと、作りが悪いこと、肺を傷つけることなどは、これらのマスクも提示されなければ証明できないからです。

英国での研究:手術室ではマスクは役に立たない

1980年代、ニール・オアー博士による英国の研究は驚くべきものでした。彼はコルチェスターにあるマルチプルス外科病棟の外科医でした。1980年3月から8月までの半年間、この施設の外科医とスタッフが、手術中にマスクを着用しなかったらどうなるかを試してみることにしました。

彼らは、1980年3月から8月までの手術創感染率と、それ以前の4年間の3月から8月までの感染率を比較したところ、手術中に誰もマスクをしなかった場合の感染率は、全員がマスクをした場合の半分以下であることがわかり、愕然とさせられました。

その結論は、「マスクを全く着用しない方が汚染を最小限に抑えられるようだ」であり、手術中のマスク着用は「省略可能な標準的手順である」でした。

(最終段落の一部は、ソーシャルメディア上で流布している出所不明のテキストを転用したものであり、研究の存在と内容は確認済みです)

マスク、フェイスマスク、マスク、