COVID-19: A Global Financial Operation – OffGuardian (off-guardian.org)

COVID-19:グローバルな金融オペレーション

マイケル・ブライアント

COVID現象は、世界の金融システム全体を脅かす、テレビ放映されていない2019-2020年の前例のない金融崩壊を解明しない限り、理解することはできません。

COVID-19パンデミックの話は、健康、安全、科学のレンズを通して見ると、ほとんど意味がありません。しかし、お金、権力、支配、富の移転というレンズを通して見ると、そのすべてが完全に理にかなっています。

ロックダウン、強制的な呼びかけ、反社会的な距離の取り方、そして多くの追加措置は、公衆衛生を保護したり改善したりするために何も効果はありませんでした - それらは決してそうするように設計されてはいませんでした。

COVID-19シナリオの始まりによって生まれた数々の義務化は、この階級闘争を繰り広げている精神病質者のディストピア的ビジョンに沿った「より良い社会を再構築」するために、意図的に世界経済を破壊し、中小企業を潰し、人々の心や意志、社会構造を破壊するように設計されていました。
Build-Back-Better-NWO

望ましい結果は、億万長者のユートピアであり、そこでは、デジタルでブランド化された人類が、超精神的なテクノクラシーで家畜のように管理されるテクノ封建社会の形で、彼らは地球を所有し支配することになるでしょう。

このでっち上げられた危機が都合よくカモフラージュされているのは、私たちが計画された完全な経済崩壊の真っ只中にいるということであり、この崩壊は避けられないものだった。

COVID詐欺のタイミングは、世界市場が2019年秋に緊急債務危機に直面し、以前はほとんど流動性の高い市場(レポ市場、マネーマーケット、外国為替市場)に現れたため、必要になりました。

欧米諸国の政府は、この崩壊しつつあるシステムを救済し、この激変する地滑りを食い止め、大口投資家を救済し、この崩壊によって避けられない社会的混乱を制御するためのセキュリティインフラを積極的に導入しようと躍起になり始めました。この後は、ハイパーインフレが起こり、債務の価値とそれに対応する証券の価値が破壊された後、世界的な金融リセットが行われることになります。

金融システムは、9月にFRBがレポ市場を引き継いでレポカリプスをショートさせたことが示すように、2019年秋にはすでに衰退の進行段階に入っていました。この崩壊は2008/09年に本格的に始まり、この腐敗した経済システムを救済するための過去10年半の試みは、避けられないことを遅らせただけでした。

2019年秋、危機は再び急速に解明され始めました。

工業生産の劇的な減少は、2019年8月の銀行危機、いわゆるレポ危機を特徴づけるもので、突然、銀行が夜間融資の担保として米国国債を拒否し始め、この大量の不足をカバーするために連邦準備制度が介入して通貨を印刷することを余儀なくされました。

レポ市場とは、銀行が毎日資金を借りて、一定の受託者要件を満たすために、毎日の終わりに一定の割合の流動資産を持つようにするための市場です。

9月中旬頃、FRBは金利を下げるために1日あたり100~200億ドルをレポ市場に投入し始め、銀行が事業を継続するための資金を借りられるようにしました。FRBは1日当たり数百億ドルをレポ市場に投入していましたが、それでもまだ十分ではありませんでした。

3月初旬までに、FRBはこの存亡の危機を食い止めるために1000億ドルをレポ市場に投入していました。

ウォール街の誰もが巨額の負債を抱えており、この負債を返済するために米国の現金を手放さず、レポ市場が夜間のレポ融資の金利10%で凍結したため、外国通貨、そして米ドルの購入のための資金調達を拒否していました。米国債や米国紙幣さえもレポの担保として拒否されていました。

2020 年 3 月、流動性危機はプライマリーディーラー市場(TBTF 銀行とヘッジファンドは 9 月に救済)から、他のすべての株式、商品、債券、担保ローン債権、住宅ローン担保証券、投資信託、上場投資信託、さらに数千兆ドル規模の独自プラットフォームで取引される構造化デリバティブ商品などの各種ポンジー スキームに波及しました。

米国債が、公的な、しかし大部分は民間のドル債務の急激な増加のために流動性が低下したとき、連邦準備制度理事会が金融市場から現金を吸い上げていたにもかかわらず、すべての地獄が始まりました。

6ヶ月間下落し続けたハウス・オブ・カード全体を止めることができなかったため、FRBが恒久的公開市場操作(POMO)を通じて現金と株式の増刷で、10~15兆ドル救済したことを隠すために、COVIDヒステリーが引き起こされました-これはFRBが国債を買い、金融市場にお金を流し、仕組みデリバティブで使われている担保の価値を保証していることを示す格好の手段となっています。

現在進行中の最終ゲームは、中央銀行(FRB)がヘッジファンドや銀行から、1兆5000億ドルのデリバティブを含む有害で価値のない負債をすべて買い取り、その負債を国債として国庫に移すことです。そして、この架空の負債を返済するために無限に紙幣を刷り、ハイパーインフレでドルを暴落させ、米国とその他無価値なドルで負債を抱えるすべての人々を差し押さえます。

これがクーデターです:世界的なハイパーインフレで大衆と国家の資産を蒸発させ、公的資産を民間投資家に引き渡します。これによって、支配階級は財産(倒産した中小企業、差し押さえられた家など)をかき集め、世界中のあらゆるものに無限の権利を主張することが可能となるのです。

※リセット宣言日に負債がある人は....そして世界統一政府樹立とユニバーサル・ベーシック・インカム導入へ?「みんな平等だから心配は要らない」と言ってたのはハイパーインフレ後のことですね?
2019年にグレートリセットを予告した本「惑星クーデター」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

COVID-19の「緊急事態」がタイムリーにやってきたことで、大規模な現金注入によって米国の銀行破綻を凍結する根拠と機会が提供されました。2020年3月までに8~10兆ドル程度が米国の銀行に支払われ、さらに5兆ドルの経済刺激策がFRBによって約束されました。

2020年3月に始まった世界的な医療緊急事態という捏造された認識は、マスメディア操作、行動条件付け手法、ソーシャルエンジニアリングの産物でした。これらすべては、基本的な認知プロセスを妨げ、批判的思考の可能性を排除する制度的プログラミングと加速されたメディアメッセージによって実現されました。

この絶え間ない圧倒的なメディアの「ウイルス物語」のドラムビートと、「COVIDパンデミック」に対する世界の統一された反応によって、メディアや 国民の良心に他の物語が存在することは許されませんでした。

キラー・ウイルス」のような外的脅威がなければ、この大規模な金融崩壊は直ちにパニックを引き起こし、ドルの信頼性を脅かすことになったはずです。COVID-19の煙幕がなければ、この広範囲なネズミ講と現在進行中の歴史的な富の移転は、金融貴族による継続的な窃盗であることが明らかになったはずです。

COVID作戦:新世界秩序の到来を告げるトロイの木馬

「テロとの戦い」が示しているように、このような深い出来事は、できるだけ多くの異なる入手経路を利用するために構築されています。偽りの「対テロ戦争」に代わって「COVIDパンデミック」によって、また新たな「世界的危機」が奇跡的に支配階級の多目的絶好の機会に変身したのです。

当面の必要性は国際金融システムの出血を食い止めることでしたが、この多面的な作戦には他の多くの目的がありましたし、現在もそうなっています。このどれもが偶然の出来事ではなく、見え隠れしています。「イベント201」のような複数の机上演習で証明され、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」のような多くの文書で定義されているように、これらすべてはありふれた風景の中に隠され、計画され、実行されています。

COVIDオペレーション自体は、多くの目的を含んでいます。

1.前述した経済崩壊の理由の先取りを偽装する。

2.人類史上最大の富の上方移転の加速化。

3.社会の複数の部門にわたるAI監視を含む、バイオセキュリティ国家の正当化と定着化。

4.追跡アプリを通じて、安全保障国家のカウンターパートであるビッグテックカルテルに力を与え、豊かにし、ソーシャルメディアと通信プラットフォームをあらゆる生活の場面で「仲介者」として普及させ、常態化させる。すべての社会生活を技術的な必要性へと向かわせること-ドアダッシュで注文した食事、ズームでの会議、アマゾンで商品をオンラインで注文してビザ/マスターカードで支出を増やすこと、Netflixで映画を見ることなどはすべて、COVID専制政治の間に、だまされやすく、ほとんど従順な世界の人々に強いられました。

5.金融メカニズムとしての「パンデミック」の創造。捏造されたパンデミックは、億万長者の富を増やし、彼らの権力をさらに強固にする巨大な投資機会となっている。

6.公衆衛生産業そのものが、公共・経済生活のあらゆる場面に拡大していること。公衆衛生産業は、今や世界市場や金融コングロマリットと直接結びついており、投資家にとって最も重要な金融商品の一つになっている。

7.アップロード可能な「革命的」なmRNA「ワクチン」に焦点を当てた、製薬業界向けの全く新しいバイオテクノロジー医療モデルを導入・体系化するための、全く新しく収益性の高いバイオ・メディカル「健康管理」システムの構築。

8.ワクチンパスポートを含むデジタルIDの使用拡大と標準化、これらを中央銀行デジタル通貨(CBDC)に接続し、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)券、購入品の追跡、医療介入、「ライフスタイルの選択」などを可能にすること。「望ましい」行動へと私たちを「誘導」したり、彼らの希望通りにシステムから完全に締め出したりします。

9.公共サービスの再編成、民営化、縮小を、「公共の緊急事態」のために「より迅速に」行うという口実で行うこと。

10.「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実施に備え、国民を永続的な「緊急事態」に条件付けること。


最後の言葉


私たちは、第二次世界大戦以来最大の世界的組織犯罪の中に生きています。その欺瞞の規模は、自分は「知っている」と思っている多くの人にとっても大きすぎて、受け入れることも理解することもできず、いくつかのバージョンの「COVID」メリーゴーランドに閉じ込められたままになっています。また、自分たちを取り巻く世界が完全に変容していく中で、社会構造が粉々に打ち砕かれ、まだ眠っているか、トラウマを抱えている人もいます。

金融エリートたちは、支払い不可能な巨額の負債と赤字を積み上げてきたことを知っています。年金や 給付の約束が払えないことも知っています。制度が破局を迎え、社会不安が避けられないことも知っています。

彼らは、自分たちの権力と支配を維持する能力を支えている金融機関を守るために、この避けられない崩壊を覆すために、迅速かつ包括的に行動しなければならないことを知っています。

簡単に言えば、COVID-19は広範囲にわたる医療上の緊急事態ではなく、マネーロンダリング計画であり、大規模な心理的操作であり、現在の社会・経済的世界秩序の完全な解体と再構築のための煙幕だったのです。

COVID-19という病気は、「帰属の病」にほかなりません。

メディアイベントであるCOVID-19は、私たちの社会の完全な変革の到来を告げるために構築されたトロイの木馬だったのです。

COVID-19という作戦は決して疫学的な出来事ではなく、超富裕層のポートフォリオを増やすためのビジネスモデルです。

COVID-19」なんてものは、犯罪的陰謀以外には存在しません。

マイケル・ブライアントは、フリーランスのジャーナリスト/活動家であり、現在は主に健康の自由をめぐる問題に取り組んでいる研究者です。彼の作品は、HealthFreedomDefense.orgに掲載されています。