More Than 80 Cities, Counties Using Federal Pandemic Aid to Fund Guaranteed Income Pilot Programs (theepochtimes.com)
連邦パンデミック支援資金 ユニバーサル・ベーシック・インカム試験プログラム
UBI-777x420

ユニバーサル・ベーシック・インカムは、1934年にさかのぼるテクノクラシー運動の当初の綱領です。今日、テクノクラート関係者は、それが社会に良い影響を与えるという証拠がないにもかかわらず、まだそれを推進しています。現在、80以上の市や郡が実験的なUBIプログラムを実施しています。

現在、29州の少なくとも82の自治体が保証された収入の実験に従事しており、この概念を推進している100人以上のアメリカの市長の連合によると、過去1年以内に作成されたパイロットプログラムを持つ70以上の自治体が含まれています。

所得保証市長会と全国の自治体関係者の中の推進者は、2021年3月に採択された1兆9000億ドルのアメリカ救済計画法(ARPA)内の州・地方自治体向け3500億ドル基金から、連邦パンデミック支援でパイロットプログラムに種をまくよう地方自治体に働きかけています。

市長グループは、カリフォルニア州ストックトン市の前市長であるマイケル・タブス氏によって、同市が所得保証実験を支援する非営利団体「経済安全保障プロジェクト」が出資するプログラムで125人の住民が毎月500ドルを受け取る実験を開始した後、2020年6月に設立されたもので、その後延長されました。

12月15日の仮想円卓会議で、複数の自治体関係者が、ベーシックインカムモデルに対する国民の支持が高まっており、連邦、州、地方、民間の資金を組み合わせてこうしたプログラムを拡大しようという機運が加速していると述べました。

実際、保守派や予算タカ派が悔しがるほど、ARPAの州・地方復興基金は「長期的な政策転換の種」として使われていると、州・市・郡の連邦パンデミック支援の使い方を研究するデポール大学のアマンダ・カス博士は述べています。

カス氏は、パネルに対して、ARPAは「米国内のほぼすべての政府、つまり何万もの政府に対して、これほどまでに柔軟性の高い援助を行った最初の連邦プログラムである」と語った。

その結果、2020年のCOVID-19の発生とそれに伴う連邦パンデミック関連法案の「前例のない性質」のために、地方自治体はARPA資金を革新的な方法で使っており、その資金をどう使ったか、あるいは使う予定かを評価するには「難しい問題」になっていると彼女は言いました。

カス氏は、地方自治体がARPAの割り当てをどのように分配しているかを分析した結果、「一つの手段」ではなく、「独自の社会経済条件を持つ」市や郡が「独自のニーズ」に対応するために資金をどのように使っているか、「多くの異なる物語」があることを述べました。

収入保証制度が人気を集める

ボルチモアの復興支援担当官シャミア・カーニー氏によると、同市は収入保証の試験的プログラムを実施しており、200人の「子どもを持つ18歳から24歳」が2年間、毎月1000ドルの補助的収入を受け取ることができると述べました。

市は、子供のいる低所得家庭に基本所得を保証することが、受給者や納税者にメリットがあるかどうかを判断するのに十分なデータを集めたいと考えていると、彼女は言いました。

「その結果、全国的な対話に情報を提供できることを期待しています」と、カーニー氏は、全米都市連盟とパンデミック対策説明責任委員会(PRAC)の共催で行われた円卓会議で述べ、連邦パンデミック配分を監視する米国監察総局(OIG)の監視パネルが設置されました。

ボルチモアのヤング・ファミリー・サクセス・ファンドは、ARPAの資金480万ドルをこのプログラムに割り当てています。8月には、連邦貧困レベルの300%以下(4人家族で26,200ドル)の所得を持つ200人の受給者に、毎月1,000ドルの支給を開始しました。

2024年秋までには、この試験的プログラムから得られたデータによって、このプログラムを拡大しないまでも、継続する必要性が「証明されるだろう」とカーニー氏は考えている。

シカゴを含むイリノイ州クック郡では、9月に監督委員会が全米最大の所得保証パイロットプログラムを承認した。この計画は、主にARPAの資金を使って、連邦貧困線以下の3250世帯に毎月500ドルを2年間提供する4200万ドル規模のものです。

クック郡の予算担当ディレクター、アネット・グズマン氏は、当局がこのプログラムを、貧困に対処するための「恒久的なもの」にすべきかどうか、「今後」検討中であると述べました。

12月13日、セントルイス市議会は21対1の投票で、440世帯に月500ドルを18ヶ月間支給するユニバーサル・ベーシック・インカムのテストプログラムに、ARPAの資金500万ドルを確保することを決定しました。

※将来的に7割の仕事がなくなる(アマゾンなどの独占により)とWEFは言っており、世界的にワクチン接種や車や持ち家の放棄と引き換えにUBI(
ユニバーサル・ベーシック・インカム)を受け取り奴隷にされる可能性がありそうですな...但し、欧州が先だからその結果次第で...