Furchtbare Schadwirkung des Spike-Proteins seit März 2021 auf Homepage des PEI nachzulesen (report24.news)
PEIホームページで読める2021年3月以降のスパイクタンパクの弊害の恐ろしさ
2022年12月16日
studie_spike

米国のバイラム・ブライドル教授は、2021年5月の発表に対して厳しく非難され、罵倒されましたが、スパイクタンパク質の有害性については、ポール・エーリック研究所(PEI)のホームページで多くの情報が公開されています。そして、これは昨日からだけでなく、ファイザーの研究を基にしたブライドルの調査結果の2ヶ月前からすでにありました。

結論:スパイクタンパク質は、細胞融合と細胞死を引き起こします。それは、ワクチン接種の「主な効果」です。

2021年3月、ポール・エールリッヒ研究所は、「接続するものの測定–COVID-19の細胞融合による組織損傷とスパイクタンパク質の役割」という論文を発表しました。 それは明確に述べています。

重要な発見:SARS-CoV-2のスパイクタンパク質は、非常に高い融合活性を持っている:細胞表面上のごくわずかな、かろうじて検出できる量のスパイクタンパク質でさえ、細胞融合を開始し、結果として細胞死を引き起こすのに十分な量である。しかし、スパイクタンパク質の働きはさらに大きく、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質を表面に持つウイルス粒子がヒトの細胞に接触することで、ウイルス粒子同士が互いに融合してしまうことがわかった。影響を受けた細胞にとって、この融合は死を意味する。このプロセスは「fusion-from-without」と呼ばれ、スパイクタンパク質の巨大な膜融合活性を裏付けている。

いわゆるワクチン接種によって、ヒトの細胞を再プログラムし、このまさにスパイク状のタンパク質を未知の時間内に未知の量で生産するように仕向けています。そして、このスパイク状のたんぱく質は、人間の体内にあふれてきます。多くの人はこの実験に耐えられず、心臓の損傷、血栓症、主動脈の破裂などで「突然、不意に」死に至ります。

そのため、有害性が知られ、研究されており、ポール・エールリッヒ研究所のウェブサイトにも掲載されていますが、現在もワクチン接種キャンペーンは続けられています。このような事実関係では、意図を語らないわけにはいきません。

さらに、ワクチン接種によって放出されるスパイクタンパク質が、いわゆるSARS-COV-2ウイルスの武漢変種と同一のものか、あるいは全く異なるものなのかも、これまで全く検証されていません。このようにして作られたタンパク質は、「無害」になるように改変されていると主張されていますが、これを支持する証拠や研究は何一つありません。ワクチン接種の効果に関する臨床試験は、被験者が偶然に病気になったかどうか、どのような経過をたどったかを見るだけであった。また、高度に改変されたウイルス成分を提示されたときに、身体が本物のウイルス成分に対する抗体を作ることができるという素朴な信念はどこから来るのか、という疑問も残ります。

この点については、Report24がすでに、スパイク」の数、性質、ストック:ワクチン接種の主な効果は全く不明であるという、より長く、非常に重要な分析を発表している。この記事を読み、広めることが極めて重要です。なぜなら、「Covidワクチン接種」という世界的なmRNA実験に対するあなたの立場がどうであれ、この主効果に関する基本的な疑問は公に議論される必要があります-そしてその背景には「誓い」のかけらもないのです。

もしメーカーが、自社のワクチンが人体内でスパイク状のタンパク質を生成すると主張するなら、最も明白なチェックは、それが実際に起こるかどうかを判断することです。どのスパイクタンパク質が、いくつ、どのぐらいの期間で生成されるのか?安全で効果的とされるワクチン接種が個々の患者(あるいはすべての患者)で失敗した場合、次の論理的な医療行為は、患者の体内に存在するスパイクタンパク質の数を分析することだと考えられる。このようなことは、突然亡くなった方の病理検査を除いては、これまで一度も行われたことがありません。

以下省略


Pressemitteilungen - Messen, was verbindet – Gewebeschäden durch Zellfusion in COVID-19 und die Rolle des Spikeproteins - Paul-Ehrlich-Institut (pei.de)
COVID-19の細胞融合による組織損傷とスパイクタンパク質の役割
スクリーンショット (1658)