New study suggests C19 is there to fulfill the depopulation agenda: Men infected with COVID have one third less sperm compared to uninfected men over 3 months later - Strange Sounds
新しい研究によると、COVID-19は過疎化計画を実現するために存在します:COVIDに感染した男性は、感染していない男性に比べ、3ヶ月以上経過した時点で精子が3分の1減少しています
Sperm

興味深いですね! 今の時点で子孫を残すことをどう考えるかは別として、大量に蔓延している病気が男性の生殖能力を著しく低下させているかもしれないという事実は、間違いなく人類と社会の崩壊の一因となる可能性があります。

そして、現在は、ワクチンを接種するとウイルスに感染するリスクが高まることが明らかになっているので、この新しい研究は、ワクチンが実際に彼らの人口減少政策のための道具であったことを明確に示しています...

COVID-19の精子数、運動性および形態に及ぼす影響の検討

Covid-and-vaccine-decrease-sperm
新しい研究:COVIDに感染した男性は、感染していない男性に比べ、3ヶ月以上経過した時点で精子が3分の1に減少しています。感染し入院していない男性100人のうち、4人が生存可能な精子を持っていなかった。非感染の男性100人のうち、このような状態になった人はいなかった。

以下は、この新しい科学的発表の要約です:

「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、呼吸器疾患、心血管疾患、胃腸疾患など多くの疾患を引き起こす一本鎖 RNA ウイルスです。」

「SARS-CoV-2と高い親和性を持つアンジオテンシン変換酵素2受容体は、主に肺に発現していることが示されていますが、特に精巣組織の細胞にも発現しています。

「SARS-CoV-2の精子形成への影響を示す研究はありますが、COVID-19の精子数、運動性、および形態への影響についてはまだ不明です。

「本研究の目的は、COVID-19から回復した男性と、COVID-19にかかったことのない男性における精子の質の変化を調査することであるため、SBU保健省アダナ市研修研究病院で、研究への参加に同意し自発的に参加した20~50歳の患者グループとコントロールグループの全個人から精液サンプルを分析した。」

「2つのグループ(COVID-19に感染し回復した男性100名、COVID-19に感染していない男性100名)を選び、両グループの精子像を世界保健機構の基準に従って分析した。」

「COVID-19陰性群の精子濃度は、COVID-19陽性群のそれよりも有意に高かった」

「精子の運動性および形態については、両群間に統計学的な有意差は認められませんでした。」

COVID-19を投与された男性は精子濃度が低下していることが確認され、COVID-19が男性の生殖機能に悪影響を及ぼす可能性を示唆しています。しかし、長期的には、精子濃度の変化をよりよく理解するために、大規模なサンプルサイズによるより包括的な研究が必要です。」

人工物のCOVIDとワクチンは明らかに地球の過疎化(死亡、精子数崩壊など)のために導入されたものです・・・Investigation of the effect of COVID‐19 on sperm count, motility, and morphology - Aksak - 2022 - Journal of Medical Virology - Wiley Online Library

スクリーンショット (1613)



"Spermageddon"? Sinkende Spermienzahl - Forscher warnen vor Aussterben der Menschheit (report24.news)

「スペルマゲドン」?精子数の減少-研究者は人類滅亡を警告する

人口過剰を理由に過疎化を訴える人もいれば、人類滅亡の危機を警告する人もいる。研究によると、男性の精子数はここ数年減少している。イスラエルの新しいメタ分析では、人類は早ければ2050年にも深刻な生殖問題を抱えることになると警告している。この研究によると、環境毒素と一般的に不健康なライフスタイルは、近い将来、人類の終焉につながる可能性があるとのことです。

実験的なCOVIDワクチンだけでなく、他の様々な環境毒素も男性の精子の数や質を継続的に減少させる原因となっているようです。この事実はすでに過去にも指摘されていたが、イスラエルの研究者は、この傾向が2000年頃から顕著になることを新たなメタ分析で発見したと主張している。減少率は1972年以降年率1.2%、2000年以降年率2.6%と増加しました。

「私や他の研究者たちは、このようなことは予想していませんでした。低レベルになれば、どこかのタイミングで下落幅が平準化されると考えていました。それでも問題はありますが、少なくとも衰退のスピードは遅くなるでしょう。しかし、その逆が起きました。ヘブライ大学の疫学教授で、この研究の主執筆者であるハガイ・レバイン博士は、「これは非常に心配なことだと言わざるを得ない」と述べた。1973年から2018年の間に、精子の質は62%も低下しているからです。

胎児期の子宮内での影響に加え、出生後の影響もあります。例えば、プラスチック添加物、フタル酸類、タバコの摂取、農薬、高度に加工された食品などが挙げられます。この研究によると、運動不足と肥満の増加も一因であるとのことです。さらに、精子の数は男性の健康の重要な指標であることが分かっています。精子の質が悪い男性は、早死にしたり、他の病気にかかったり、心血管系の問題などさまざまな理由で入院する可能性が高いことが、研究によってわかっています」とレヴィンは言います。

「私たちの発見は、炭鉱のカナリアのようなものです。このままでは人類の生存を脅かしかねない深刻な問題に直面しています。私たちは、すべての種にとってより健全な環境を促進し、私たちの生殖の健康を脅かす圧力や行動を減らすために、世界的な行動を緊急に求めています」とレヴィンは付け加えます。

なぜなら、このままでは2050年までに世界の男性はほとんど不妊症になってしまうかもしれないからです。この研究の共著者であるシャナ・スワン教授は、著書『カウントダウン』の中でこのことを指摘しています。この研究によると、その頃には男性の半数は精子細胞を作らなくなり、残りの半数は生産量が少なくなって「機能的不妊」になると言われています。

研究者たちのホラ話がどこまで正しいかは、まだわかりません。もし、それが正しければ、今後数十年の人口予測に大きな影響を与えるでしょう。結局のところ、影響を受けるのは先進国だけではない。そして、環境毒素は女性にも残りやすいのです。