Food too expensive: Britons are forced to eat pet food (report24.news)
食べ物が高すぎる:イギリス人はペットフードを食べることを余儀なくされている
tierfutter
英国では、多くの人がペットフードを食べるようになりました。

エネルギー危機と高インフレの影響で、イギリスの人々は毎日の食事に困るようになりました。そのため、現在は安価な動物用飼料に手を出す人が増えてきました。また、すでに賞味期限切れの食品が提供されることも多くなってきました。

イギリスでは、物価高に対する危機感から、一部の都市ではイギリス人が動物のエサを食べるようになりました。イギリスのメディアは、人々が適切な食べ物を買う余裕がなくなったため、「ペットフードを食べている」と報じました。この報告書によると、ウェールズの一部では貧困の影響を強く受けており、家族を養うために最下層への移住を余儀なくされているとのことです。

新しい国勢調査のデータによると、ウェールズで最も貧困地域のうち6つが首都カーディフにあることがわかりました。この報告書によると、先月、食費が再び上昇し、食料品の店頭価格は前年比で12%以上高くなった。これに加えて、エネルギー価格、特に電気と天然ガスの価格が急騰しています。しかし、人々の所得はそれに追いついていません。

カーディフでフードバンクのリーダーを務めるマーク・シードによると、状況は現在までに壊滅的なものとなっているとのことです。「動物の餌を食べている人たちがいるという事実に、私はいまだにショックを受けています」と彼は
BBCウェールズに語りました。

ラジエーターや キャンドルで食べ物を温めようとする人たちがいます。これらは実際に起きているショッキングな話です。」 彼は、誰もが利用できるはずの基本的なニーズや必需品を購入できるほど、人々が稼げていないことについて話しました。

ほんの数週間前、英国のメディアの報道によると、英国では賞味期限切れの食品を食べる人が増えていると指摘しました。最も貧しい10%の世帯は、収入の多くをエネルギーや食料に費やしているため、高騰するエネルギーや食料の影響を不当に受けているのです。