G20が国際ワクチンパスポートの宣言に署名

vaccine-passport-777x437



それは健康についてではありません。それはコントロールについてです。絶対的な制御。ファイザーがウイルスの感染についてテストしたことがないと認めているmRNAベースの注射を受けたくない人は誰でも、海外渡航から締め出されます。各国は、飛行機、電車、バス、自動車での国内旅行に同じパスポートを採用することになります。

これは 5つの警報が鳴る火災のように扱われるべきですが、世界中の市民はただ手をこまねいているだけです。科学的独裁体制、通称テクノクラシーのパノプティコンが彼らの首に縄をかけるとき、彼らは違った考え方をするようになるでしょう。

 >米国を含む19カ国と欧州連合からなるG20は、先日インドネシアのバリ島で年次ビジネス会議(B20)を開催し、世界保健機関が標準化したデジタルワクチンパスポートを今後の国際パンデミック予防と対応の一部にすることを宣言しました。

> 標準化された国際ワクチンパスポートのルールは、ジュネーブで開催される次の世界保健総会で、国際保健規則の改正として導入される予定です。

> G20の勧告には、「テクノロジーを活用した『常時接続』のグローバルヘルス・インフラによって強化される」危機への世界的な協調対応のガイドラインの作成と、G20加盟国によって製造されたCOVID-19ワクチンの相互承認も含まれています。

> バイデン大統領は、2021年4月にホワイトハウスのCOVID-19対応チームのリーダーであるジェフ・ジエンツが、「政府は現在までに、アメリカ人に(ワクチン接種の)証明書を携帯するよう求める制度を支援するつもりはない」と述べた約束にもかかわらず、宣言に署名しました。

> COVIDワクチン接種が感染拡大を防げないという事実は、現在までに何度も立証されています。このことだけでも、ワクチンパスポートが伝染病の封じ込めのためのものではないことが証明できるでしょう。国際ワクチンパスポートは完全な全体主義的統制への入り口であり、それによって人を取り巻くすべての統制網が連動することになります。

上のビデオで元米国下院議員のロン・ポール博士が指摘しているように、世界経済フォーラム(WEF)の創設者クラウス・シュワブやその他のグローバリストのリーダーは、真実を自分たちの意見に置き換えています。彼らは何が正しくて何が間違っているかを決め、誰にとっても何が正しいかを決定します。彼らはその日その日で何が「真実」であるかを決定します。

彼らに同意しない者は誰でも「国家の敵」です。彼らは「国家」、より正確には、公式政府の見かけの権力の背後にある隠れた権力である「ディープ・ステート(深層国家)」です。この陰謀団のメンバーは誰なのだろうか?公式のメンバーリストはありませんが、時間の経過とともに、個々のプレーヤーの多くは識別できるようになってきました。

グローバリストの陰謀団には、世界中の政府首脳、銀行家、非政府組織(NGO)およびリベラルなシンクタンクのメンバーが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

グローバリストの陰謀団がその非民主的な影響力を隠す方法の一つは、メンバーを何十もの異なる組織に所属させることです。ある問題について複数の組織が合意すれば、あたかも多数派の意見、コンセンサスがあるかのように見えます。しかし、実際には、同じ少人数のグループが自分たちのアジェンダを主張しているのです。
米国を含む19カ国と欧州連合からなるG20は、最近インドネシアのバリ島でビジネス会議(B20)を開催し、世界保健機関が標準化したデジタルワクチンパスポートを、今後、国際的なパンデミックの予防と対応の一部になると宣言しました。

G20がワクチン国際パスポートを承認

米国を含む19カ国と欧州連合からなるG20は、最近インドネシアのバリ島でビジネス会議(B20)を開催し、世界保健機関が標準化したデジタルワクチンパスポートを、今後、国際的なパンデミックの予防と対応の一部になると宣言しました。

g20-members

政策宣言の一部は次のように書かれています。

「ここに我々は、将来のパンデミックに対する予防と対応を強化する取り組みの一環として、信頼できるグローバルなデジタル健康ネットワークの構築に関する継続的な国際対話と協力を支持します。これは、既存の基準とデジタルCOVID-19証明書の成功を活用し構築する必要があります。」

標準化された国際ワクチンパスポートの規則は、ジュネーブで開催される次の世界保健総会で国際保健規則の改訂として導入されると伝えられています。

これが意味するところは、つまり、次のパンデミックが宣言されたとき、このデジタル健康証明書を持っている人だけが、自由に移動し、国際的な旅行ができるようになるということです。そしてもちろん、適切な検査やワクチン接種を受けた人だけが、有効なパスポートを持つことになります。

G20の勧告には、国際的なデジタル・ワクチン・パスポートの採択に加えて、「テクノロジーを駆使した『常時接続』のグローバル・ヘルス・インフラによって強化される」危機へのグローバルな協調対応のためのガイドラインの作成、およびG20加盟国によって製造されたCOVID-19ワクチンの相互承認も含まれています。

シュワブが語るG20の本質

G20の会議には、主要な政府首脳のほか、シュワブ氏のような著名なグローバリストも出席していました。シュワブはB20の基調講演で、陰謀団のアジェンダと目標を強調しました。

「私たちが直面しなければならないのは、私たちの世界の深く、体系的かつ構造的な再構築です...この移行プロセスを経た後、世界は違った姿を見せるでしょう。」

WEF、G20、その他多くの組織が足並みを揃えて達成しようとしているその世界的な社会再編の一環が、現在までにG20メンバー全員が合意しているグローバルワクチンパスポートの実施なのです。米国の場合、バイデン大統領は、ホワイトハウスのCOVID-19対応チームのリーダーであるジェフ・ジエンツが2021年4月に次のように述べた約束にもかかわらず、宣言に署名しました。

「はっきりさせておきたいのは、政府は現在までに、アメリカ人に証明書を携帯することを義務付ける制度を支持することはないということです。連邦予防接種データベースも、すべての人に単一の予防接種証明書の取得を義務付ける連邦政府の義務もないでしょう。」

ワクチンパスポートの根拠はもはや存在しない

あなたが合理的な人なら、おそらく「しかし、COVIDワクチン接種では感染や拡散を防げないのだから、もうワクチンパスポートの根拠はない」と思うでしょう。確かに、この事実は現在までに何度も立証されています。これだけでも、Covidワクチンパスポートが公衆衛生や安全とは何の関係もないことが疑いの余地もなく証明されています。

彼らの目的は、パンデミックを防止したり、封じ込めたりすることではありません。それはコントロールメカニズムであり、非常に重要なメカニズムです。ワクチン・パスポートは、世界の人々を完全に、全体主義的にコントロールするための入り口です。グローバリストの陰謀団は、全員がこのパスポートを持つことを強く望んでいます。なぜなら、このパスポートによって、個人を取り巻く全ての統制網が結ばれるからです。インフォームド・コンセントのために戦うことが、非常に重要なのはこのためです。

しかし、G20は、COVIDパスポートが定められた目的に役に立たないという明白な事実をどのように回避しているのでしょうか?彼らはそれを無視し、代わりに誰もがデジタルIDを必要としており、このデジタルCOVID証明書はその両方を兼ね備えていると強調しています。

彼ら自身の外では、この論理は全く意味をなさないが、オランダの法哲学者エヴァ・フラールディンガーブロックが指摘したように、ワクチンパスポートが不正な前提に基づいて販売されていることは、現在までに「あまりにも明白で、彼らは論理を窓から投げ捨てた」のです。


彼らの決定は意味をなさないし、それを良識あるものにするつもりもありません。彼らはたちを彼らのコントロールシステムに閉じ込めることができると考えています。その時点で、彼らはあなたに月はチーズでできていると言うことができるでしょうし、あなたはそれらを修正する方法はないでしょう。

デジタルIDはあなたをコントロールするための完全な監視です

「2021年8月、世界保健機関(WHO)は、COVID-19証明書、別名ワクチンパスポートのデジタル文書化実施に関する99ページのガイドブックを発表し、『個人のワクチン接種状況のみに基づく健康パスは、疾病蔓延のリスクを高める恐れがある』としています。

その理由は、COVID-19「ワクチン」は感染も予防することも証明されておらず、最近欧州議会で、ファイザー社が自社の製品で感染を止めるテストさえしていないことが明るみに出たからです。このような知識が公開されているにもかかわらず、B20は渡航の手段としてワクチン接種の証明を推奨しているのです...

世界経済フォーラム(WEF)によると、ワクチンパスポートは、その性質上、デジタルIDの一形態として機能します。デジタルIDには、デジタル領域であなたをユニークにするものすべてが含まれ、アクセスしたウェブサイト、オンラインでの購入品、健康記録、金融口座、ソーシャルメディア上の友人など、あなたの最も個人的な親密データをすべて統合できるシステムです...

デジタル ID の仕組みは、政府や企業に、社会的信用システムの下で人間の行動を奨励、強制、ま たは操作する力を与える可能性があります。デジタル ID は、私たちがどのような製品、サービス、情報を利用できるかを決定するために使 用することができ、公共および民間団体が私たちのアクセスを拒否するために確実に使用すること ができる」と述べています。

digital-identity

2021年3月、「アメリカの終わり」の著者であるナオミ・ウルフは、デジタルIDを受け入れることはすべての自由の終焉となると警告しました。」

「私は、このことを強く言うことはできません。この計画が計画通りに展開されれば、西欧における人間の自由は文字通り終焉を迎えることになります・・・ワクチンパスポートは、このプラットフォームで何ができるかを知らなければ、立派なもののように聞こえます。

私はテクノロジー企業のCEOですが、このプラットフォームが何をするかは理解しています。それはワクチンや ウイルスに関するものではなく、データに関するものです。そして、いったんこれが展開されると、システムの一部になることについて選択する余地はありません。人々が理解しなければならないのは、他のどんな機能もそのプラットフォームに全く問題なく搭載できるということです。」

リバティ・カウンセルの創設者兼会長であるマット・ステーバーも、次のように警告を発しています。

「デジタルヘルスやワクチンパスポートは、トラッキングや追跡アプリとともに、自由に対する深刻な脅威となっています。ワクチンパスポートと追跡アプリは、データの収集と支配を目的としています。ワクチンパスポートは、人が家を出ること、働くこと、買い物、食事、旅行、公共イベントに参加すること、あるいは礼拝することさえ制限するために、世界中で推し進められているものです。」

「COVIDは、自由に対するこの危険な脅威を推進するために利用されています。私たちは、ワクチンパスポートや追跡アプリを新しい常識として決して受け入れてはなりません。自由への影響は重大です。」

ワクチンパスポートは完全な財政管理のためのゲートウェイです

ワクチンパスポートが最初に国際的な議論になったとき、私たちの多くは壁に書かれた文字を見て、このような導入は完全な財政的・物理的管理の道具となり、基本的人権と自由が自動的に排除されるだろうと警告をしました。

当時、私たちはクレイジーな陰謀論者のレッテルを貼られましたが、私たちの最悪の恐怖が確認されるまで、そう時間はかかりませんでした。
あなたのワクチンパスポートはあなたのデジタルIDになり(WEFで確認済み)、そのデジタルIDにプログラム可能な中央銀行デジタル通貨(CBDC)と社会的信用スコアを加える予定です。これらの計画は陰謀論ではありません。公開されているのです。

有効なパスポートを維持するためのワクチン要件、デジタルID、社会信用スコア、プログラム可能なCBDCなど、これらすべての要素を組み合わせると、自分の欲望に従って生きる自由を排除するコントロールグリッドに行き着くのです。

あなたの食生活でさえも、これらの誇大妄想狂によって支配される可能性があります。たとえば、彼らは肉を食べる自由を排除することに躍起になっています。全世界、特に欧米諸国は、昆虫タンパク質に移行しなければならないと彼らは言います。一方、グローバリストの集まりのメニューにはミールワームやコオロギは出てきません。※いいえ、昆虫タンパク質はあくまでも使い捨て人間用のものです。



ワクチンパスポート/デジタルIDとCBDCが導入されれば、世界的な陰謀団は、それらがどんなに非合理的、不道徳、非倫理的、不公平、危険であろうと、彼らの理想にどれだけ合致しているかによって、あなたの身体的動き、行動、購買をコントロールできるようになります。The Daily Scepticがレポートしたように:

「現在の不換紙幣制度が、せいぜい不安定なものであることは、しばらく前から明らかであるように思われました。最悪の場合、時間切れのネズミ講のようなものです。もしそうなら、中央銀行家と0.1%の人々はこのことを知っており、古いシステムが崩壊する前に新しいシステムを導入する準備をしているだろうと思われます。それがたとえ、人類史上最も大規模な富の移転の崩壊する過程で略奪を行うとしてもです。

こうした傾向に注意を払っている人なら誰でも、中央銀行デジタル通貨(CBDC)がその新しいシステムになることは明らかだと思います。あらゆる兆候が、CBDCの到来が間近であることを示しています。[2022年11月15日]、複数の世界銀行がニューヨーク連邦準備制度理事会と提携し、デジタルドルの試験運用を行うことを発表しました。

私の視点から見ると、CBDCが提示するリスクを誇張することは不可能です。それが善意に基づくユートピア的なビジョンであろうと、我々の主権をつぶそうとする邪悪な陰謀であろうと、結果は同じ、支配であることに変わりはないでしょう。中央銀行デジタル通貨は、不換紙幣のすべての欠点に加え、国家による監視とプログラム可能性という付加的なレイヤーを備えています。

チーム・リアリティの多くの人々は、この数年間、群集心理を超えた何かに挑戦しただけで、反体制派のように感じてきたでしょう...私たちの生活を社会的に技術化する機能が組み込まれた通貨システムを想像してみてください。例えば:

  • 健康: 「あなたはブースターを打ちませんでした...公共の場への立ち入りは禁止されています。」
  • エネルギー: 「あなたは今月あなたのエネルギー割り当てを使いました...あなたの電気自動車は始動しません。」
  • 食べ物: 「あなたは今週は肉を食べすぎました...あなたのお金は植物、または虫にのみに対して有効です。」
  • 貯蓄: 「あなたはすぐに配給を受け取らなければ...あなたのお金は月末に期限切れになります。」
  • 言論の自由:「あなたは私たちが同意しない情報を共有しました...私たちのアルゴリズムはあなたに罰金を科します。」(PayPalすでにこれを始めています)...
ロックダウンに見られるように、中国は西側諸国の模範となるべき存在です。健康関連の権威主義的な措置に向かう動きと同様に、選挙で選ばれたわけでもない、金融に関心のあるグローバリストが背後に潜んでいるのです.....

まだお気づきでない人もいるようですが、(少なくとも)過去3年以上の主要テーマは「自由対支配」です。ですから、子供たちが自由な世界で育つことを確実にしたいなら、未来は分散型でなければならないというのは、決して大げさな話ではありません。

グローバリストは手を広げすぎた

これらすべてに希望の光があるとすれば、それはグローバリストの陰謀団(世界中の政府の糸を引く「ディープ・ステート」、全世界にとって壊滅的な決定を下している隠された権力者たちがCOVIDの間に彼らの手を広げすぎて、彼らの凶悪なイデオロギーと計画を全世界にさらしてしまうことでしょう。昨年の夏のインタビューでマージッド・ナワズが指摘したように(上のビデオ):

「教義があなたの行動を定義するとき、あなたはもはや現実を見ていません......だから、あなたはより現実的ではなくなります......それは深刻な盲点を残します。結局、現実を見ずに終わってしまいます。だから、彼らは自分の手を広げすぎてしまうのです。現実を見ず、夢や理想を追い求めるあまり、かえって悪夢になってしまうのです。

COVIDの間に起こった素晴らしいことの1つは、彼らは手の内を明かし過ぎたということです。彼らは自分自身を露出しました...現在までに世界経済フォーラムについて聞いたことがある人の間では、それが私たちの政府や政治のやり方に影響を与えようとしていることに疑いの余地はほとんどありません...

なぜ私たちは、選挙で選ばれたわけでもない官僚、それも外国の官僚に、私たちの生き方を指図されるのでしょうか?意味がわからない。しかし、さらに踏み込んでみます。なぜ、彼らは皆、この選挙で選ばれたのではない外国の官僚に従うように見えるのでしょうか?なぜ、この男の言いなりになっているように見えるのか?なぜ、彼らはノーと言えないのだろうか?

ナワズが指摘したように、何らかの理由でシュワブにノーと言わない政府指導者は、おそらく彼らが危険にさらされているため、ノーと言えなくなったのでしょう。グローバリストの陰謀団に代わって政府高官を妥協させ、脅迫することはジェフリー・エプスタインの専門であり、彼らの秘密が彼と一緒に死んだと仮定する理由はありません。

よりクリーンな記録を持った人々は、脅されて従わされたのかもしれない。第三の可能性として、トップダウンの権威主義だけでなく、トランスヒューマニズムや優生学も含むグローバリストの理想を共有しているため、それに加担している可能性もあります。第四の可能性は、自己防衛です。彼らは単に、「すべてを持っている者」と「何も持っていない者」の新しい世界において、支配階層の中で自分の地位を確保したいだけなのかもしれません。

現在までに判明した彼らの能力

動機が何であれ、彼ら全員が現在までに直面している問題は、自分たちとその計画が早々に露呈してしまったということです。そして、彼らがどこまでやる気なのかもわかってしまった。例えば、私たちは彼らがあなたの銀行口座を押収し、彼らが好きでない原因に寄付をしたり、ソーシャルメディアに「間違った」考えを投稿したりするような些細なことであなたの取引能力を閉鎖することを望んでいることを知っています。

つまり、彼らは CBDC が導入されたら何をするかということをすでに私たちに示しているわけです。唯一の違いは、ペナルティを自動化できることです。これは、あなたが住みたい世界ですか?これはあなたの子供や孫のために望むことですか?もしそうでないなら、あなたが抵抗勢力になることは義務です。

今の大人たちは、この世界的な暴政を防ぐことができる最後の世代です。もし私たちが何もしなければ、子どもたちは抜け出すことのできないデジタルな牢獄に閉じ込められることになるでしょう。ですから、私たちは彼らにそれを任せることはできません。私たち次第なのです。したがって、CBDCが展開されるとき、それがどんなに不便であっても、私たちはそれを拒否しなければなりません。ワクチンパスポートが展開されるとき、私たちは、それがもたらすかもしれない制限にもかかわらず、それを拒否しなければなりません。

2021年、数え切れないほどの人々が、旅行したいがために予防接種を受けるよう強要され、ワクチン未接種者の旅行禁止が恒久的になることを恐れました。しかし、十分な数の人々が反撃したため、そうなりませんでした。

今後、国際的なワクチンパスポートを拒否した場合、制限に耐えなければならないかもしれませんが、世界中の多くの人々が拒否すれば、このシステムは機能しなくなり、その制限は一時的なものだと証明されるでしょう。グローバリストの計画が永久に続く唯一の方法は、私たちが言われた通りに行動し、彼らに従う場合のみです。

G20 Signs Declaration for International Vaccine Passport (mercola.com)

出典と参考文献はサイト先にあります。