スクリーンショット (1607)
スクリーンショット (1608)

氷壁の探検隊 ( 写真61枚 ) 1912年 ロバート・スコット隊長: 古代文明の証拠

BitChute

南極の氷壁は、これまで世界の一部の政府のみが限定的な調査を行うことを許されてきた制限区域でした。
詳しくはこちら
Antarctic Treaty (ats.aq)
南極条約事務局


そこには他の文明が住んでいたかもしれないし、またはその可能性があるという説がある。1912年にロバート・スコット船長が率いたクルーは、本国に戻って調査結果をレポートすると同時に機密扱いにされた。その後、ロバート・スコット船長とその乗組員は海上で行方不明と発表され、最終的には「彼は本当は何を見たのか?」という、混乱したウサギの穴につながる疑問が生じました 。

1910-13年イギリス南極探検隊-ロバート・スコット隊長ら4人が南極点到達を目指したが、ロアルド・アムンセンに1ヶ月余りの差をつけられ、アムンセンらは無事帰還したが、スコット隊は極点からの帰還中に全員死亡した。何が原因でスコット隊は死亡したのか?

ピラミッドや熱帯のラグーンなど、過去の探検家たちが目撃したという噂は古くから存在する。氷の壁は、「そこにある」という単純な事実のために、多くの人の間で長く支持される陰謀論であり、それはグレートリセットにおいて不可欠な役割を果たすだろう。

1892年、泥水が地球上のあらゆる地域に影響を及ぼした。南極大陸はかつて数千年にわたり多くの文化や文明の本拠地であったが、現在までに絶え間なく流れる氷と雪の下で長い間その姿を失ってしまったのである。