※このYouTubeは貼れませんでした

Klaus Schwab and George Soros Declare China Must Lead New World Order - YouTube

スクリーンショット (1601)
2022/11/27

クラウス・シュワブとジョージ・ソロスは、中国が新世界秩序を主導しなければならないと宣言している

クラウス・シュワブ:中国は「多くの国の模範となる国」である : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブ氏は、中国のテレビ番組に出演した際、中国が世界の変革のモデルであると賞賛した。

シュワブ氏は、北京の中国国際テレビ局の番組「ワールド・インサイト」の司会者であるTian Wei氏に、インドネシアのバリ島で最近行われたG20サミットについて話した。

気候変動への対応など、優先すべき政策に合意した今回のサミットの成果について問われたシュワブ氏は、選ばれた世界のリーダーたちに、さらに上を目指すよう注文をつけた。

「我々は戦略的なムードを持たなければならない。」「我々は明日の世界を構築しなければならない。それは世界のシステム的な変革だ。」

指導者たちは、この「変革期」の後に世界が「どうあるべきか」を「定義」しなければならないと述べた。

シュワブ氏の中国への賛辞は、ジョージ・ソロス氏がフィナンシャルタイムスとのインタビューの中で発した言葉と重なります。

ジョージ・ソロスはこのインタビューで、グローバルエリートが「新世界秩序」と呼ぶものを実現するための計画を説明した。ソロスによれば、中国はこの新世界秩序を主導しなければならず、米国が「現在の秩序を所有している」のと同じように、「それを創造し、所有する」のだと言います。

エリートは自分たちのやっていることを決して隠さないということを物語っています。国民が、感情的でわかりやすい「善玉」対「悪玉」のおとぎ話に気を取られている間に、辛口のインタビューやほとんど読めない政策文書で明らかにするだけです。

主流メディアと圧倒的多数の代替メディアが提供するこのおとぎ話によれば、米国はロシアと対立しており、自由と戦う断固とした国家群(BRICS)は西洋帝国主義の弊害からきっぱりと解放されることを求めているのです。

しかし、これは子供だましの戯言である。


欧米列強とBRICS諸国は、中央銀行カバルの新世界秩序を実現するために、G20を通じて緊密に連携しているのです。これはG20の国々(20番目の「国」はEU)で、中心的な西側勢力は青で、BRICSは赤で囲まれています。

スクリーンショット (1602)

今後、彼らの計画が実現すれば、世界は米国に代わって中国を筆頭とする金融・政治秩序によって支配されることになります。しかし、私の言葉を信用してはいけない。これはクラウス・シュワブやジョージ・ソロスが言っているだけなのだから。

シュワブは、中国の権威主義的なシステムを賞賛し、それが彼が構築しようとしている新世界秩序の変革モデルになっていることを明らかにしました。

一方、ソロスは、中国人をNWOに参加させる方法は、NWOの創設を手伝わせ、その「所有権」を与えることだと言っている。


なぜ中国なのかという疑問が湧きます。西ヨーロッパを本拠地とするグローバルエリートは、なぜ中国を新世界秩序の表看板とするのでしょうか?

中国人は、世界の多くの国々と同様に、西欧帝国主義の手によって大きな苦しみを味わってきました。その結果、グローバルエリートは多くの国々を欧米主導の新世界秩序に巻き込むのに苦労している。特に、民族主義的な中国人には苦労しているようです。地球上で最も人口の多い国なくして真のグローバル秩序はありえないので、エリートは自分たちの破壊の遺産を有利に使うことを選んだのです。そのための彼らの戦略は、次の2つです。

第一に、グローバルエリートは、欧米同盟に対抗する勢力として、中国を中心とする同盟を立ち上げました。

陰謀団が目的を達成するために対立する勢力を利用するのは常套手段であり、彼らは常に両者に影響力または支配力を持つように心がけています。例えば、第二次世界大戦におけるロスチャイルド家の役割について考えてみてください。

第二に、グローバルエリートは、世界の大衆を中国同盟の手中に追いやっています。

彼らは、西側諸国が計画する凶悪な新世界秩序を広く宣伝し、同時に中国とその同盟国が計画する穏やかな新世界秩序を宣伝しました(したがって、一方からの危険と他方からの安全が確立されています)


彼らは、西側諸国による経済的、軍事的な非道で挑発的な行動を扇動してきました。

そして、西側諸国、特にアメリカに関する有害な情報を広く暴露してきました。


彼らはこれらの目的に対して非常に成功しており、大学教育を受け、CNNを視聴する平均的な若い目覚めたリベラル派は、アメリカを憎み、知らず知らずのうちにその没落に向けて動いているのが現状です。

ソロスを含むグローバルエリートは、危険から身を隠すための安全な穴のように見えるウサギの罠を(BRICS同盟の中に)作り上げていたのです。

彼らは大衆を洗脳するために、メディアと教育システムに潜入しました。現在までに、ウサギを罠に追い込むために(欧米列強と)茂みを叩いています。

グローバリストのエリートは、自分たちがやっていることを決して隠しません。サインやシンボルを使おうが、公然と自慢しようが、エリートは私達の顔をこすりつけるのが好きなのです。これは、人類を屈服させるための壮大な屈辱戦略の一部です。



シュワブやソロスや欧米諸国に対するアピールか...
檻の中の人々:中国版グレートリセットの姿か : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ロックフェラーによる「BRICS新世界秩序計画」 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)