キャッシュレス化:現在、インドでリテール中央銀行のデジタル通貨をテスト中

cbdc-in-india

中央銀行は、現金に代わるデジタル通貨を増やし、権力と支配の中心的な柱として台頭してきています。これは、世界の銀行ピラミッドの頂点に位置する国際決済銀行によって画策されています。これによって、ほとんどの小規模の商業銀行が廃業に追い込まれるでしょう。

先日、米連邦準備制度理事会(FRB)が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実現可能性を検証するため、複数の大手商業銀行と共同で12週間のパイロットプログラムを開始する予定であることをレポートしました。デジタル通貨の実験を行っているのは米国だけではありません。インドではデジタル・ルピーの開発に取り組んでおり、先日、第2段階のテストを発表しました。

インド準備銀行(RBI)は、デジタル通貨を卸売レベルでテストするパイロットプログラムを成功させた後、デジタルルピーを小売環境でテストすることを発表しました。

RBIによると、中央銀行のデジタル通貨は「中央銀行がデジタル形式で発行する法定通貨です。これは法定通貨と同じであり、法定通貨と1対1で交換可能です。その形だけが異なります。」

デジタル通貨は、ビットコインや他の暗号通貨に似ています。それらは、コンピュータやスマートフォンのデジタルウォレットに保持された仮想の紙幣または硬貨として存在します。政府発行のデジタル通貨とビットコインの違いは、デジタル通貨の価値が、従来の不換紙幣と同様に、国家によって裏付けられ、管理されている点です。

RBIが言うように、「暗号通貨とは異なり、CBDCは商品でもなければ、商品やデジタル資産に対する債権でもありません。暗号通貨には発行者がいません。彼らは、その言葉が歴史的に理解されるようになったように、お金(確かに通貨ではない) ではありません。」

インドのエコノミックタイムズのレポートによると、テスト段階では、インド国立決済公社がデジタル・ルピーの決済システムのプラットフォームをホストすることになります。インド準備銀行は、試験的に各銀行が10,000~50,000人のユーザーとデジタル・ルピーの小売利用をテストすることを望んでいます。

インドステイト銀行、バローダ銀行、インドユニオン銀行、ICICI銀行、HDFC銀行、コタックマヒンドラ銀行、イエス銀行、IDFCファースト銀行がパイロットプログラムに参加します。この試験運用が成功すれば、RBIはこのプログラムをインドの銀行システム全体に展開する予定です。

「eルピーはウォレットに保管され、ATMで現金を要求するのと同じように、顧客の要求に応じて額面が利用できるようになります。銀行は一部の都市でのみこれを開始します」と、このプログラムの関係者はタイムズに語っています。

RBIはコンセプトノートの中で、デジタル通貨の利点をアピールしています。

リテールCBDCは中央銀行の直接責任であるため、支払いや決済に安全なお金へのアクセスを提供できると信じられています。一方でホールセール型は、金融取引の決済システムを変革し、より効率的で安全なものにする可能性があります。それぞれが提供する可能性から考えると、CBDC-WとCBDC-Rの両方を導入するメリットはあるかもしれません。」

政府が発行するデジタル通貨は、物理的な現金に代わる、安全で便利でより安全な通貨を提供するという約束で販売されています。また、現金の扱いにくさを好む危険な犯罪者を阻止するのに役立つとも言われています。しかし、そこには暗黒の側面があります。それは、コントロールの約束です。

政府のデジタル通貨への動きの根底には、「現金との戦い」があります。現金がなくなれば、政府が消費者の支出を追跡し、コントロールする可能性すら生じ、中央銀行がマイナス金利などの操作的な金融政策を行うことがさらに容易になるでしょう。

もし、現金がなかったらと想像してみてください。どんなに小さな取引でも政府の目から隠すことは不可能になります。スターバックスに朝行くような簡単なことでも、政府の役人には秘密にすることができないでしょう。ブルームバーグが、中国がデジタル人民元のパイロットプログラムを開始した際に発表した記事によると、デジタル通貨は「中国当局に、現物のお金では決して不可能な管理能力を提供する」と述べています。

政府は、個人の購買能力を「停止」させることさえ可能です。ブルームバーグは、デジタル通貨が中国当局にどれだけのコントロールを与えることができるかについて説明しています。

また、中国人民銀行は、取引の規模に制限を設けたり、大規模な取引を行うには予約が必要な場合もあることを示唆しています。模範的な行動をとる市民は「ホワイトリスト」入りして特権を与えられ、犯罪やその他の違反行為をした市民は除外されるという、新たな社会信用システムと決済が関連付けられるのではないかと考える人もいます。中国の目標は、支払いをより便利にすることではなく、現金を置き換えることで、人々を今以上に細かく監視できるようにすることだ。」と、ブルームバーグオピニオンに執筆している暗号投資家のアーロン・ブラウン氏は主張します。

中国は昨年、デジタル人民元のパイロットプログラムを開始しました。中国政府が支援するデジタル通貨は、同国最大のオンライン小売業者が中国のデジタル通貨を受け入れる初の仮想プラットフォームを発表したことで後押しされました

War on Cash: India Rolling Out Retail Pilot Program for Digital Rupee | SchiffGold