NGO fordert Klimarettung durch "Reduktion der menschlichen Fruchtbarkeit" (report24.news)
NGOは「人間の生殖能力削減」による気候変動救済を呼びかける

372

フランスの有力紙『ル・モンド』では、「責任ある人口統計学」という協会が、一種の大量虐殺の空想の舞台を提供しました。世界の人口が「多すぎる」ため、出生率を下げる必要があります。これは、地球温暖化の抑制に役立ちます。

まず、人為的な地球温暖化の疑惑については、当然ながら真剣な議論もなければ、合理的な議論もありません。どんなに非論理的であろうと、科学的に間違っていると思われようと、疑うことを許さないドグマがあるのです。
.
有名な
フランスの「ルモンド」紙では、あるNGOが世界に対する計画を語る機会が与えられています。この計画は、明らかに精神を病んでいるビル・ゲイツの混乱した空想とよく一致しているように思えます。彼は隅っこで前後に揺れているとき以外は、人類を減らすことを夢見ています。ジョージア・ガイドストーンは、地球上の総人口は5億人で十分だと考え、物議を醸しましたが、それと同じように、数十億人は譲歩しなければならないでしょう。
.
世界的なメディアキャンペーンが期待される

どうやら、グローバリストのル・モンドにとって、人類の削減を宣伝することは非常に重要なことのようです。そして、今後数週間から数ヶ月の間にジョージ・ソロスの「プロジェクト・シンジケート」のメディアで何が見られるかは、すでにここから読み取ることができます。

NGOの現在の妄想に加えて、同じ記事内のフランスのポッドキャスト
地球を救うために子供を減らすべきか?」をクリックすると、その内容が表示されます。したがって、これは一過性のものではなく、キャンペーンです。同紙の最大の寄付者を見ると、すぐにまたビル・ゲイツに出くわします。彼はパンデミックに間に合うように2019年に190万ユーロを同メディアに寄付しています。また、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は「モンドアフリカ」の重要な資金提供者であり、長年のパートナーシップを築いています。

古代の理論

終末論の中心は、1798年のトーマス・R・マルサスの著作であり、当時、彼は人口増加に食糧生産が追いつくとは想像もできませんでした。実際に、世界中で信じられないほどの量の過剰生産と破壊された食糧を見ればわかるように。もちろん、2022年の資源があれば可能です。しかし、世界の自称エリートの中の狂った一派が、その逆を主張して、何十億人もの人々を「処分」したいと望んでいることを止めることができませんでした。

地球温暖化の大きな要因は、間違いなく「人の数」です。人口を減らすことは、同時に温室効果ガスの排出を減らし、その大気中の濃度を下げることで緩和に貢献することになります。また、地球温暖化やその影響により最も影響を受ける地域の避難を促進するなど、私たちの適応にも貢献することでしょう。

『ルモンド』、2022年11月9日

それは明らかに完全に馬鹿げた破滅的な失言であり、それがまた、退化した「最後の世代」の気候変動に対する子供たちを駆り立てているのです。世界が明らかに寒くなっているのに、この人たちは恐怖とパニックを撒き散らしながら走り回っています。そう、世界の一部では、避難しなければならないほど暑くなっているとさえ信じられています。しかし、彼らの資金提供者と黒幕は、とにかく何十年も前から一種の「避難」に取り組んできましたが、彼らはそれを「脱出」と呼んでいます。このようにして、発展途上国から教育的に恵まれない人々が、すでに何百万人も、主にヨーロッパに再定住しています。

「科学の大多数が人口削減を要求」

気候の妄想だけでなく、コロナ危機の時も、科学はどういうわけか多数派を見つけるプロセスだと国民は騙され続けてきました。実際、クリーンサイエンスでは、何百万人もの科学者がどう考えようと、一個人の検証可能な意見があれば、それが正しいことを証明するのに十分です。一方、あらゆる不正のシナリオでは、遅くとも1970年代以降、何千人もの研究者とされる人々が何かに署名するよう求められ、それが従わなければならない科学の意志であると主張してきました。

こうして、1万5千人の「科学者」が、出生率の「さらなる減少」を求めいると言われています。この人たちと影の支配者たちにとって、集団予防接種をきっかけにまさにこのようなことが起こっているのは、なんという「幸運」でしょうか。世界では、流産や死産の件数が爆発的に増えているそうです。

特に縮小する国は、この狂気に飛びついている

しかし、人口削減論者の考え方の1つの間違いは、主に西側諸国で人口減少が起こっていることであり、近年の情勢でそれがさらに強まっていることです。アフリカは主にその影響を受けていません。また、製薬業界やビル・ゲイツによる以前の「研究」があまりにも大規模で、無数の死者を出したため、「治癒」のためのワクチン接種を信用する人がいないことも理由のひとつです。

このNGOは、アフリカだけでなく、イスラム諸国の人口を減らし、人口増加を抑制したいと考えています。この背後にある考え方は、もちろんおこがましく、傲慢で、植民地主義的なものです。したがって、「はるかに賢い西洋」は、他の民族や国家に対して、そこで何人の子供が生まれてもよいかを決定することができます。このことは、西洋の退廃が蔓延しているところでは、こうした混乱した自己嫌悪のテーゼが肥沃な土地に落ち、発展途上国の人々は気にかけないという理由も説明できるかもしれません。

積極的な家族政策は望ましくない

フランスが出生率の維持・向上路線をとっていることは、NGOにとってトゲとなるものです。「フランスでは、出生前政策は下方修正されるべきであり、「人口統計学的節制」を達成することが人類の未来を左右します」これは『ル・モンド』紙の記事の締めくくりの言葉である。そこでまた、新たな婉曲表現が用意され、相対的な殺人目標をごまかすための定式化が行われるのです。『人口統計学的な節制』。これは、家族計画連盟と呼ばれる大量中絶キャンペーンを彷彿とさせます。発展途上国に対しても、それに劣らず要求されており、彼らはCOPの1000億ドルのパイの中から「女性が避妊具を使えるようにする」ためのアクセスを求めています。

気候変動論者が残念ながら絶対にやらないことは、彼らの論理によれば、それが最善の解決策であるにもかかわらず、みんなに良い手本を示してこの世を去り、保証付きでCO2を排出することができなくなるようにすることです。