Entsetzen unter Impfbefürwortern: Studie widerlegt letzten behaupteten Nutzen der Covid-Impfung (report24.news)
ワクチン接種を支持する人々の恐怖:Covidワクチン接種の最後の利点と主張する研究結果を否定
praying-to-vaccine2

「ワクチン接種が重要だと考えている私を含むすべての人にとって、これは本当に最悪だ」:これは、ウイルス学者のアレキサンダー・ケクレが11月15日に配信したポッドキャストの中で、米国の最近の研究結果について述べた言葉である。ワクチン接種を支持する者にとっての問題は、580万人の退役軍人のデータを含むこの研究では、繰り返されるコロナ感染における病気の進行の度合いに関して、評判の高いワクチン接種による利益は全く認められなかったということです。確かに、これは公式のシナリオと強く食い違う。

ポッドキャストkekule-corona-podcast-folge-dreihundertdreissig-100-downloadFile.pdf (mdr.de)

11月10日にネイチャー・メディシンに掲載された研究「SARS-CoV-2再感染に伴う急性・後遺症」は、主に、「covid病を繰り返すと重症化コースや 後遺症のリスクを高めるか」を調査したもので、SARS-CoV-2再感染に伴う急性期の後遺症は、「CoV-2再感染に伴う急性期の後遺症」と呼ばれています。この目的のために、彼らは米国退役軍人省の国民健康データベース、つまり、ほとんどが男性で白人の老人のデータを利用した。このため、当然ながら結果の一般性には疑問があり、繰り返されるコロナ感染(特に健康状態の悪い人に影響がある)ではなく、基礎疾患の進行や免疫力の低下による影響のみがここで測定されたのではないかという疑問が生じます。

しかし、この研究の興味深い点は、再感染によってより重篤な経過をたどり、二次的被害が増加したという著者の極めて疑わしい解釈ではなく、むしろ、評判の高いとされるCovidワクチン接種が重篤な経過の発生を何ら変えなかったという発見です。ワクチン接種者(ブースター接種者を含む)は、ワクチン非接種者と同じリスクを有していました。なぜなら、経験的に、注意深い市民なら誰でも、ワクチンを接種した人々が約束通り重症感染症から保護されていない、あるいは保護されていないことを自分で判断することができるようになって久しいからです。英国で行われた大規模なプレプリント研究は、7月に早くもワクチン接種のシナリオをシャボン玉のように破裂させ、10月には英国の別の研究がそのシナリオを確固たるものにしました。

オックスフォード大学の大規模研究:ワクチン接種者は非接種者よりもCovid-19病で死亡する頻度が高い : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


それにもかかわらず、ウイルス学者のアレクサンダー・ケクレは、MDRポッドキャストの中で、米国で行われた最新の研究結果に注目していました。


私を含め、ワクチン接種を重要視している皆さんにとっては、本当に残念なことです。このデータは、ワクチン接種者と非接種者の間で、2回目、3回目、4回目の感染におけるその後の病気の重症度に統計的に実証可能な差がないことを明確に示しています。いわば、この場合、そのことをしっかりと受け止めなければなりません。違いはありません。彼らは本当にそれを見極めようとしました。もちろん、アメリカの当局が、この違いをどこでも再現できるようにと願っていることは明らかです。多くの研究で明らかにされています。しかし、今回の調査では、この集団とこの調査では、何の違いも見出せませんでした。つまり、ワクチンを接種してもしなくても、2回目の感染で再び重症化したり、半年後にロングCOVIDのようなものを発症したりするリスクは、1回、2回、3回と関係なく変わらなかったのです。

kekule-corona-podcast-folge-dreihundertdreissig-100-downloadFile.pdf (mdr.de)

ケクレは、確かに主流派のウイルス学者の一人で、強制的なワクチン接種には懐疑的であり、その無益性を強調することを恐れていませんでした。しかし、彼は、ワクチン接種がこの病気の重症化に対して効果がないと確信することは望んでいない。まず、さらなるデータが示すものを待つ必要がある、と述べています。