気候変動への独裁準備:WEF主導のカナダは市民のCO2追跡を推し進める
スクリーンショット (1585)

WEFの支持者が浸透しているカナダで大きな喜び:国内最大の自治体信用組合が、利用者のCO2排出量を分析するクレジットカードを発表しました。以前、マスターカードがCO2制限付きクレジットカードのパイロットプロジェクトを実施し、惨敗した後、世界中の多くの銀行やクレジット会社が、いわゆるCO2トラッカーをオファーに導入し、-当面の間-任意で利用できるようにしている。しかし、その推進力は明らかで、市民による「排出量」のコントロールはすでに実施されています。

世界経済フォーラムは、9月14日付の記事で、COVID危機が試運転のような意味合いを持っていたことを自ら明らかにしました。以前は日常生活でCO2制限を受け入れるように説得することは不可能でしたが、コロナ対策に大衆が忠実に従ったことで、気候・CO2独裁がいよいよ今後実施されることが明確になったとWEFの支持者は言っています。当面の間、自主的なCO2トラッカーの導入が進むことで、単なるカウントが再び限界に達するまでの慣れの効果を狙ったものと思われ、気候変動に有害な消費行動をとった場合には、クレジットカードの利用停止も視野に入れています。

「気候スコア」は日常生活の一部となることを目指す

これはまさに、Mastercardがスウェーデンのドコノミー社と協力して、2019年に世界初のCO2制限付きクレジットカードとして「DO Black」を発表したときの試みと同様です。このパイロットプロジェクトは失敗に終わり、誰も気候変動に関する詐欺行為を制限されることに興味を示しませんでした。

ドコノミーは現在、企業向けにCO2計算機の提供のみに限定していますが、マスターカードとの協力関係は維持しています。「Mastercard カーボン計算機」は、2021年以降の消費者のCO2排出量の概要を提供することになっており、同時に完全統合された嗜好品を提供することを目指しています。罪を犯した人は、例えば「地球温暖化防止プロジェクト」に寄付や投資をすることで、自分のCO2収支を「相殺」することができます。

世界中の銀行がこの「オファー」を採用しています。プレスリリースによると、オルデンブルグ州立銀行OLBは、ドイツで初めて銀行アプリにCO2計算機を搭載し、顧客に喜んでもらえたと言われています。OLBは実際にこの「サービス」を個人の「気候スコア」として宣伝し、将来的には現代の嗜好品取引も統合していきたいと発表しています。

また、カナダは、消費者の個人的な二酸化炭素排出量の分析をますます常態化し、それに応じて消費者に慣れてもらいたいと考えています。10月19日、信用組合ヴァンシティは、欧州の企業「エコリティック」と共同で、国内初のCO2計算機を内蔵したVisaカードを提供すると発表しました。発表文には次のように書かれています。

新年から、すべてのヴァンシティVisaクレジットカードの保有者は、クレジットカードで購入した商品のCO2排出量推定値を把握することができるようになりました。会員は、毎月の使用量が全国平均と比較してどうなのか、どのクレジットカードで購入したものが最も環境コストが高いのか、などを確認することができます。カーボンカウンターでは、Vancityカード会員が購入した商品の二酸化炭素排出量を把握し、二酸化炭素排出量を削減するためにできることをアドバイスしています。

目標:すべての人にカーボンアカウントを

その後、再び一定の制限を実施するためのステップは、迅速かつ容易に行えるはずです。特にカナダのように、WEFの支持者が特に浸透している国では、そのようなステップが必要です。そこで最初の一歩を踏み出せば、他もそれに続く可能性があります。

一見、無害な仕掛けに見え、必要なら無視しても安全なように見えますが、実はグローバルエリートが常に推し進めている固定した議題の一部です。選択の自由は、後のコースではもはや想定されていません。例えば、WEFと関係の深いオランダ・ラボ銀行のバーバラ・バースマ氏は、この8月、
今後の計画を明らかにしました

「オランダのすべての家庭、すべての国民が一定の排出権を得られるようにすべきです。そうすることで、年間の制限値を超えて排出しないようにすることができます。排出権はカーボンウォレットに保管されます。ですから、もし私が空を飛びたいと思ったら、空を飛べない人から排出権を買い取ります。そうすれば、その貧しい人は、例えばお小遣いを稼ぐことが出来ます。あるいは、小さな家に住んでいる人が、大きな家に住んでいる人に炭素クレジットを売れば、貧しい人々もグリーンエコノミーの恩恵を受けることができるのです。」

もちろん、目標は植物の成長、ひいては地球上の生命にとって不可欠なガスから地球を救うことではありません。それは再分配についてであり、以前のコロナ対策と同じように、それは人口のコントロールについてです。なぜなら、ワクチン接種のパスポートは、CO2制限に基づく社会的信用システムのような広範囲に及ぶ行動制御を可能にしないからです。銀行口座やクレジットカードをはじめ、着々と進む「デジタルID」のあらゆる分野に対応した制限を統合すれば、一般市民の生活はあらゆる面でディストピア化することになるでしょう。エリートだけが、すでにそうであるように、彼らのライフスタイルを制限されることを受け入れる必要はないのです......

Vorbereitungen für Klimadiktatur: WEF-gesteuertes Kanada treibt CO2-Tracking der Bürger voran (report24.news)