Während Europäer zögern: China schließt langfristigen Flüssiggas-Deal mit Katar ab (report24.news)
欧州が躊躇している間に:中国がカタールと液化天然ガスの長期契約を締結
lngtanker

欧州勢はカタールから短中期的に液化ガスを購入したいだけで、ほとんど契約を結んでいないのに対し、中国のシノペックはすぐに湾岸君主国と27年間の液化ガス契約を締結している。

ヨーロッパはエネルギー危機の真っ只中にあり、それは(安価な)天然ガスの不足も顕著で、さらに悪化している。彼らはロシアから直接買いたいとは思わないので、他の海外調達先を開拓しなければなりません。しかし、LNG船は非常に高価であり、それに見合う長期契約がなければ建造・稼働されません。しかし、「旧大陸」ではグリーン・イデオロギーが基調となっており、とにかく化石燃料からの脱却を望んでいるため、消極的な姿勢を見せています。中国人民共和国はカタールと27年間の契約を結んだばかりで、2026年からは年間400万トンの液化ガスを受け取る予定です。契約金額は600億ドルです。

カタールは伝統的に顧客との長期供給契約を好んできたが、今年初め、欧州ではこれが拒否されてしまった。しかし、最近では、欧州企業もLNGサプライヤーと長期供給に関する交渉を始めています。これにより、供給側の価格も安定し、計算もしやすくなります。中国側としては、アジアのスポット価格が不透明であることから、今後数年間のスポット購入を避けるために、カタールのLNGを確保することに熱心です。また、大きな価格高騰のない継続的かつ安定的な供給は、北京の指導層にとって計画的な安全保障の観点からも有利です

カタールでは、今後も液化天然ガスの需要が高いことが予想されるため、生産能力の増強とガス田の開発を進めています。カタールが昨年発表した世界最大のLNGプロジェクトは、生産能力を年間7,700万トンから1億1,000万トンに拡大します。その後、新たなガス田の開発により、年間1億2,600万トンまで増加すると予想されています。



Öl-Embargo? Von wegen: Briten umgehen eigene Sanktionen und kaufen weiterhin russisches Öl (report24.news)
石油の禁輸措置?そんなことはありません:英国は自国の制裁を回避し、ロシアの石油を買い続けている

報道によると、英国は独自の対ロシア制裁を回避したとのことです。3月以降、ロシアから英国への石油輸送が数十件追跡されました。どうやら、エネルギー危機があまりにひどいので、英国は自国の制裁さえ無視しているようです。

英国の新聞「タイムズ」の報道によると、モスクワが2月末にウクライナでの軍事行動を開始して以来、英国は少なくとも39回ロシアの石油を購入したといいます。実際、ロンドンはウクライナ紛争を理由に、ロシアの石油および石油製品の英国への輸入を完全に禁止していますが、燃料(特にディーゼル)の不足を考えると、禁輸措置を回避することは問題なさそうです。

タイムズ紙は、タンカーの運航データと貿易統計を引用して、約2億ポンド(約2億3100万ユーロ)相当のロシア原産の石油輸送船が、さまざまな船と船の乗り換えを経て英国の港に到着したと報じています。しかし、それによると、この貨物はドイツ、オランダ、ポーランド、フランスなど他国からの輸入品として登録されているとのことです。このうち、少なくとも13件の貨物が6月と7月に到着したと言われていますが、国家統計局(ONS)が発表した石油輸入に関する公式な数字によると、その2カ月間、イギリスはロシアから石油を受け取っていないことが示されています。

「ウラジーミル・プーチンの軍隊が5月にアゾフスタリ製鉄所に閉じ込められたウクライナ兵を爆撃している間に、タンカー「マリナーⅢ」が20万バレル近い石油を積んでロシア南部のトゥアプス港を出港しました。それによると、5日間の航海の後、「ギリシャのカラマタ沖で、より大きなタンカーであるギリシャ船マリヌーラ号と並走して停泊」しました。さらに、マリヌーラ号がマリナー号の積荷の一部を吸い上げている間、2隻の船は大きなゴムホースでつながれていたことも報告されました。「船から船への移動の後、マリヌーラ号は英国に向かい、リンカンシャー州のイミンガムに停泊し、6月6日に約25万バレルの石油を降ろした」とタイムズは書いています。

これは、制裁対象国がロシアの石油に依存しているために、自らの制裁措置を台無しにしている多くの例のひとつに過ぎません。そして、12月からの禁輸措置の延長で、おそらくこれ以上良くなることはないでしょう。特に、そのために原油価格が高騰し、より安価な代替品が必死になって求められています。