Vladimir Kvachkov - Wikipedia

ウラジミール・クヴァチコフ:ウィキペディア


https://www.bitchute.com/video/b7A8iotP48Hx/
これは、
2020年3月25日ウラジミール・クヴァチコフと行われたこのインタビューの最初の5分間の記録です。

「コロナウイルスの状況は、公衆衛生の観点でも、疫学的な観点などでもなく、別の観点から検討しなければならない。彼らが「パンデミック」と偽っているコロナウイルス現象は、宗教、政治、金融、経済、国家といったグローバルな権力の観点から検証する必要があります。コロナウイルス現象、いわゆるパンデミック(言っておきますが、パンデミックはありません、すべて嘘です)は、世界的、戦略的な特殊作戦として考える必要があります。まさに、このことを考える必要があります。これらは、世界の裏の権力者が人類を支配するための指揮統制のための演習です。これがコロナウィルスの目的です。

もう一度繰り返しますが、私たちは神をほとんど信じていませんし、人類の敵であるサタンの存在についてはなおさら信じていません。つまり、裏のシオニストと金融勢力の狙いは、世界の人口を削減することなのです。それは彼らのイデフィクス(強迫観念)です。彼らは、私たち一般人が多すぎると思っています。彼らの数は1億人程度で、彼らに仕える地球人は最大でも10億人程度にすべきと考えています。そうすれば、彼らはこの地球で豊かに暮らすことができます。なぜなら、私たち一般人、地球人は、裏の世界権力者にとっては多すぎる存在だからです。

コロナウイルスと金融危機が同時に発生したのはこのためで、互いに切っても切れない関係にあるのです。その狙いは、世界中の人々の動きを止め、政治的自由を抑制することにあります。政治的には、すべてを実現することは現実的に不可能でしょう。憲法の違いがあり、それが実行されているかどうかは別として(それは別問題だ)。しかし、人々が慣れ親しみ、いつまでも自分のものだと信じている政治的権利があります。

そうした権利を人々から奪おうとした最初の試みは、2001年9月11日に起こった。アメリカのWTCタワー、ペンタゴン、ホワイトハウスへのいわゆる攻撃の後、世界的な対テロ戦争が宣言されたことを覚えている人はそれほど多くはないようです。現在までにコロナウイルスが何であるかを理解するためには、その最初の試みである対テロ戦争を装った人類への宣戦布告を分析する必要があることを忘れないでください。それは19年前のことでした。

舞台裏で世界の権力者たちが2001年9月11日の出来事を作り出しました。現在までに、彼らはより大きな支配と人類の乗っ取りのための口実を必要としています。それがコロナウイルスというわけです。基本的には、パンデミックでもなく、伝染病でもない、ということです。現在までに、私は文字通り今朝データを見ましたが、世界で毎日300人がこの病気にかかって亡くなっています。これがどのような規模であるかは想像がつくと思います。もちろん、一人一人の死は残念ですが、75億人の人口に対して300人というのは、基本的に大したことではありません。このような世界の裏の権力者の指揮統制には、さまざまな政治的権利を制限し、人々を恐れさせるという狙いがあります。愚か者たちは、すでにここの店で食べ物を手にしています。雑穀、ソバなど。そう、トイレットペーパーまで...

なぜか?目的は、人々を怖がらせることです。もう一度言いますが、これらは裏のシオニストと金融リベラルな世界大国が、特に西ヨーロッパで人々が持つことに慣れている政治的権利を制限する目的で行っている指揮統制のための演習なのです。それが彼らの第二の目標です。第一の目標は、地球上の人口を減らすことです。それが彼らの悪魔的な目標です。第二の目標は、権力を掌握することであり、第三の目標は、財政と経済に対する権力に関連しているのです。



ロシアの隠された過去 - ハザリアンマフィア


西暦800年:ロシアを中心とする周辺諸国の指導者たちは、長年にわたって国民から不満の声が上がっていたため、集団でハザール王に最後通牒を突きつける。彼らはハザール王に対して、国民のために3つのアブラハムの宗教の中から1つを選び、それを公式の国教とし、すべてのハザール国民にその信仰の実践を求め、すべてのハザール人の子供にその信仰を社会化するようにとのコミュニケを送るのである。

ハザール王は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の中から選ぶように言われた。ハザール王はユダヤ教を選び、ロシア皇帝が率いる周囲の国家連合が定めた条件の範囲内にとどまることを約束しました。その約束にもかかわらず、ハザリアン王とその側近のオリガルヒは、古代バビロニアの黒魔術、また秘密悪魔主義として知られる魔術を実践し続けました。この秘密悪魔主義は、子供を生贄として捧げ、「血を抜き」、その血を飲み、その心臓を食べるというオカルト的な儀式を含んでいた。

西暦1200年頃、ロシアはハザリアを取り囲む国々を率いて、ハザリアの人々に対する犯罪を止めるためにハザリアに侵攻しました。ハザリア王とその内廷の犯罪者、殺人者たちは、近隣諸国からハザリアンマフィア(KM)と呼ばれるようになった。

「信じられないほど邪悪なハザリアン・マフィアの知られざる歴史」-プレストン・ジェイムズ(Ph.D.)

Hidden History of the Incredibly Evil Khazarian Mafia (nobulart.com)

ロシアは1000年以上にわたって、ハザリアンマフィアに対抗する砦として立ち続けてきた。このことは、ウラジーミル・クヴァチコフ(上)やヴァレンティン・カタサノフの言葉や、おそらくプーチンが初めて政権をとって以来採用してきた戦略に見られるように、今日に至るまで続いているのである。

グローバリスト、トランスヒューマニスト、エリートは、ジョン・F・ケネディが彼らを暴露すると脅したときに命を落としたのと同じ敵の後日の隠れ蓑なのである。


Screenshot-from-2022-03-06

Jewish Telegraphic Agency. 30 December, 1926. http://pdfs.jta.org/1926/1926-12-30_656.pdf

父や祖父が築いた礎の上に、現在の子孫たちが数世紀にわたる使命を果たしているのである。今日、ロスチャイルド家は、ロシアとシベリアの広大な土地に向かうハザール列車の蒸気機関車となっている。バルカン半島を走るこの列車には、新たにNATOに加盟した軍隊が乗り込み、ロスチャイルド帝国のために戦うことになる予定である。

悪名高いDeagelの2025年予測では、2017年から2025年までのロシアの人口変化はわずか-0.5%であり、同時期のロシアの国内総生産(105%増)と軍事費(98%増)はプラス予測であった。この報告書では、英国が2025年までに人口(77%減)、GDP(92%減)、軍事費(98%減)が消滅すると予測されているのに対し、ロシアは今後嵐をうまく切り抜けることが期待されているようです。

現在世界で稼動している9万台の5G/DEWのうち、ロシアにあるのは2台(モスクワ中心部とサンクトペテルブルク)だけである。プーチンの側近は、ロシアでの5Gの展開に反対しており、今日まで事実上それを阻止してきました。5Gがどのようなものかを考えると、これは国連/WEFのグローバリストのアジェンダに対する本物の、台本にない反対の指標となり得るだろうか?

最初の地図は、各国の人口あたりのcovidの件数を視覚化したもので、下の地図は、世界の5Gネットワーク密度を示しています(2021年8月)


covid5g-916x1030

Glenn Beck : Ukraine – The Final Piece