A Virus Called Fear (nobulart.com)

恐怖という名のウイルス

fearmedia-1200x630

もし多くの人がウイルスとは何か、細菌説の詐欺とは何かを知っていたら、今生きていてまともな人は誰も、政府や主要メディアがここ数年の間に世界中で起きた事例や「死」について報じたことに騙されることはなかったでしょう。この間違った報告が、その後の政治的・法的決断(医療戒厳令、監視、政府の緊急権限など)の根拠となっています。彼らが知っていて自信を持っていること、生意気だとさえ思っていることは、恐怖は売れるということです。しかし、私たちがそれを買った場合にのみ有効となります。

ここでは、この200年近く人類を恐怖に陥れているウイルスマニアを理解するために必要なことをすべてお話しします。なぜこの理論や詐欺が「コロナウイルス作戦」の核心であり、この理論がなければ、新世界秩序の立役者が何十億人もの人々をこれほど容易に支配することができなかったのかを、あなた自身の目で確かめてください。

恐怖は彼らの最初の武器ですが、それは大多数が歴史、医学、科学、政治に無知であるときにのみ機能します。悲しいことに、彼らの洗脳は非常に深く根付いており、たとえ教養のある人に「病原性ウイルスは存在しない」と言っても、圧倒的な証拠があるにもかかわらず、信じてはもらえないのです。これは「イデオロギー転覆」の結果であり、人々の現実に対する見方を変えるために使われる大衆洗脳の手段なのです。ありがたいことに、真実は常に勝つものです。ここで紹介する情報が、混乱し、恐怖に怯え、否定的になっているあなたやあなたの知り合いを力づけてくれることを願っています。

知識は力であることを忘れないでください。

ウイルスとは何ですか?

主流バージョン

ウイルスは、DNAとRNAの断片(遺伝物質)から成り、タンパク質や脂質(脂肪)で覆われたエンベロープに包まれている。科学の主流が採用する一般的な意見によれば、ウイルスは小さな存在であり、生物と非生物の間のグレーゾーンに位置するユニークな存在です。例えば、ウイルスは生物ではないとする科学者もいれば、他の生物の細胞内で増殖して生きているだけだとする科学者もいます。ウイルスが増殖する細胞は宿主細胞と呼ばれます。つまり、一方ではウイルスは非生物であるが、他方では生物の中に入ったときに「生きている」ことになります。ウイルスは単独では生きた細胞の中で複製できないが、生きた細胞の中で複製でき、しかも宿主の行動に深く影響を与える寄生虫の真骨頂です。

細菌とは異なり、ウイルスは細胞ではないので、呼吸器系、神経系、循環器系は持っていない。細胞はDNAのコピーを作ることによって生殖するが、ウイルスはDNAのコピーを作る手段を持っていません。この事実にもかかわらず、科学者たちは、ウイルスがその能力を持たないにもかかわらず、新しいウイルスを作る「他の方法」を見つけてきたと主張しています。

ウイルスが「自己複製」する方法の一つは、宿主細胞に自分の遺伝物質を挿入し、その結果、細胞がウイルスのDNAのコピーを作り、さらにウイルスを作ることです。混乱しましたか?そうでしょう!?このような混乱した非論理的な理解のために、一般の人々はウイルスを危険なもの、つまり殺傷能力のある目に見えない敵とみなしてしまうのです。そしてこれは、主流メディアや医療機関が与えるのと同じ「定義」です。スペイン風邪、エボラ出血熱、SARS、エイズ、香港風邪、豚インフルエンザなどの病原性ウイルスは、くしゃみや咳で飛び散る飛沫によって人から人へ簡単に感染するウイルス性の病気と考えられています。

しかし、もっと別の話があるのでは?

細菌説

病気というと、科学の世界では2つの説が対立しています。主流は、200年近く前から世界中で病気の治療や管理に使われている「細菌説」です。1800年代、ルイ・パスツール(写真下)が「病気は体外の微生物から発生する」という説を提唱しました。この説によると、ウイルス、細菌、真菌、原生動物などあらゆる種類の微生物が、人間や動物、その他の生物の病気の原因となる細菌であるとされています。微生物が感染症を引き起こすと、「病原体」と呼ばれています。この説では、環境など他の要因も考慮されますが、病気の原理的な原因は病原体です。

つまり、細菌説では、病気は誰にでも「感染」し、人から人へ「飛び移る」、つまり人は病気の運び屋であり、いくつかの病気は伝染すると主張しています。このため、いくら個人で健康に気を遣っていても、他人の病気が自分の体に侵入して病気になることがあるのだ、ということです。

この理論は、体外の微生物が病気を引き起こすのであって、自分の体の細胞の中にいる微生物が病気を引き起こすのではない、ということを理解することが非常に重要です。細菌が病気の原因(結果ではなく)である」と主張することは、燃えている家の外で消防士を見かけたら、彼らが火事を起こしたと言うようなものなのです。ルイ・パスツールの理論は現代医学の基礎となっているもので、悲しいかな、パスツールの理論は利益を生み、恐怖と支配のための優れた武器となるからです。

しかし、この理論の驚くべき点は、それが決して証明されてこなかったことです。しかし、この理論が現代医学を支配し、すべての医師が、毒薬や治療という形で医療介入しなければ、身体には自己治癒力がないことを学びます。

恐怖2と呼ばれるウイルス「もし細菌説が本当なら、それを信じて生きている人はいないでしょう!」- B・J・パーマー、D.C.


科学的詐欺

1870年代、ルイ・パスツールは病気の研究に力を注いでいました。この頃、彼は天然痘のワクチンが「発見」できれば、すべての病気のワクチンが発見できると推論しました。彼はチキン・コレラ・ワクチンを発見し、細菌説を強化しましたが、当時の科学界にはこれを否定する人が多くいました。例えば、1884年にある評論家が、コレラの原因菌であるビブリオコレラを大量に混ぜた水を飲み干したことがあったが、もちろん、彼には何も起こらなかった。しかし、それでも細菌説は、その明らかな欠点にもかかわらず、人気を博し続けました。

パスツールは、今日、現代科学で賞賛されていますが、実は偽者であり、詐欺師だったのです。パスツールは死ぬ前に、ベシャンのような同時代の人々が証明した地形理論が正しいことを認識していました。それにもかかわらず、彼は自分の実験記録を100年間非公開にすることを要求したのです!彼は何を隠す必要があったのだろうか?

ジェラルド・L・ガイソン博士(プリンストン大学歴史研究所)は、20年かけてパスツールの私的な実験記録、およそ1万ページを調べ、数え切れないほどの虚偽の主張を発見している。パスツールが行った大規模な詐欺の一例として、実際にはワクチンを接種していないのに、接種のおかげで助かった動物がいると述べたことがある。また、実験中に死んだ動物はワクチン未接種の動物であると主張したが、実際はワクチン接種を受けた動物であったということもあった。


ルイ・パスツールが行った虚偽の主張のように、現代の科学は世界に嘘を売り続けています。なぜなら、ほとんどの人が、科学者は自分たちが何をしているのか、何を話しているのか「知っている」と信じているからです。これは、科学が多くの人に宗教のように見られる理由の一つです。なぜなら、誰も科学に疑問を抱かないからです。しかし、無視したり、公衆衛生上の判断の根拠とするには、あまりにも多くの欠陥があります。例えば、新しいウイルスが存在し、それが病気を引き起こしているかどうかを判断するための真髄は、そのウイルスを特定し、分離することによってそれを証明することです。しかし、これはどんなウイルスに対しても行われたことがないのです。生物学者でウイルス学者であるステファン・ランカ博士は次のように述べています。

恐怖3と呼ばれるウイルス「...ウイルスは分離という言葉の意味どおりに分離されたことはなく、全体としてユニークな構造として写真に撮られ、生化学的に特徴づけられたこともありません。疑惑のウイルスの電子顕微鏡写真は、実際には瀕死の組織や細胞からのごく普通の細胞粒子を示しており、ほとんどの写真はコンピュータモデル(CGI - computer generated images)しか示していないのです。」

Terrain-1030x579

地形理論

病気の地形理論によると、細菌は病気を引き起こしません。むしろ、生物が直面する地形や要素の質によって、病気になるのです。

この「地形」という言葉は、体内環境のことです。だから、病気にかかりやすいかどうかは、病原菌ではなく、その人の地形・身体の質によって決まるのです。この理論は、クロード・ベルナールによって始められ、後にアントワーヌ・ベシャンによって発展さ れました。

微生物が常に犯人である細菌説とは異なり、地形説では、その人の血液中の毒性レベルが原因であると信じています。つまり、「細菌は病気の原因ではなく、病気の結果である」という考え方です。もし、細菌が病気の原因であり、細菌が常に私たちと一緒にいるのであれば、私たちは常に何らかの形で疫病に対処しなければならないからです。しかし、私たちはそうではありません。

微生物は、環境要因によって宿主の細胞地形が悪化した後に、初めて病原性になります。そのため、地形理論では、栄養、精神的・感情的な健康、解毒、適切なpHの維持などを通じて、健康な地形は外来の病原性微生物に対応できるようになると主張しています。

しかし、地形が弱いと、食品の栽培や調理に使われる化学物質、カビ、パーソナルケア製品に含まれる水銀、フタル酸類などの重金属、従来の肉に含まれる抗生物質などの外部からの侵入に対してより脆弱になります。この理論は、不健康な状態が病気を促進するという事実に基づいていますが、全体的に健康であれば、免疫システムは設計され、装備されている以上の能力を発揮することができます。

恐怖5と呼ばれるウイルス「もし私が人生をやり直せるなら、細菌は死んだ組織の原因ではなく、病気の組織という自然の生息地を求めることを証明することに専念するだろう。言い換えれば、蚊は淀んだ水を求めるが、プールが淀む原因にはならない。- 近代病理学の父、ルドルフ・ヴィルコウ博士

地形理論では、健康な地形・身体を維持していれば、病気を引き起こす外敵や脅威に対処することができるとされています。逆に、地形・身体が弱いと病気になりやすく、癌や 糖尿病、心臓病と闘う家族がいるのもそのためです。遺伝や病気が伝染するのではなく、不健康な食習慣や生活習慣が家系にあり、環境毒素にさらされているからです。

病気を「うつす」のも同様です。ウイルスは体内の特定の細胞に特異的に感染し、外からやってくるわけではないので、私たちは何かを「うつす」ことはできないのです。例えば、ウイルスが肺を攻撃しても、腎臓や心臓には影響がないのはこのためです。つまり、ウイルスは自分の体内では感染しないのです。ですから、ウイルスが人の間を飛び移れるという考え方は、生物学を馬鹿にしています。アントワーヌ・ベシャンが言ったように、「私たちは病気を捕まえるのではありません。私たちは病気を捕まえるのではなく、病気を作り出すのです。」

ウイルスとは何か?知られざる真実

ウイルスという言葉は、実はラテン語に由来しており、毒物という意味です。ウイルスとは、よく組織化された分子メッセンジャーであり、自ら複製する能力を持つ生物ではありません。人間の体内には、皮膚、腸、粘膜などに何兆個ものウイルスや微生物が常在しています。

人間の体には少なくとも38兆個の細菌が存在するのに対し、約380兆個のウイルスが存在すると推定され、ヒトビロームと呼ばれるコミュニティーが形成されています。そう、380兆個ものウイルスがいるのです。つまり、私たちは常にウイルスを吸ったり、食べたり、触ったりしていることになるわけです。では、私たちの一部であるものが、どうして敵になるのでしょうか?

これは、私たちの目や足が病気を引き起こすと言っているようなものです!ウイルスは、細胞や そのグループ、あるいは臓器に対して特別に作られます。

ウイルスは体内で作られ、体によって作られるため、私たちには何兆個ものウイルスが存在します。ウイルスは、体の組織や機能を細胞レベルから上に向かって「きれいに」維持することを確実にします。要するに、ウイルスは伝染病などではなく、1933年以来、ウイルスと伝染病との関連性を証明する臨床研究がなされていないため、現代科学はこれを否定することができないのです。なぜ1933年以降なのか?細菌説は、第三帝国の政策と優生学のおかげで、世界的なドグマとして確立されたからです。この政策は、イルミナティ・ロックフェラー研究所に支援され、世界中のあらゆる戦争、内乱、大量虐殺、経済破綻、人身売買に資金を供給する銀行家、ロスチャイルド家によって資金提供されています。

恐怖6と呼ばれるウイルス「あなたは、そもそも間違った前提で仕事をしているのだから、そんなことをしていては答えは見つかりません。ウイルスには核がありません。呼吸器系もない。循環器系もない。消化器官もない。ウイルスは生きていないのです。それは石鹸が生きていると言っているようなものです。それらは生きていません。 しかし、より正確には、老廃物を除去するために組織を分別する酵素です。」- アーヨナス・ボンダープラニッツ

terranium-705x622

ウイルスの真実

ウイルスの存在は病気の原因であることを意味するものではありません。咳やくしゃみ、唾は、ウイルスの感染経路ではありません。唾液や粘膜がウイルスの粒子を分解してくれるからです。

この点を理解することは非常に重要です。病原性ウイルスに感染していると思われる人々を健康な人々の隣に置き、その「ウイルス」がどのように感染するかを見るという実験が数え切れないほど行われたからです。例えば、スペイン風邪のとき、「ウイルス」に感染した患者を健康な人の隣に置き、その人に咳やくしゃみをさせるという実験が行われました。その結果、健康な人が感染しても病気にならないことが判明しました。

  • ウイルスは生物ではないため、細胞に侵入したり感染したりする能力はありません。
  • 私たちは内側からではなく外側から出血するので、傷口からウイルスが侵入することはありません。
  • ウイルスは皮膚の角質層を通過することができないため、皮膚は感染の媒介となりません。
  • ウイルスのような少量のタンパク質は、粘膜と免疫システムが排除するため、目から侵入することはできません。
  • ウイルスは、特定の細胞や細胞グループ、臓器のために作られるので、同じ体内の臓器間を行き来することはできない。したがって、ウイルスが人の間を「飛び移る」ことは不可能なのです。
  • ウイルスが種の間を「飛び移る」ことができないのは、a)ウイルスは伝染しない、b)動物のDNA/RNAは人間のDNA/RNAと互換性がない、ためである。動物の組織が人間の血液に吸収される唯一の可能な方法は、その組織を注射することです。したがって、「インフルエンザ」の予防接種を含む無数のワクチンには、鳥、猿、ロバ、牛、豚、マウス、昆虫のDNAが含まれています。
  • 人体には何兆ものウイルスや微生物が存在し、皮膚や腸、粘膜などに生息しています。
  • ウイルスが特定され、症状を引き起こすことが証明されたことは一度もありません。 病原性ウイルスを体内に取り込む唯一の方法は、注射や輸血によるものです。

季節性インフルエンザは?!

一緒に住んでいる人や働いている人が一人や二人、同時にインフルエンザにかかることは珍しくありません。でも、ウイルス性の病気なんてないのに、どうしてこんなことが可能なのでしょうか? その理由や方法を説明する前に、インフルエンザが何であるかを理解することがとても重要です。一般に「インフルエンザ」と呼ばれているインフルエンザは、科学の主流では感染症に分類されています。しかし、すでに述べたように、現代の科学や医学が使っている理論には欠陥があるのです。そこで、簡単に歴史の勉強をする必要があります。

1889年以前、今日私たちがインフルエンザ/流感として知っているものは、何千年もの間、同じような特徴を持っていました。人々はインフルエンザを、何の前触れもなくやってくる予測不可能な病気として認識していました。時には、何年も、あるいは何十年も姿を見せないこともありました。この不思議な病気の出入りは、星の「影響」に支配されていると信じたからこそ、人々はこれを「インフルエンザ」と呼びました。しかし、1889年以降、インフルエンザは別の特徴を持つようになりました。

1つは、毎年ほぼ同じ時期に発生し、世界の広い範囲で発生する年中行事となったことです。また、精神的な問題、死産、先天性欠損症、神経障害など、医師が理解できない症状も出てきました。また、インフルエンザは21歳から50歳という特定の年齢層をターゲットにしているようでした。しかし、彼らが観察した最も重要なことは、インフルエンザは伝染しないということです。なぜなら、世界のさまざまな地域の人々が、他の人と接触することなく同時に病気になることは物理的に不可能であり、特に1日か2日の間に流行した場合はなおさらです。もちろん飛行機はありませんでした。2001年、2人の医師とカナダの天文学者ケン・タッピングを含む3人の専門家チームは、少なくとも300年前から、インフルエンザの流行は太陽磁気活動のピーク(11年周期の太陽の高さ)に起こる可能性が高いことを発見しました。

デンマークの医師ヨハネス・マイゲも、インフルエンザが電気と関係があることを指摘している。実際、1889年は、人為的な大気の電気的乱れが世界的な性格を帯びるようになった年でもある。近代的な電気の時代が幕を開け、中央発電所が商業的に可能になった年です。

 インフルエンザに関する世界的権威であるエドガー・ホープシンプソンも、インフルエンザが人から人へ感染するという証拠はないと指摘しています。ホープ・シンプソン氏は、研究を通じて、何がきっかけで太陽放射の変動が起こるのか、それは電磁気的なものであることを発見しました。

インフルエンザ(コロナ)の話:友人に伝えるべき大切な物語 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ホープ・シンプソンと同じように、証拠に目を通し、嘘をつく金銭的動機のない多くの専門家が、インフルエンザはウイルスではなく、電気病であるという同じ結論に達したのです。では、どうすれば、ある人からある人へ「感染」するのだろうかという疑問が湧いてきます。

2人以上の人が同じ時期に同時に「インフルエンザ」にかかるには、2つの方法があります。第一に、大気中の物質が同時に異なる人々に影響を与えることです。つまり、電磁波が増加すれば、局所的または世界的な規模でさまざまな人々に影響を与えることになります。しかし、なぜある人には影響し、他の人には影響しないのでしょうか?それは、私たちの免疫システムが異なるからです。

地形理論で説明したように、体内環境が健康であれば、環境毒性に影響されない、あるいは影響されやすいと言えます。しかし、免疫力が低下している人は、これらの毒物の影響を受けやすくなってしまうのです。

インフルエンザにかかるもう一つの理由は、「恐怖心」です。慢性的な恐怖心は、免疫システムに大きな影響を与え、それが病気として現れるということが、数え切れないほどの研究で示されています。

これは、病気の人と一緒にいると不安になり、自分が病気になることを恐れる場合に起こります。すでに免疫力が低下しているところに恐怖心が加わると、最悪の事態を招きかねません。ホープ・シンプソンによれば、もう一つの可能性として、インフルエンザは環境の引き金、特に電磁波によって再活性化されるまで、人間の体内に「潜伏」していることが挙げられるといいます。同じ家族の中で1人か2人がインフルエンザに感染しても、他の家族が感染しないのはこのためです。もし、現代科学が主張するように伝染性があれば、同じ家庭の全員がかかるはずです。

例えば、1968年の「香港風邪」の大流行の時も、一家に一人しかインフルエンザにかからないことが確認されています。また、2人目がかかったとしても、同じ日にかかったのだから、お互いからうつされたのではないことが明らかでした。

暴かれた細菌

なぜウイルスについて嘘をつくのか?

現在までに、あなたは一体なぜ現代医学がウイルスや一般的な病気について嘘をつくのか、自問自答しているかもしれません。この危険なプロパガンダを推し進める人々にとって、「細菌説」が利益をもたらす方法は無数にあるのです。パスツールの理論は、ワクチン、化学療法、放射線、合成医薬品、体の一部の外科的切除などが、より良い医療を行うための唯一の可能な選択肢となるための基礎を築いたと言っても過言ではありません。

この理論によって、世界中で10億ドル規模の製薬産業が誕生から死までの間、顧客を獲得してきました。実際、赤ちゃんのための最初のワクチンとして予定されているB型肝炎は、新生児がこの世に生まれてから24時間以内に接種しなければなりません。

つまり、免疫系が発達していない赤ちゃんは、水銀、アルミニウム、ホルムアルデヒド(発がん性成分)、その他の有毒な成分を含むワクチンを接種されるのです。さらに悪いことに、赤ちゃんの血液脳関門(毒素が脳に到達するのを防ぐ)は完全ではないので、これらの毒素が簡単に脳に到達し、ダメージを与えることになります。したがって、B型肝炎ワクチンは、アナフィラキシーショック、自閉症、自己免疫性炎症性多発神経炎、ベル麻痺、慢性関節炎を含む60の病気や副反応と関連しています。多発性硬化症、そして死さえも、です。

私たちは起こるべくして起こった「病気」であり、したがって健康になるため、また健康を維持するためには生まれたときから毒性医学的介入が必要であると世界に信じ込ませることによって、利益誘導型の犯罪的製薬産業は、その金銭的に搾取可能な理論で世界を支配してきました。

病気は空気中にあるという考え方を広めることで、治療法を見つけるのは医学界の責任です。細菌理論によれば、重要なのは病気のCAUSE(原因)や治療方法ではなく、いかなる手段を使ってでも、その症状を何とかすることなのです。

いつでもどこでも病気を「うつす」ことができるというこの理論は、健康的な食事、活動的なライフスタイル、精神衛生への注力、前向きな人生観などを、病気はどこにでもあり、他人から「うつす」ことができるため、無意味なものとして人々を無力にします。

恐怖8と呼ばれるウイルス「もしワクチンが大量に売られていなかったら、パスツールの病原菌説は曖昧なまま崩壊していただろう」

- エセル・ダグラス・ヒューム

この理論は、人々に環境を恐れさせるだけでなく、人間の能力を最大限に発揮させるために人間の医療介入を必要とする欠陥のある免疫システムを与えることによって、神が我々の体を創造したことを悪く言っているのです。

また、人々は、大手製薬会社が提供する合成医薬品やワクチン、有毒な治療法に完全に、そして徹底的に依存するようになっています。結局のところ、あなたや私は、従来の「医学」のバックグラウンドを持っていないため、身体を理解するにはあまりにも無知なのです。したがって、私たちは「専門家」を盲信し、自分の健康について何の責任も負わないようにしなければならないのです。

このプロパガンダは深く浸透しています。病気は「感染性」であることに加え、家族が同じ食事や生活習慣、あるいは同じ環境毒素にさらされることで病気になるということを認める代わりに、遺伝的なものもあるという考え方を売りにしているからです。

1918年から1919年の戦時中、アメリカ軍は約600万人の兵士を抱え、200万人が海外に派遣されました。ロックフェラー医学研究所は、世界で最も有害な医療システムの背後にあり、この機会を利用しました。どのように?モルモットとしてワクチンの実験に使いました。例えば、馬から採取した抗髄膜炎菌の実験血清を兵士に注射しました。その結果、細菌性肺炎が発生し、2008年の国立衛生研究所の論文によると、死亡した兵士の90%以上の検死で確認されたのです。

恐怖9と呼ばれるウイルス「戦時中は『敵の銃声よりもワクチンの銃声の方が兵士を殺す』という表現が一般的だった」- エレノア・マクビーン

この実験が兵士に成功すると、世界の人々にも展開されました。エリートの目的は、金儲けだけでなく、ワクチン、飢饉、戦争、有毒医薬品、治療法、遺伝子組み換え食品、Wi-Fiなどによる人口減少も含まれるからです。

彼らは、世界にはあまりにも多くの人々がいて、5億人だけが生きるべきだと信じています。このコロナウイルス騒動は、彼らのワクチンによって人々を支配し、奴隷にし、人口減少させるための最後のステップです。ロックダウンが始まって以来、すでに数え切れないほどの人々が自殺や孤独死、うつ病などで亡くなっています。ウイルスという恐怖は、ほとんどの人が人間の生物学、歴史、政治に無知であるため、人々が疑わない唯一の武器なのです。

もし私たちが皆、ウイルスに「感染」することは不可能だと知っていれば、恐怖の中で生活することや、政府が私たちを今以上にコントロールすることを止めることができます。