New Ginger Study Makes Incredible Discovery | Wake Up World (wakeup-world.com)
生姜の研究で驚くべき新発見
Ginger-Study-Incredible-Discovery-1-350x263
ジョセフ・メルコラ博士

ウェイクアップワールドの寄稿者

世界中の研究者から「相当な注目」を集めた後、臨床レビューにより、ショウガ(Zingiber officinale)が農薬、環境汚染物質、重金属、細菌および真菌の毒素、さらには一部の化粧品や薬剤などによる致命的な中毒に対して有効な解毒・保護剤として機能することが確認されました。

この研究は、食品および化学毒性に関する専門誌『Food and Chemical Toxicology』に掲載され、生姜とその植物化学物質が自然、化学、放射線による毒性に対して保護効果を発揮することが確認されました。また、抗酸化作用、抗炎症作用、抗アポトーシス(プログラムされた細胞死誘導)作用など、多くの健康効果を持つ「代謝産物の武器」を有していることが示されています。

研究者らは、生姜の特性は、がん治療における放射線や化学療法によるダメージの緩和や、前述の毒素、産業汚染物質、アルコール、喫煙、処方薬などの化学毒性を相殺する方法に関して、さらなる研究を促進することができる、そしてそうすべきである、と結論づけています。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、生姜の使用で大きな改善が見られた疾患の1つです。ある研究では、この慢性疾患にはいくつかのメカニズムが働いており、炎症が主な原因の1つであると述べています。

生姜を補給したり、食事で増やしたりすることで、食生活の改善や身体活動の増加といったライフスタイルへの介入の効果が、ライフスタイルへの介入だけよりも高まるという証拠があります。実際、肝臓に起因する肥満や脂肪肝疾患では、どんな形でも生姜が肝臓の解毒とサポート戦略の両方に不可欠な戦略であることが証明されるかも知れません。

生姜研究における試行錯誤

生姜は、インドや中国の地域で何千年もの間、食べ物や飲み物に甘辛い味付けをする以上の目的で使われてきました。頭痛や吐き気、特に乗り物酔いを和らげたり、消化器系の健康問題や関節炎による痛みや炎症を治療したりと、人気のある治療法であることが長い年月をかけて証明されてきました。

しかし、今世紀に至っても、肥満などの症状に対する生姜の効果を謳うタイトルの研究では、ヒトではなくラットを被験者に用いています。 ウェブサイト「Nutrition Facts」の制作者マイケル・グレガー博士は、「臨床研究の欠如は、倫理的問題や商業支援の欠如など多くの要因による」とする2017年の研究結果を引用しています。 紹介した動画でグレガーは、皮肉を込めてこう問いかけています。

「待ってくれ、なぜヒトの臨床試験をしないんだ? 臨床試験の欠如は、例えば、『倫理的問題』や『限られた商業的支援』に起因しているかもしれない。生姜は安いんだ。誰が研究費を出すんだ?しかし、倫理的な問題とは?生姜を人に食べさせるだけの話なのに!」

生姜の体重管理に関する多くの研究は、比較的簡単で安価ですが、時には誤った前提に基づいていると、彼は観察しています。「おそらく生姜の消費は、より伝統的な、西洋化されていない、ジャンクフードの食生活の目印に過ぎないのでしょう。「実験してみないとわからないのです」。

生姜の効果を人間でテストする際の注意点

そこで、ティースプーン1杯の生姜(約5セント相当、グレガー氏注)をティーカップのお湯で摂取した場合の結果を評価する無作為化比較試験が行われました。この「ホットジンジャー飲料」を飲んだ参加者は、その後、空腹感がかなり軽減されたと報告した。しかし、生姜を摂取したときとしなかったときが被験者に分かってしまうと、プラセボ効果の影響が現れてしまいます。

そこで研究者たちは、粉末のショウガをカプセルに詰めて被験者に飲ませる二重盲検試験を考えたが、ショウガの効果の少なくとも一部は、舌にある味覚受容体を介している可能性があると考え、断念した。とグレガーは説明します。

「しかし、その効果は主観的なものばかりではありませんでした。飲用後4時間経過した時点で、生姜を摂取したグループの代謝率が対照群と比較して上昇しましたが、以前の研究では、食事に生の生姜を加えても代謝率に変化は見られませんでした。

これは、生姜を乾燥させるのではなく、生のまま与えるという「生姜の投与方法の違い」によるものではないかと、研究者は考えています。また、生姜を乾燥させたときにできる脱水生成物には、独特の性質がある可能性があります」

この研究では、ジンジャーティーを飲んだ参加者は、お湯で割った対照飲料を飲んだ参加者よりも満腹感や膨満感を報告したことがわかったが、実際にその日の昼食の量が減ったのかどうかについての追跡調査は行われていない。

事実、グレガーは、2012年に44人のNAFLD患者に12週間、毎日小さじ1杯の生姜を摂取させるまで、「これほど多くの生姜と体重減少に関する無作為二重盲検プラセボ対照試験」は一度も行われていないと断言しています。ただし、このときは、生姜はカプセルに詰められていました。彼はこうも言っています。

彼らは皆、『食事によるコレステロールの摂取を制限するように』...そして食物繊維と運動をもっととるようにと言われました。それで、プラセボグループでも改善されるはずです。しかし、生姜のグループはどうだったのだろうか?そう、1日小さじ1杯の生姜を毎日摂取すると、炎症マーカーの値が大幅に減少し、肝機能検査も改善され、肝脂肪も減少しました。すべて1日5セント相当のジンジャーパウダーで。

「調べてみてください」とグレガーは言う。「プラセボ群には変化がなかったのに、ジンジャー群では減少しています。しかし、体脂肪の推定値はあまり変わりませんでした。

彼の次の疑問は、肝臓などの特定の臓器から脂肪を引き抜くために生姜を使えるかどうかということでした。2012年に行われた別の研究などでは、「生姜を投与すると、果糖で誘発された脂肪肝が改善される」ことが示されています。 グレガーは、体重と果糖による脂肪肝の両方を減らすには、「そもそも砂糖をあまり与えないようにすればよい」という皮肉な見解を示しています。

ジンゲロールとその他の植物性化合物による放射線防護効果

栄養成分表では、ショウガの根に含まれる化合物が、がん治療として行われる放射線被爆による遺伝子の損傷から試験管内(ペトリ皿)で白血球を保護することを論じています。科学者たちは、植物性食品に含まれる病気予防の要素に興味を持っており、グレガーが主張するように、「多くの異なる植物製品が、試験管内で様々なメカニズムによって放射線障害から保護することが発見されている」のです。

がん患者の治療における放射線の問題は、副作用として正常な組織への損傷が含まれることです。ショウガをはじめ、ゴギョウ、ニンニク、ターメリックなどに含まれる放射線防護化合物は、放射線障害から正常な組織を選択的に保護することができます。同時に、がん細胞に対してより高線量の放射線を使用することが可能になり、「治癒の可能性もある」と、ある研究が指摘しています。

しかし、「合成化合物は最適な濃度では有毒である」ため、植物ベースの介入が検討されてきました。ショウガとその植物化学物質(ジンゲロンなど)には、放射線防護効果があります。そのメカニズムに関する研究では、生姜の抗酸化物質がフリーラジカルを除去し、抗ラストジェニック(染色体の切断や破壊を防ぐ)作用を持ちながら、炎症と闘うことが示唆されています。 ジンゲロンとは何ですか?

「それは調理した生姜の根に含まれる植物性栄養素です。生姜の植物栄養素を加えると、DNA損傷が少なくなり、フリーラジカルも少なくなります。さらに、生姜の植物栄養素を放射線病治療薬と比較したところ、生姜の化合物の方が150倍も強力で、しかも薬物のような深刻な副作用がないことがわかりました。」

同様の効果を持つ植物由来の成分として、レモンバームがあります。 X線装置を操作する人は、他の病院スタッフと比較して、染色体損傷や高いレベルの酸化ストレスに見舞われることが判明しています。残念ながら、X線はDNAに直接ダメージを与えるだけでなく、放射線によって発生したフリーラジカルが最も大きなダメージを与えることが分かっています。

しかし、良いニュースもあります。放射線科のスタッフ55人に1日2回、レモンバームの点滴を摂ってもらい、30日間、過酸化脂質、DNA損傷、カタラーゼ、スーパーオキシドディスムターゼ、ミエロペルオキシダーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ活性を測定しました。その後、すべての指標に大幅な改善または顕著な改善がみられました。グレガーは、この研究を引用しています。

「それで、どうなったのでしょうか?彼らの血流中の抗酸化酵素のレベルが上がり、フリーラジカルによるダメージのレベルが下がったのです。「レモンバームティーの経口投与は、その抗酸化作用により、放射線誘発酸化ストレスからの放射線科スタッフの保護と抗酸化防御システム、特に酵素による防御の向上に役立つかもしれない」という結論が導き出されました。

生姜は他にどんな効能があるのでしょうか?

長年の研究の結果、生姜は人間の健康のいくつかの分野で劇的な変化をもたらすことが確認されました。抗炎症作用と強力な抗酸化作用があるほか、老化を防ぐ抗菌作用もあります。また、ジンゲロール、ショウガオール、パラドールといった、あまり目立ちませんが効果的な化合物も、荒々しい根茎の中に見受けられます。生姜の介入によって病気の治療や予防に効果がある分野は、研究によって数多く挙げられています。

  • 関節炎やリウマチなどの変性疾患
  • 消化不良、便秘、潰瘍などの消化器系疾患
  • 動脈硬化から高血圧まで、心臓血管の障害
  • 妊娠や乗り物酔いによる吐き気
  • 糖尿病、血糖値の大幅な低下

生姜は、がん予防にも効果があると言われています。生姜とその生理活性分子は、大腸がん、胃がん、卵巣がん、肝臓がん、皮膚がん、乳がん、前立腺がんの範囲を制御するのに有効である」とする研究があります。また、乳がん、特に乳がん幹細胞を標的とする辛味成分であるシャガオールが予防効果を示すことも、研究の中で言及されています。

その他、生姜からは、新鮮なものであれ、サプリメントであれ、様々な効能が期待できます。粉末にして紅茶に入れたり、生のままスライスして炒めたり、結晶化して強力な抗酸化物質のパンチを効かせたりと、さまざまな使い方ができるので、食事で生姜を多く取り入れる方法を試してみるのに遅すぎるということはありません。生姜が病気の予防や長寿のためにどれほど効果的であるか、あなたは知らないかもしれません。

出典と参考文献