神秘的な月食の原因は謎の宇宙体:地球ではない


地平線上に太陽と月が現れる日食は、少なくとも50回は起きている。球体の地球が月に影を落としているのであれば、それは不可能なことです。月食の間、月に落ちる影は半透明で、影を作る固体の地球は否定されます。

ニュートンによれば、地球が月に影を落とすためには、太陽は地球の反対側になければならない。  日食を引き起こしているのは、明確に定義された半透明の円形の物体で覆われた、月の自己発光面です。地球ではありません。赤道円周が6,780kmで、太陽と月は同じ大きさです。日食の時に同じ大きさに見えるのはそのためです。

エノク書 第77章3節「これらは二つの偉大な光源であり、その円周は天の円周のようであり、両者の円周の大きさは同じである」という記述がある。

 1965年のインタビューでR.フォスター教授は、月は宇宙プラズマでできているため、着陸は不可能であると主張した。


https://www.youtube.com/watch?v=1oCNGcbwxWg


以下は、デビッド・ウォーロウ・スコットの著書『テラ・ファーマ、地球は惑星ではない』からの抜粋である。

「天文学者たちはこう考えた。ニュートン理論によれば、月食では、球状の地球の反対側に太陽があることが必要であり、そのために地球の影が月にかかる。しかし、月食は、地球が想定する月食の影が両方とも地平線上にあるときに起こりました。 太陽と月が地平線の上にあるときに月食が起こったのですから、そのような状況では地球の影が月食の原因であることは絶対にありえないということになります。

月食の間、その表面はずっと繰り返し見られ、したがって、月食が地球の影によって引き起こされるはずがないことがはっきりと証明されています。1848年3月19日にデボンシャーで起こったことから、次のような事実を引用します。「9時20分までいつも通りの様子だった。その時から次の1時間の間、月が完全に見えなくなった原因は、日食や 地球の影(アンブラ)ではなく、月の全相が非常に速く、最も美しく照らされて、深い赤を帯びるのではなく、炉の火で輝くような外観となった」 .... . . 月の全円盤は、まるで月食がなかったかのように完璧な光に包まれた。, . . 月は皆既食の間、積極的にその円盤から良い光を与えていた。」

また、直径8,000マイルとされる地球は、毎分約1,000マイルの速度で太陽の周りを回っていると言われている。月は直径2,200マイルで、毎分180マイルの速度で地球の周りを回っているとされている。したがって、計算によれば、地球の影が月を通過することによる月食は4分かからないはずだが、月食が占める時間は通常約2時間で、4時間に延長されたことがあることが知られている。

パララクスはこの問題を次のように要約し、いくつかの事例を引用して、月食を引き起こす可能性のある非発光体が天上(ドーム)に存在するという意見が最近著名な天文学者の間で定着していることを示している。『月食の間、月の自己発光面は半透明の「何か」に覆われていることが分かったが、この「何か」は明確な円形の輪郭を持っており、月と最初と最後の接触時に見られたように、明確な質量で存在していることが分かっている。 

月の手前を通過する半透明ではっきりとした天体、または月面と地表の観測者の間を通過する天体。「このような天体が大空に多数存在することはほぼ確実であり、月食のような天体が地表からそれほど離れていないところに存在することは、当代一流の天文学者の多くが認めていることである。 したがって、地球の影が月食の原因であるという証明は影も形もないことは明らかであり、したがって、地球が球状惑星であるというこの主張された証明から何の議論も導き出すことができないのである。」


 物理的な真実は常にわかりやすいところに隠されている。例えば、月のタイコクレーターは平らな地球から肉眼で見えますが、その幅はわずか53マイルです。月が238,000マイルも離れているならば、不可能なことです。南半球から見ると、静止した月が逆さまに見えるのは、月が視点を変えることがないからです。

進化論的な天動説では、あなたは時速1,000マイルで回転する球体の上に住んでいるとされています。同時に、この架空の地球の球体は、時速6万6千マイルで燃える太陽の球体の周りを回っており、太陽と他の球体の惑星は、時速48万6千マイルで天の川銀河の周りを回っています。天の川銀河の中のこれらの天体は、最初のビッグバンから集合的に時速6億7千万マイルで膨張していることになります。ビッグバン理論の基本的な考え方は... 「2つの点が衝突した」 ぶははははは! ダーウィンを信じる子供のような進化論が大好きです。

 いわゆる宇宙飛行士は、一度も月に降り立ったことがありません。優秀な人材は、地球の低軌道を最大限に利用することができます。高い地球軌道は、不可解な海の大空のドームの反対側にあるため、到達することができません。私たちは閉ざされたシステムの中で生きているのです。そして死ぬまで、どこにも行くことはできないでしょう。 


https://morningstarstale.com/

リー・オースティン