Oργιάζουν τα δυτικά ΜΜΕ: Το ΝΑΤΟ ενημέρωσε τις χώρες-μέλη για επικείμενο πυρηνικό χτύπημα της Ρωσίας - "Ο Πούτιν έχει αποφασίσει" - WarNews247
欧米メディアは激怒:NATOがロシアの核攻撃が迫っていると加盟国に通達 -「プーチンは決断した」
bulava

イギリスのメディアによると、NATOはすでに加盟国に対して、核攻撃はモスクワ郊外の核シェルターにいるプーチンによってすでに決定されていると警告したと伝えられている。

デイリー・メールが公表したシナリオはプーチン(金曜日が誕生日)がアリーナ・カベエワを含む彼の近親者に、彼らが滞在している地域から彼が滞在している地下シェルターに速やかに避難するようまもなく命令されるかもしれないと警告したことから、さらに恐ろしいものとなっている。

同様のことが、ロシア政府のメンバーにも起こるでしょう。デイリー・メールの記事は、この避難場所が、ウクライナ南東部の4地域のロシアへの併合発表後、最初の数時間(あるいは数日)を過ごしたシベリアである可能性を強調さえしている。

プーチンはシベリアにいくつかの隠れ家を持っていると考えられており、そのうちの一つはヤマル半島のサベタにある新しい巨大なエネルギー貯蔵ターミナルに関連していると言われており、もう一つはアルタイ山脈にあると言われている。

しかし、ある国防省の高官筋は、プーチンが核兵器を使用する用意があることを示すより可能性の高いデモンストレーションが黒海で行われるかもしれないと述べたと、タイムズ紙は伝えている。

特に興味深いのは、デイリー・メールがいつも報じているように、テレグラム・チャンネルのSVR将軍によると、ロシアの指導層の誰もが同じように幸運だったわけではない、ということだろう。

「例えば、プーチンは核の脅威が生じた場合、必要最小限のロシア政府関係者を排除するように命じた」と言う。その中には、ミハイル・ミシュティン首相やヤロスラフ・ボロディン国会議長も含まれている。プーチンの地下バンカーには、検事総長、安全保障会議の指導部、しかしドミトリー・メドベージェフ前大統領は含まれず、大統領府と3つの治安・情報機関(FSB、FSO、SVR)の主要幹部とその家族も含まれることになるという。

ロシア国防省の職員については、ウラル山脈にある同省のシェルターに避難することができます。

米国科学者連盟(FAS)の推計によると、ロシアは5,977発の核弾頭を保有しているという。しかし、約1,500発が退役し、解体されようとしているが、それでもロシアは他のどの国よりも多くの核兵器を保有しているとさ れます。

プーチンの核の機動力をタイムズ紙も見ている

タイムズ・オブ・ロンドン紙は、ウクライナ戦争におけるロシアによる核兵器使用のシナリオに続いて、両国の国境での核実験の可能性も考慮すべきと推定している。

特に、同紙のラリッサ・ブラウン記者とジョージ・グリルズ記者は、これらの動きは、クレムリンとロシアのプーチン大統領が「ロシアが戦場で地盤を失うにつれ、大幅にエスカレートする」可能性があることを示唆している、と指摘している。

核兵器使用に関するプーチン大統領のほのめかしが検証されるのではないかという懸念が、10月3日にロシア中部のロシア軍核部門のものとされる列車の走行ルートが記録されて以来、高まっていると伝えている。

著者は、ポーランドにいる軍事アナリストのコンラッド・ムジカの言葉を引用し、「謎の」列車は、「核兵器、その保管、保守、メンテナンス、部隊への移送」を担当するロシア国防省第12局長に関連していると述べている。

注目すべきは、『タイムズ』の報道が、ロシアの原子力潜水艦ベルゴロドの動きに関するNATO情報機関の報告書に言及し、その任務が「黙示録の兵器」と評される超巨大魚雷「ネプチューン」を初めてテストしようとしているとの懸念を示す記事を掲載した後に行われたことである。

belg-1

(17) Океанская многоцелевая система «Посейдон» - YouTube

フォーブス:もしプーチンがウクライナを核攻撃したらどうなるか?

同時に、専門家がフォーブスに語ったように、ロシアによる核攻撃の結果を予測するのは難しい。モスクワはそのような場合、おそらく戦術核の使用に頼るだろう。これらの兵器は、都市全体を破壊するために設計された長距離核弾頭よりもはるかに小さい。

しかし、最大級の戦術核兵器の威力は100キロトン(1キロトンはTNT1,000トンに相当)までで、これに比べると広島に落ちた原爆は15キロトンだった。そのため、このような攻撃は壊滅的な打撃を与える可能性があります。

キングス・カレッジ・ロンドンの安全保障専門家ロッド・ソーントン博士がフォーブスに語ったように、そもそもプーチンはウクライナの都市を標的にすることはないだろうし、人命の損失は概ね回避されると予想される。核攻撃は、ロシアが脅威が深刻であることを示し、立ち止まる用意があることを示す「警告」として使われるかもしれない。

ロシアの核攻撃は、西側諸国を完全に驚かせることはないだろう、とソーントン氏は指摘する。事前に政府や 国防機関の間で「多くの裏取引」が行われていたのだろう。もし西側諸国が核攻撃のシグナルをキャッチしたら、ロシアに外交的圧力をかけて軌道修正さ せるでしょう。また、中国やインドなどの国々がモスクワに対してより強い姿勢を示すよう、大きな圧力がかかるでしょう。



プーチン大統領は、ウクライナの国境で核実験を行い、大量破壊兵器を使用する意思を示そうとしていると、NATOは加盟国に警告していると思われます。