Sollen Menschen nun bei Operationen auf die Narkose verzichten, um das Klima zu retten? (report24.news)
地球温暖化防止のために、手術時の麻酔を控えるべき?
operation

かつて、麻酔の発明は、手術の痛みを意識下で耐える必要がなくなったことから、医学上の偉大な業績とされたが、現在、放送局「Welt」は、麻酔ガスが気候にダメージを与えるとして警告している。しかし、現在多くの多くの病院が模範的な方法で持続可能性に注意を払うようになってきているという。では、またすぐに無麻酔で手術することになるのでしょうか?

まず、ヘンリク・M・ブローダーが『Welt』に気候変動パラノイドの最新のクーデターについて書いている。インスタグラムで次のように宣伝しているアルテチャンネルのドキュメンタリーに言及した。

病院が気候を悪化させていることをご存知ですか?多くの汚染物質がフィルターにかけられずに環境中に放出されています...これには、ドイツで年間700万件の手術に使用されている麻酔ガスも含まれます。このガスは強力な温室効果ガスであり、多くの場合、病院の屋根を経由して直接外部に排出されます。しかし、多くの病院が今、サステナビリティに注意を払っています。

Screenshot-2022-09-29-at-12
(スクリーンショット)

だから、手術を必要とする人たちは悲惨です。彼らは気候を汚染し、増税の必要性を生み出します。 気候変動カルトが医療行為による排出量を計算するまでもなく、医療制度はすでに十分に機能不全に陥っていると考える人もいることだろう。

ブローダー氏は、今後、医師は手術前に麻酔の気候への影響について指摘する義務があるのか、という問題提起をしている。

「本当にこれでいいんですか?」と医師は患者さんに問いかけます。自分の命よりも、地球温暖化防止が大切な患者さんがいることは確かでしょう。まだ躊躇している人は、自然への責任あるアプローチのロールモデルとして、マーカス・ランツやアン・ウィルに話を聞けばいいという誘いに乗ってしまうかもしれませんね。

カール・ラウターバッハ(保健大臣)は確かにアン・ウィルに出演して誘うことができたが、一般市民にはあまりいい印象を与えないかもしれない。いずれにせよ、ブローダー自身は、今後行われる小切開手術のために麻酔を見合わせることはない。「冷たいシャワーが国民の義務になったこの陰鬱な時代に、たまには自分へのご褒美として何か良いことをしなければならない。なんということでしょう。もしドイツ国民が手術を避けることができないのであれば、少なくともそのような処置の間、緑の党の狂気から逃れるための休息を楽しむことができるようにすべきです。回復に重要な睡眠は、すでに緑の党派が推進するインフレによって奪われている人が増えているのです。


※世界経済フォーラムの2030年予測には、「メスを使った病院の手術の禁止」がありましたね...