裁判所は、Covidワクチン傷害に関するデータをリリースするために月末までCDCを与える - ニュースパンチ (newspunch.com)

裁判所により、CDCはCovidワクチンによる負傷のデータを9月末までに公開するよう命じられる

CDC-1-678x381

テキサス州の連邦裁判所は、米国疾病対策予防センター(CDC)がV-safeアプリを通じて収集したCovidワクチン接種の有害事象に関するデータの第一弾を9月30日までに公開するよう命じました。

テキサス州西部地区連邦地方裁判所オースティン支部が出したこの命令は、オースティンを拠点とする非営利団体インフォームド・コンセント・アクション・ネットワークInformed Consent Action Network(ICAN)が「ワクチンと製薬業界の科学的整合性に焦点を当てた」一連の訴訟を起こした後に出されたものです。

ICANによると、裁判所命令はCDCに対し、2020年12月14日から2022年7月31日の間にV-safeアプリを通じてCOVID-19ワクチン接種に関連する
有害事象を報告した数百万の参加者から集めた19カ月分のデータの最初のバッチを公開するよう要求しています。

CDC Has 4 Days to Release Data on COVID Vaccine Injuries Collected via V-safe App, Court Rules • Children's Health Defense (childrenshealthdefense.org)

CDCは、全部で1億3700万件以上の健康V-safeエントリーを公開することが義務づけられます。

CDCは、V-safeを「テキストメッセージやウェブ調査を通じて、個人的で機密性の高いチェックインを提供する」スマートフォンアプリと説明しており、ユーザーは「COVID-19ワクチンを接種した後に自分または自分の家族がどう感じるかをCDCと迅速かつ容易に共有できる」ようになります。

CDCによると、「この情報は、CDCがほぼリアルタイムでCovid-19ワクチンの安全性を監視するのに役立ちます」V-safeアプリの目的は、「臨床試験設定外で投与した場合のCovid-19ワクチンの安全性プロファイルを迅速に特徴付けることです」と付け加えました。

一般市民は「実際の自己申告データを自分の目で確認する」ことになるでしょう。

V-safeアプリで収集されたデータは、「オラクルが安全なサーバーに収集、管理、収容」され、CDCのみが「個別の調査データにアクセス」することができます。

オラクルのアクセスは、「この報告書のための非識別化データの集計」に限定されています。

この区別は、ICANのCDCに対する訴訟の主旨につながった。ICANは、「CDC自身の文書に基づき、V-safeに提出されたデータはすでに非識別化された形(個人健康情報がない)で入手可能であり、直ちに公開することができる」と主張した。「ICANは、V-safeを介して収集された非識別化されたデータについて、3件の情報公開法(FOIA)要求を提出した」

ICANは、V-safe経由で収集された非識別化データを、「オラクルが現在アクセスできるのと同じ形式で」3回の情報公開法(FOIA)要求を提出した。

しかし、ICANによると、CDCは「V-safeに関する自身の文書を読んでいないようだ」とし、「アプリ内の情報は非識別化されていない」と主張して、ICANの要求を拒否しました。

ICANが情報公開請求を明確にし、「V-safeアプリに提出された後に非識別化されたすべてのデータ」を具体的に求めた場合でも、CDCは「元の要求と重複しているとしてこの要求を管理上閉じた」のです。

ICANはこれに対し、2021年12月、弁護士のアーロン・シリを通じてCDCを連邦裁判所に提訴し、このデータの公開を求めました。