もしあなたが50歳以上なら、政府はあなたの死を望んでいます

download-4

英国では、高齢者のニーズを無視することが政府の公式方針になっている。医師や看護師は、高齢者を死なせるように、そして救命治療を差し控えるように言われています。病院スタッフは、高齢者に食糧・水を与えず餓死させ、病床を確保するように言われています。老人ホームの職員は、高齢の患者を知らないうちに鎮静させる権利さえ与えられています。誰も気にしない唯一の主義は、年齢主義です。

しかし、患者は何歳までなら死んでもいいのでしょうか?また、患者を蘇生させるのに、何歳までなら可能なのか?社会はどの時点で「お前はもう十分生きたから、死んで他の奴に道を譲れ」と言う権利があるのでしょうか?また、なぜ蘇生を年齢で判断しなければならないのか?富や美しさで決めるのも、同じように論理的であると主張することは可能です。しかし、年齢差別は今や公式に認められています。60歳以上なら誰でも高齢者ということになるが、蘇生術の年齢制限を50歳とする病院も増えています。

私たちは政治的に正しい世界に住んでいますが、高齢者は数に入りません。特に白人でイギリス人ならなおさらです。高齢の患者が、汚れたシーツの上に痛みに耐えながら放置されているという報告が相次いでいます。入院中の高齢の患者は、スタッフに無視され、飢えた状態に置かれています。ベッドから起きて自分で水を汲むことができない場合は、水さえも拒否されます。

高齢者は政府の負担になるので、政治家は面倒な高齢者を最小限に抑えるために必要な方法なら何でも認可し続けるだろう。老年医学という馬鹿げた医学分野が存在することで、高齢者を僻地に追いやり、二流の医療を提供する口実にされているのです。2011年2月、ある公式報告書がNHSを「高齢の患者に対する非人道的な扱い」と非難し、NHSの病院は65歳以上の患者に対して「最も基本的なケアの基準さえ満たしていない」と指摘したのです。NHSは高齢者を侮蔑的に扱っていると言っても過言ではない。(かつて、高齢者の扱い方で文明を判断できると言われたことがあった)

2005年2月、回復の見込みのない入院患者を生かすにはコストがかかるため、死なすべきだと政府が助言していたことが明らかになった。労働党政権は、「高齢者」が昏睡状態に陥ったり、自分で話すことができない場合、食べ物や水を得る権利を否定するべきだと提案した。脳卒中患者の希望はここまでです。政府は、コスト削減の必要性が患者の生命維持の必要性に優先すると示唆し、患者の生命が「耐え難い」と表現されない限り人工栄養と水分補給を中止すべきではないという裁判官の判断を覆す権利があると決定した。(疑義がある場合は生命の維持を優先させるべきと付け加えた)

もちろん、高齢者から食料や水を奪うことは、公式の政策というよりも、無能の結果である場合もある。母が入院していたとき、自分で食事ができないのに、職員は食事をさせなかった。身内が病院に行って食事をさせることができなければ、食べなかった。飲み物はトレイに乗せられ、そのまま持ち去られた。「今日はのどが渇かないのか」と、一人のバカが元気よく聞いてきた。

一方、政府は怠け者や臆病者の生活を補助するために資金を注ぎ込んでいる。健康な30代の若者たちは、ポテトチップスとビールでお腹を膨らませながら、高解像度のデジタルテレビの前でうつむき、国から補助金の出る衛星放送を見て、暖房装置を止めるより簡単だからと窓を開けて熱を逃がしているのです。

高齢者は「望まれない世代」と分類され、政治的な恥さらしになっている。加齢黄斑変性症で失明に直面した高齢者が、失明を防げるはずの薬を拒否されてしまいます。高齢者は高価で、役立たずで、消耗品と見なされています。彼らは貢献しないし、投票もほとんどしないので、無視してもいいという理屈です。しかし、これを信じている人は、すぐに年を取ってしまう。そして、「老い」の定義も年々若くなっています。

戦争は、人々があらゆる種類の恐ろしいことを普通に受け入れることをいとわないように見えることを私たちに教えてくれました。しかし、医者や看護師が、高齢者(正式には60歳以上)を生かしておくと費用対効果が悪いので、死なせるべきだと認めているのは、何と信じがたい恐ろしいことでしょうか?年寄りには関係ない、権利もない、というのが公式見解のようです。2007年8月中旬、国会議員や同業者からなる人権特別委員会は、病院や介護施設の21%が高齢者の尊厳とプライバシーに関する最低基準さえ満たしていないと報告しました。委員会によると、体の弱い高齢者に対するネグレクト、虐待、差別、不当な扱いの証拠が発見されたとのことです。(何十年にもわたってこのような虐待を明らかにしてきた私たちにとって、彼らの発見は驚くべきことではなかった)。1930年代、ナチスが高齢者や弱者の患者を社会の不要な負担とみなして、意図的に飢えさせたり脱水させたりしたことを、どうして忘れてしまったのだろう。それこそが、今日、私たちが行っていることなのです。

看護スタンダード』誌と『高齢者看護』誌の読者に対する驚くべき(そして恐ろしい)調査によれば、看護師の6人に1人以下が、自分のケアする高齢者の虐待を報告することを止められないと答えていることがわかった。

言い換えれば、6人中5人の看護師が、自分たちが給料をもらって世話をしている高齢者の虐待を、少なくとも時には通報しなかったということになる。だから、私の考えでは、6人中5人は看護師に向いていないと思います。

これらの同じ看護師は、児童虐待をそう簡単に無視するでしょうか?

私はそうではないと思う。

これは非常に恐ろしいことで、現代の看護師を非難するものです。

同じ調査では、10人中6人の看護師が高齢者虐待を見て見ぬふりをすることがわかりました。高齢の患者や老人ホームの入居者が殴られたり、いじめられたり、泥棒に入られたりしているのを知っても、何も言わないでしょう。

なぜ看護師は患者を失望させるのか?

その理由のひとつは、臆病だからです。

信じられないことに、看護師は、自分自身が虐待を受けた場合に備えて、虐待を報告することを恐れているようです。

もう一つの理由は、「誤解を招く恐れがある」ことにあるらしい。

これはどんな政治的に正しいゴミなのでしょうか?

入院患者や老人ホームの入居者は、栄養失調や脱水症状、虐待や 無関心、プライバシーの欠如、怠慢、不衛生、脅迫などに悩まされることが多 くなっています。何千人もの高齢者が、汚れた服を着たまま何時間も放置されているのです。

どうして誰かがこれらすべてを「誤解」することができますか?

その理由は?

現代の看護師は、怠け者でバカで無能な人が多すぎるからでしょうか?

一日中パソコンの画面とにらめっこしているしか能がない人が多すぎるからでしょうか?

私の考えでは、虐待を見たときに何も言わない看護師は、虐待者と同罪だと思います。かつては偉大な職業であったものが、今ではディケンズの時代よりも悪い状態になっている。看護師は虐待があった場合、必ず報告しなければならないと思うのは、私の考え方が古いのでしょうか?いつもです。例外なくです。

年齢差別は、今や医療に蔓延しているようです。ある読者から、膝の痛みを訴えて受診したところ、医師から唐突に「長生きしすぎが問題だ」と言われた、という投書がありました。彼女は打ちひしがれていました。 「冗談で言ったのではない」と言われた。「本気 」 でした。 父は死の直前まで、「年寄りは馬鹿だと言われる」と何度も訴えていた。79歳の読者から、「あなたが55歳以上なら、生きてるだけでお金がかかるから、死んでほしい」と言われました。

私たちは今、男女が部屋を共有することが許容される世界に住んでいます。病院のトイレはとても不潔で、患者はそれを使う勇気がありません。歯医者は非常にまれで高価なので、人々はドアの取っ手に結んだ紐で自分の悪い歯を抜くことに頼らざるを得ないのです。しかし、何よりも使い捨てにされ、無関係とみなされるのは高齢者です。権利がないのは高齢者の方です。性差別や人種差別は禁止されていますが、年齢差別は禁止されていません。確かに、年齢差別は今や国家ぐるみの偏見であることは間違いなさそうです。法を守る高齢者に暴行を加えた凶暴な若者は、一握りの無料CD(その歌詞はさらなる暴力を助長する可能性がある)を入手できるクーポン券で「罰せられる」可能性が高いが、市税を支払う余裕のない誠実な高齢者は刑務所に入ることになるだろう。

医師が政府に属していると、政府の優先順位に乗っかってしまうのです。そうして、高価な負担とみなされる高齢者は、消耗品とみなされるのです。

バーノン・コールマン博士の著書「なぜ、そしてどのように医師と看護師は癌よりも多くの人々を殺すのか」より。

著作権: バーノンコールマン


https://www.vernoncoleman.com/main.htm

タップニュース経由

 
※こちらでも患者は水と食料を奪われた
恐ろしい告発:米国の病院ではワクチン未接種者を放置し食事を与えずに殺していた : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)