Hal Turner Radio Show - REPORTS FLOODING IN: Russia To "Declare War" on or about September 30

NJ-TransitBus-NukeAttackAd_large

有料記事:ロシアは9月30日またはその前後に「宣戦布告」する

ニューヨーク地下鉄に続いてニュージャージー州のトランジットバスにも核攻撃の場合の公告が掲載されている


MI6: Αυτοί οι στόχοι θα κτυπηθούν με τακτικά πυρηνικά στην Ουκρανία - Ρωσικά ΜΜΕ: "Δικαιολογείται η χρήση τους - ΗΠΑ και ΝΑΤΟ δεν θα κουνηθούν" - WarNews247
MI6:ウクライナでこれらの目標に戦術核が打ち込まれる - ロシアメディア:「その使用は正当化される - 米国とNATOは動かないだろう」
中国も準備中:10基のMIRVを搭載したICBM「DF-5C」を発射した
nuclear-russia1

イギリス情報局MI6は、モスクワ内部の情報源を引用し、ウクライナとゼレンスキーに「差し迫った核攻撃」を伝え、標的リストが承認されたことを強調した。

悪いニュースはこれだけにとどまりません。

ロシアメディアは、現代の戦場における戦術核兵器の使用を正当化し始めている。標的は決まっている...。

MI6 『複数の標的が攻撃される』

具体的には、MI6は、クレムリンが戦術核兵器でウクライナのいくつかの標的を攻撃することに同意したと伝えられている。

これはすぐに行われるわけではなく、予告なしで行われます。

イギリスによると、当初はロシアがあらかじめ決められた目標に対して極超音速ミサイルや核ミサイルを発射する核演習を行うだろうとのことです。

そして、もしウクライナ人が降伏しなければ、イギリスのアナリストによれば、ロシアはウクライナの基地や西側の武器が輸送される道路を攻撃することになるのだという。

この戦術核兵器による攻撃は、人口密集地から離れた場所で行われるが、ウクライナ軍の兵站・補給路の復旧を長期に渡って不可能にするだろう。

他の情報では、より大きなリヴィウ地方とウクライナとポーランドを結ぶ道路について語られている。

ロシアは核兵器の使用を正当化し始めた!

さらにロシア人はこう言います。

「ホワイトハウスに代表されるアメリカの公式見解では、アメリカはウクライナを直接的には守らないということが改めて明らかになりました。特に、民主党の主要紙であり、米国政府の口利きでもある『ニューヨーク・タイムズ』は、まずロシア軍が「約1500発の戦術核弾頭」を保有していると指摘し、次に「戦術核は、少なくとも理論的には戦闘計画の一部として使用することを目的としている」と明言した。

言い換えれば、アメリカによる日本の広島と長崎の破壊に関連した核のタブーは、戦略兵器にのみ適用されています。

従って、NYTはこう述べている。

「戦略兵器は、大規模な戦略の一環として、破壊的な一撃を与えるために設計されています。それは、ワシントンとモスクワの伝統的な核の恐怖、即ち『ドクター・ストレンジラブ』風の核災害のシナリオであった。

つまり、小さな紛争の中で「戦術核で攻撃」しても、何も恐ろしいことは起きないのです。

さらに、2002年にアメリカがアフガニスタンで、限られた範囲の軍事作戦、特に山岳地帯の深い貯蔵庫の破壊のために戦術核兵器の使用を真剣に検討したことを知る人は少ないだろう。

2002年1月9日、核ドクトリン見直しに関するブリーフィングで、クラウチ国防次官補はこう述べた。「我々は多くのイニシアチブを検討しようとしているが、そのうちの1つは、既存の(核)兵器を改造して、深部または硬い標的に対してより大きな能力を持たせることである」 と述べた。

実際、米国はB61 Mod 12シリーズを作ることで核兵器を大幅に改良し、すでにMod 13の開発にも着手している。

ディフェンス・ポジション(全米科学者連盟)のアダム・マウント所長が、ロシアの通常兵器システムの弱さが核の脅威に依存する可能性を説明できると言うとき、彼はあからさまに嘘をついている。専門家のミシェル・グレイは、韓国の対北朝鮮防衛計画として、戦術核兵器のみを用いたものを反論として挙げている。

さらに、ソウルを守るため、米軍将校であってもペンタゴンの同意なしに戦術核を使用する権利を持っている。

さらに、戦術核兵器の使用は、国際的な問題を除けば、特に他の手段との組み合わせで大きな利点がある。広島・長崎への原爆投下は、もし米国が通常兵器で戦争を続けていたならば、もっと多くの犠牲者を日本に出さずに済んだと主張する深刻な記事を含め、このテーマについて数十の資料を見つけることができます。

いずれにせよ、米国は一般的に、戦術核兵器の使用の可否を他国に指示する道徳的な権利はない。

アメリカは地球上で唯一、一度ならず二度までも、他国に対して核兵器を実際に使用した国なのですから、おそらくより良い質問は、誰が核兵器を持つべきかを決めるのは、本当に私たちで良いのでしょうか?と、アメリカ人自身が告白しています。

最後に、ロシアが「ウクライナ独立擁護派」に対して突然戦術核を発動した場合、米国防総省がどのように対応するかについて、公式にはまだ明確になっていない。

特にニューヨーク・タイムズは、ウクライナはNATOの同盟国ではなく、その防衛に関する協定に拘束されていないことを想起させるとしている。

中国も準備中:10基のMIRVを搭載したICBM「DF-5C」を発射した

中国は「ウクライナ戦線に非常に悪い動きがある」との警告を受け、最大射程1万2000キロ、10個の弾頭を搭載できる新型大陸間弾道ミサイル「DF-5C」を試射した。

ミサイルは山西省の同名の都市の北西にある太原宇宙センターから発射されたと伝えられている。

ミサイル弾頭は、中国西部の訓練場、おそらく新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある標的に命中した。

DF-5Cは、10個のMIRV再突入機を搭載し、各々核弾頭を搭載することができる。

従来のDF-5B型ICBMは6〜8個の核弾頭を搭載していた。

ICBM「DF-5C」の最後のテストは2017年に実施されました。

MIRVの数が増えたということは、中国がこれまで米国が考えていた推定250発以上の核弾頭を保有しているということかもしれない。

スクリーンショット_(1410)[1]
FVdvSyIWUAAt1a5