Εισήγηση CIA: Ποιες επιλογές υπάρχουν και πώς θα αντιδράσουν οι ΗΠΑ αν ο Πούτιν πατήσει το «κουμπί» – Τα πυρηνικά σενάρια - WarNews247

CIAの説明:プーチンが「ボタン」を押したら、どんなオプションが存在し、米国はどう反応するか - 核のシナリオ

「終末の日」のあらゆる選択肢を検討中
bulava

モスクワが引き続きウクライナ戦争を「特別軍事作戦」と呼んでいることによる一部動員を発表したウラジーミル・プーチンの演説と、大量破壊兵器の使用についてハッタリではないとの発言を受け、核紛争のリスクに関する議論が「再燃」している。

問題の一つは、何カ月も前から核兵器についてロシアに私的なメッセージを送っているアメリカが、どのように反応するかということだ。同時に、マシュー・クロニングなどのアナリストは、プーチンのロシアに対抗する方法を提案している。

元CIA職員で、大西洋協議会戦略・安全保障センターの副所長である同氏は、「大統領へのメモ」で自らの立場を公表している。

なお、クロニング氏は、ジョージ・W・ブッシュ、バラク・オバマ、ドナルド・トランプの各政権下で米国防総省や情報機関に勤務し、中東戦略や核・ミサイル防衛戦略を専門に担当してきた。

彼は、ウクライナの反攻が目的を達成し続け、クレムリンが戦争に負けるかもしれないと認識した場合、ロシアは核兵器を使用する可能性があると主張している。

その場合、クレムリンは戦略的目標を推進し、世界中の米国の利益を損ない、必然的に1945年以来見られなかったような人道的大惨事を引き起こすだろうと、彼は指摘する。

クロニングは、潜在的な災害を防ぐために、ターゲットを絞った抑止戦略の必要性を強調する。

クロニングが語る米国のあるべき姿

元米国政府高官によれば、米国は、ロシアが核兵器を使用した場合に深刻な結果をもたらすという、意図的に曖昧な脅しを公に発するべきだという。同時に、米国はロシア軍に軍事的打撃を与えるために通常手段を用いる用意があるはずである。

核の脅威はロシアの軍事戦略の中核であり、ウクライナへの核攻撃を排除することは誰にもできない、と分析する。

ロシアのいわゆる「エスカレート・トゥ・デスカレート」戦略では、モスクワに有利な条件で紛争を終結させるために、核による威嚇と、必要であれば限定的な核兵器の使用が必要とされる。

ロシアは以前からウクライナに対してデュアルキャパシティ(核弾頭と通常弾頭を搭載できる)兵器を使用し、核戦力の演習を行い、欧米にメッセージを発信してきた。

クロニング氏が指摘するように、ロシアには非戦略的核攻撃を行うための幅広い選択肢があり、ウクライナ軍、基地、倉庫、さらには都市といった目標に対して、すでに保有している数千発の低出力核兵器のうち一つ以上を使用することができる

しかし、人道的破壊に加えて、小規模な攻撃でさえ、ウクライナ軍を無力化し、降伏に追い込み、アメリカの権益を害し、西側同盟を分裂させるだろうと、分析は強調している。

また、限定的な核兵器の使用であっても、数十年来のタブーを破ることになり、核兵器を持つ他の国際的プレーヤーが目標達成のために核兵器の使用を検討するきっかけとなる可能性もある。

さらに、そのような開発は核軍拡競争につながる可能性がある。

より明確な抑止力としての脅威

ロシアがウクライナで核兵器を使うことを抑止するために、米国はより明確な抑止力の脅威を発しなければならない、とクロニングは強調する。基本的には、米国はモスクワに対する漠然とした脅威と具体的な脅威の間を行き来し、適宜、公にあるいは非公開で伝達することを選択することが可能である。

現時点では、プーチンは西側諸国から大きな障害や反応を受けることなく核兵器を使用できると考えていると考えられており、それだけに西側諸国の明確な姿勢が抑止力になる可能性がある。その場合、米国が何か言えば、そうしなければならないだろう。

しかし、もしロシアがウクライナ領内で核兵器を使用した場合、米国はどのように対応できるのだろうか?大西洋評議会のコラムニストによれば、2つのシナリオがある。

ファーストシナリオ

制裁をエスカレートさせ、モスクワをさらに孤立させる。同時に、ウクライナに近代的な兵器システムを装備し、東欧の軍事力を強化する。

  1. 核兵器の使用は、インドや場合によっては中国など、これまで消極的だった国々を対ロ制裁の強化に参加させる機会にもなり得るだろう。
  2. アメリカ合州国は、ウクライナに、ロシア領内をより深く攻撃するためのより高度な武器を提供することができるが、同時に、ウクライナの部隊が核環境で活動できるように支援することもできる。これには、ヨウ素剤、放射線防護服、ガイガーカウンター、その他の関連機器を提供することも含まれます。
  3. また、アメリカとNATOは、より重武装した軍隊の存在により、東ヨーロッパにおける軍事的地位を強化することも可能です。
  4. 彼らはポーランドに核兵器を設置することもできるが、スタンドオフ空対地ミサイル(JASSM)や地上発射型巡航ミサイル(GLCM)の開発など、欧州で低収量の核兵器を追加開発することを発表する可能性もある。

このシナリオに基づけば、アメリカは核警戒態勢に入り、NATOの同盟国に対する核攻撃の可能性を防ぐために、目に見える形で、秘密裏にではなく、爆撃機に核弾頭を搭載し、原子力潜水艦を各地に配備することが可能となる。

次に、ジョー・バイデンへの手紙の著者は、このシナリオのメリットとデメリットを提示していく。

メリットは これらの措置は、ロシアにコストを課すと同時に、ワシントンは抑止力の脅威を忠実に実行したと合理的に主張することができる。

デメリットは、このような措置は、多くの敵味方が核攻撃への対応として不十分であると考える恐れがある。

セカンドシナリオ

ロシアが核兵器を使用した場合、アメリカは軍事力で対応する可能性があることは、第2シナリオでも指摘している。

オプション2A:

具体的には、米国はこの攻撃に直接関与したロシア軍またはロシア軍基地に対して限定的な通常攻撃を行うことができる。さらに、アメリカはウクライナ人と一緒に戦うこともできる。

メリットは アメリカの直接的な軍事介入は、パワーバランスを回復させ、核兵器の使用に関する数十年にわたる恐怖のタブーを回復させる可能性のある実質的な抑止反応として広く認識される可能性がある。

デメリット

アメリカの軍事的な反応はエスカレートのリスクを高め、ロシアとNATOの直接戦争につながる可能性がある。

また、ロシアは米国が核兵器を使用する意思がないと判断し、これが追加核攻撃のインセンティブとなる可能性がある。

また、核攻撃に対して米国が通常兵器で対応した場合、一部の同盟国に不安感を与え不十分な対応と見なされる可能性があることもマイナス面である。

オプション2B:

もしロシアが核兵器を使用すれば、米国も核兵器を使用して報復することができ、モスクワのさらなる核使用の抑止力として機能する。

メリットは 米国の核対応は、抑止力として機能し、同盟国を安心させることにつながり、また、いかなる国家も結果を被ることなく核兵器を使用することはできないというメッセージが伝わり、将来的に核使用に対する世界のタブーを回復する可能性が非常に高い。

デメリットは米国がロシアへの核攻撃を決定した場合、どの標的をどの核兵器で攻撃するかというジレンマに直面することは避けられないだろう。

また、米国の核攻撃によってロシアが報復攻撃を行う可能性があり、その結果、予測不可能なエスカレーションが起こり、大きな人道的破局を迎えることは間違いないだろう。

結論としてクロニングは、抑止力が働かない場合の米国の対応として、シナリオ1とオプション2Aの組み合わせが最適であると考えている。

それはつまり、制裁をエスカレートさせ、モスクワをさらに孤立させる。同時に、ウクライナに近代的な兵器システムを装備し、東欧の軍事力を強化する。

ウクライナにおけるロシアの侵略に対抗するための継続的な努力の強化や、ロシア軍や核攻撃が行われた基地に対する限定的な通常攻撃の実施とともに。


Αρμαγεδδών: Η Ρωσία ετοίμασε ειδικό πυρηνικό όπλο για χρήση στην Ουκρανία - Ηλεκτρομαγνητικός παλμός θα "ψήσει" τον εξοπλισμό - Τι εξετάζουν ΗΠΑ-ΝΑΤΟ - WarNews247
ハルマゲドン: ロシアがウクライナで使用する特殊な核兵器を準備 - 電磁パルスで機器を「破壊」 - 米・NATOが考えていること
nuclear-war-1

ウクライナの戦場で戦術核兵器が使用される時間は刻々と迫っている。欧米の諜報機関は、ロシアはウクライナで「特殊戦術核」を爆発させると結論付けたと報じられている。

NATOの関心事は、ロシアが戦術核爆弾を1発だけ使うのか、それとも複数発使うのか、その威力はどの程度か、そしてその後NATOはどう対応すべきなのか、ということである。

人類は今、最も重要な時期を迎えています。この特殊な戦術核兵器が使用された直後に何が起こり、アメリカとNATOがどのように対応するのかに、今、誰もが注目しています。

アナリストは、モスクワは1つ以上の「戦術的」核爆弾または戦場の核爆弾を使用する可能性が高いと述べている。

これらはアメリカの最大戦略弾頭の1.2メガトンやロシアが1961年に実験した58メガトンの爆弾に比べ、0.3キロトンから100キロトンの爆発力の小型兵器である。

すべての戦争に勝利するために設計された戦略核兵器に比べ、戦術爆弾は戦場での影響が限定されるように設計されています。

しかし、「小さい」「限定的」というのは相対的なものです。1945年にアメリカが広島に投下し、壊滅的な効果をもたらした原爆は、わずか15キロトンでした。

電磁パルスは電子機器を無力化する

欧米のアナリストによれば、ロシアがウクライナに戦術核爆弾を使用する目的は、ウクライナを脅して降伏または交渉に応じさせ、同国の欧米支持者を分断することであるとしている。

ワシントンのCSIS国際安全保障プログラムの軍事専門家、マーク・カンシアン氏は、ロシアはおそらく最前線では核兵器を使用しないだろうと指摘する。

20マイル(32キロ)の領土を占有するには、20個の小型核爆弾が必要であり、核兵器や放射性降下物の輸送という巨大なリスクに対して小さな利益しか得られない。

「1つだけでは不十分だ」とカンサンは言う。

モスクワは代わりに、ウクライナの海上または上空で核爆弾を爆発させ、ウクライナの電子機器を無力化する電磁パルスを発生させることで、強いメッセージを送り、大きな犠牲を避けることができるでしょう。

これが最も可能性の高いシナリオです。

あるいは、ウクライナの軍事基地やキエフなどの都市部を攻撃し、多くの死傷者を出し、同国の政治指導者を殺害する可能性など、より大きな災害を選択することも考えられます。

そのようなシナリオは、「NATO同盟とプーチンに対する世界のコンセンサスを分断するために作られた可能性が高い」と、元ホワイトハウス核政策専門家のジョン・ウォルフストール氏は金曜日にサブスタックに書いた。

しかし、「成功するかどうかはわからないし、決意というより自暴自棄と見られてしまうかもしれない」と彼は言いました。

欧米は核兵器で対抗すべきか?

西側諸国は戦術核攻撃にどう対応するかについてあいまいなままであり、選択肢は複雑である。

米国とNATOは、暗黙の核の脅威を前にして、弱さを見せたくはない。

しかし、NATOに加盟していないウクライナでの戦争が、より大規模で破壊的な世界規模の核戦争にエスカレートする可能性も避けたいはずだ。

専門家によれば、西側諸国は対応せざるを得ず、その対応は米国だけでなく、NATO全体、グループとして行わなければならないという。

どのような対応であっても、「そのような打撃によってプーチンの軍事的状況が改善されず、結果として彼の政治的、経済的、個人的な立場が損なわれないようにしなければならない」とウォルフストールは述べている。

米国はNATO諸国に約100個の戦術核兵器を配備しており、ロシア軍に対しても同様の対応を取ることができる。

大西洋評議会のマシュー・クロニング氏によれば、これは決意を示し、モスクワにその行動の危険性を思い知らせることになるという。

しかし、「ロシアの核報復を誘発し、より大規模な核交換とさらなる人道的大惨事のリスクを高める可能性もある」とも付け加えた。

もう一つのリスクは、NATO加盟国の一部が核対応を拒否し、同盟を弱体化させるというプーチンの目的を達成することである。

ロシアの核攻撃への対応として、ウクライナにロシアを攻撃するための殺傷力の高い兵器を提供する可能性があると専門家は指摘する。

「ロシアの核兵器使用は、インドや中国など、これまで制裁強化に消極的だった国々を説得するきっかけになるかもしれない」と、クロニング氏は指摘する。

さらに、米国はウクライナにNATO軍機、パトリオットやTHAAD対空・対ミサイルシステム、ウクライナ軍がロシア奥地を攻撃するために使用できるATACMS長距離ミサイルを提供することが可能です。

「ウクライナの軍隊にどんな制限があろうとも-そして、いくつかの制限はあると思うが-、それをすべて取り除くと思う」とカンサン氏は述べた。


以下省略


Hal Turner Radio Show - Nuclear Attack Subway Signs in New York City
ニューヨーク地下鉄に核攻撃による放射線緊急事態に対する対処法が設置されました。
NYC-Subway-Nuke-Attack-Signs

・衣服の上着をすべて脱ぐ

・洗濯またはシャワー

・清潔な衣服を身につける

・他の人やペットを助ける

・メディアで情報を得る



※食糧が無いのか?
ウクライナのナチス兵は、ロシア兵の首を斬首して料理をして頭を食べる。
写真を見る方はサイト先に、料理中.....
ハルターナーラジオショー - ウクライナの兵士の斬首、調理、およびロシア兵士の人間の頭を食べる (halturnerradioshow.com)