Hal Turner Radio Show - Poland Begins Distribution of Iodine Pills for "Nuclear" Emergencies; Passes "Protection" Law looks suspiciously like Martial Law

ポーランドは「核」緊急事態に備えヨウ素剤の配布を開始、戒厳令に似た「保護法」を成立させた

熱核戦争

ポーランドは、ウクライナのザポロージャ原子力発電所に対する攻撃の可能性がある「核事故」を恐れて、国民へのヨウ素剤の配布を開始しました。ポーランドに放射能が流入する恐れがあるとしている。

これは、ロシアのプーチン大統領が、ロシアが危険にさらされた場合、核兵器を使用する意思があることを明らかにしたわずか一日後に起こったことです。

この状況、特にウクライナ/NATOとロシアの関係に細心の注意を払っている人には、ポーランドがすでにNATOのウクライナに対する計画を知っていて、ロシアの反応が核になるかもしれないので、ポーランドはヨウ素剤を出さなければならないと気づいているからだ、という考えが浮かぶかもしれない。

しかし、もっと重要なことは、ポーランドが新しい「国民保護法」を制定したことです。この法律には、「強制隔離」「強制建物取り壊し」「私有地の占拠」「デモや集会の禁止」「強制避難」「個人ビルやアパートの強制占拠」「強制価格」などの条項が含まれています。

この法律は2023年1月1日に施行され、ポーランドの議会はいつでも過半数以上の票を獲得すれば撤回することができます。

(ハルターナー注釈:ポーランドは第三次世界大戦がまもなく始まることをすでに知っているのだろうかと、考える人にはほとんど十分な内容ですか?)


Hal Turner Radio Show - Russian Duma Speaker: If the west doesn't stop arming Ukraine . . .

ロシア下院議長:もし欧米がウクライナの武装を止めなければ......

SpeakerVolodin_large

ロシア下院のヴャチェスラフ・ヴォロディン議長は、もし欧米諸国がウクライナへの武器や傭兵の派遣を止めなければ、「明日には今よりずっと深刻な問題を抱えることになるだろう」と公言しました。

彼は続けて、「アメリカの衛星とミサイルは軍事作戦用で、ウクライナ人は消耗品の役割を割り当てられている」と言った。

これは、ロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフが、「アメリカはウクライナ戦争の戦闘員になる危険がある」と、再び警告したことに起因する.. .



ロシアのプーチン大統領は、西側諸国に対して、ロシアは高性能の核兵器を持っており、ロシアを守るために「それを使用する」と念を押したばかりであった。

ロシアはウクライナ国内で特殊軍事作戦を開始して以来、外部の組織が干渉すれば軍事攻撃を受ける危険があると繰り返し警告し、注意を促してきた。 しかし、アメリカ、イギリス、フランス、そしてNATO諸国は、執拗に干渉を続けている。

ロシアがもう十分だと判断し、ロシア人をウクライナで死なせている人々が、自分たちの決定の結果として戦闘を間近で体験できるように、「意思決定センター」にミサイルを撃ち始めるまで、どれくらいかかるのだろう?