Dr. Judy Mikovits sounds the alarm on EXPLODING cancer rates courtesy of COVID vaccines – NaturalNews.com
ジュディ・ミコヴィッツ博士がCovidワクチンによるガン発生率の爆発的増加に警鐘を鳴らす
Judy-Mikovits-science-warning

(ナチュラルニュース) ジュディ・ミコビッツ博士は、武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンが展開されて以来、癌の発生率が急速に上昇していると警告しました。しかし、エリートたちは、この癌の増加を気候変動など他のもののせいにしている。

ミコビッツは「The Stew Peters Show」のシチュウ・ピーターズに、エリートたちがいかに「気候変動」をグリホサート中毒の隠語として使っているかを語った。グリホサートは、発がん性除草剤として知られている化学物質であるが、偶然にもmRNA COVID-19ワクチンの成分でもあります。


「グリホサートは、全ての予防接種と組み合わさって、昨年の発癌率を押し上げているだけでなく、1986年に全ての責任が取り除かれて以来、文字通り発癌率を押し上げていたのです」と、ミコビッツは言いました。「私達は、過去10年半の間、安全でない、未検査のワクチンが、癌の爆発的増加に結びついていることを証明することができました。(関連記事:ヘルスレンジャー報告:COVID-19ワクチン展開以来、癌患者が1000%増加、ジョナサン・ランズマンはマイク・アダムスに語った。)


ミコビッツ博士は、COVID-19ワクチンを注射された482人に1人が1ヶ月以内に死亡していることを指摘し、ワクチンは人々のDNAを変え、人々の癌発生率を高めるように設計された生物兵器であるという警告を強調しました。このことから、COVID-19ワクチンは文字通り、癌を引き起こすタンパク質を注射し、癌細胞の合成を誘発するものであることを強調しました。


また、「ワクチン法廷」とも呼ばれる米国連邦請求裁判所の特別法廷(Office of Special Masters)で、同僚とともに鑑定人として証言したこともピータースに語りました。ミコビッツによれば、軍隊に所属する若い女性がわずか21歳で乳癌を発症しているそうです。このがんは、軍人が若くして受ける、さまざまな強制的なワクチンと関係している可能性があります。

研究者・著者によると、1986年の全米小児ワクチン傷害法は、ワクチンの安定した市場供給を確保し、ワクチン傷害の請求に対して費用対効果の高い仲裁を行う方法として、ワクチン関連の傷害または死亡に対する連邦無過失責任制度を創設しました。この法律では、いかなるワクチン製造業者も、「やむを得ない副作用や製造業者が直接警告を行わなかったことのみに起因するワクチン関連の傷害や死亡から生じる損害について民事訴訟で責任を負うことはない」と定めている。


しかし、ピータースは、COVID-19ワクチンは、導入以来、利益よりも害を与えてきたと言及した。

「このワクチンのように予防接種が推進されたことは、私が記憶している限り、我が国の歴史上、一度もなかった」と彼は言った。「だから、癌の発生率が爆発的に増えても、誰も驚かないはずです」。

ミコビッツ:今こそ健康回復の時です

ミコビッツは、COVID-19のワクチンを注射された人たちは、まだ体を以前の健康状態に戻すことができると考えている。

「私たちは最初からそれを修正することができます。」「それは私たちがそれをしたことだからです」、と彼女は言った。「注射をやめて、自然免疫系の治療を始め、環境から毒を出し、神から与えられた自然な自然免疫を回復させなければなりません。」

彼女はまた、注射には常に毒があり、最も影響を受けやすい人は癌で死ぬことがあると指摘した。しかし、予防接種をやめれば、自然に治癒することができると指摘した。


「イベルメクチンだけでも、注射による癌を止めることができた。」とミコビッツは言い、いくつかの症例でそれを行ったと説明した。さらに、イベルメクチン治療後のPETスキャンでは、癌の活性がなくなっていることが確認されました。

「私が国立癌研究所を始めたとき、私たちには武器があり、その武器にお金を払いました。私たちは、適切な天然物療法や、納税者が開発し、購入し、支払った他の療法を使用する必要があります。このような被害者が再びお金を払うべきではありません」と述べています。

シチュー・ピーターズとジュディ・ミコビッツ博士の会話で、COVID-19ワクチン接種後にがん発生率が爆発的に上昇していると警告しています。






本日、お勧めに出ていました