Prozess in Köln: AstraZeneca verweigert Schadenersatz bei Impfschaden - Impfling sei selbst schuld (report24.news)
ケルンでの裁判:アストラゼネカがワクチン被害の補償を拒否-被接種者は自己責任で
urteil

現在、ドイツでは、問題になっているCovidワクチンを開発した製薬会社に対して、ますます多くの訴訟が起こされている。MDRの報告によると、最も進んだケースは、アストラゼネカ社のワクチン接種後に脳血栓症を起こした37歳の男性の事例に関するものです。医師は明らかにワクチンによる被害であることを確認しています。しかし、アストラゼネカは損害賠償の支払いを拒否しています。理由は、リスクはわかっていたこと、そして、どうせ注射してもらっても、被接種者の自己責任だということです......。

世界中の政府の支援を受けて、副作用の多いCOVIDワクチンを市場に出した製薬大手は、自分たちに都合の良いように考えている。ワクチン接種後に深刻な健康被害を受けた人は数え切れないほどいるが、メーカーはその責任を回避しています。彼らにとっては、市民が直接・間接の強制接種によって注射を受けることを強要されたことは問題ないのです。ワクチン接種の時点でその危険性がわかっていたのなら、とりあえず製剤を注射したとしても、それは被接種者の自己責任であると主張します。

2021年5月にアストラゼネカ社のワクチン接種後に副鼻腔静脈血栓症を発症し、本人の供述によれば、医師の非常に迅速な対応により一命をとりとめた37歳の男性のケースでは、ワクチン接種が緊急医療の原因となったことは確かである。複数の医師が確認している。ヴィースバーデンの弁護士ヨアヒム・シーザー・プレラー(37歳)は、「ワクチン接種のケースでは珍しく、医療報告書の証言は明確である」と評する。それなのに:アストラゼネカは補償を厳しく拒否しています。MDR レポートにはこう書かれています。

MDRが入手した書簡の中で、同社はワクチン「Vaxzevria」の「ポジティブなリスク・ベネフィット・レシオ」を強調している。血小板減少を伴う洞静脈血栓症の「非常に低い」リスクは、ワクチン接種時にすでに知られており、製品情報の一部となっていました。したがって、このような「極めて稀なリスク」が個々のケースで「残念ながら現実のものとなった」としても、損害賠償を支払う義務はないのである。

37歳の彼は、アストラゼネカが裁判外での支払いを拒否し、約8000ユーロを前払いしなければならなくなったため、アストラゼネカを訴えたのです。 彼は30,000ユーロの損害賠償を要求している- 巨大製薬企業にとっては少額だが、もし世界中のワクチン接種の被害者が数万ユーロの訴訟を起こせば、おそらく同社は経営難に陥るだろう。この訴訟は現在、ケルン地方裁判所で審理されています。裁判官は、ワクチン接種が病気の原因であるかどうか、またアストラゼネカの情報が「特に-当時の医学的見地から-血栓症や血小板減少症の可能性に正しく対応していたか」を評価する専門家に委託しています。

この裁判の結果は、シグナル効果があると思われます。もし、ワクチン製造会社が正しいと証明されれば、ワクチン接種を受けた人は、接種時に分かっていた副作用の責任を負わなければならなくなる。つまり、「危険を冒すと、損害を被るのは運が悪い」ということです。しかし、これは当時のドイツではワクチン接種に対する大きな圧力があり、ワクチン接種の法的義務が成立する予定であったという事実を無視したものです。また、ワクチン接種のリスクに関する正しい情報は、ワクチン接種センター、ワクチン接種用バス、大多数のワクチン接種医からは提供されませんでした。連邦保健大臣のカール・ラウターバッハは、ワクチン接種には副作用がないことを繰り返し大々的に宣伝していたほどです。

一方、原告の主張が正しいと判断されれば、これを契機にワクチンメーカーを相手取った訴訟が多数発生することになるでしょう。そうなると、アストラゼネカ社だけでなく、他の企業も相当な覚悟が必要になってくるはずです......。