Selbst US-Präsident Biden hält unmissverständlich fest: "Die Pandemie ist vorbei!" (report24.news)
バイデン大統領でさえ、「パンデミックは終わった!」と明言している。
biden

ニュージーランドのゼロ・COVID支持者でさえタオルを投げ入れ国民を正常な状態に解放した後、ジョー・バイデン米国大統領もいわゆるパンデミックの終息を宣言した。秋から冬にかけて、コロナ独裁政権の復活に道筋をつけたドイツが、ほぼ独走している。

昨日、日曜日に放送されたインタビューで、ジョー・バイデンは、「パンデミックは終わったのか」と問われて、こう宣言した。 「COVIDはまだ問題だが、いわゆるパンデミックは終わった」と明確に断言している。



バイデンは、インタビューの時、対談相手のマスクフリーと同じく、デトロイトの自動車ショーに参加していた。「見てのとおり、誰もマスクをしていない。皆、かなり調子がいいようだ。だから、状況は変わってきていると思うし、これは完璧な例だと思う」

一方、ドイツでは(振り出しに戻り)先日、新感染予防法連邦参議院を通過し、包括的なマスク着用義務や検査体制の復活などが可能になりました。強制的な措置の発動が可能な場合について、意味のある基準が明示されていないため、再び恣意的なドアが開かれることになります。国が、医療システムに過剰な負担をかける危険性があると判断すれば十分である。特にCovid-19によって、これまでそうであったという事実は、長年存在する医療分野の熟練労働者不足に鑑みれば、証明されていないものと見なすことができます。