Schweden: Rechtsbündnis siegreich - WEF-Marionette Andersson erklärt Rücktritt (report24.news)
スウェーデン:右派連合の勝利 - WEFの傀儡アンデルソンが辞任を表明
schweden

スウェーデンの穏健派、スウェーデン民主党、キリスト教民主主義者、自由主義者の中道右派連合は、社会民主党を中心とする左派連合に対して、独自の立場を貫いた。アンデルソン首相はすでに敗北を認めている。

スウェーデンの選挙スリラー後、社会民主党のマグダレナ・アンデルソン(財務大臣として2020年にダボスのWEFに出席し、2021年に世界経済の再起動を支持して世界的なワクチン接種を呼びかけた)に代わって、保守派の政治家ウルフ・クリスターソンが新首相になる可能性が高くなった。一方、約99.5%の票を集計した結果、クリスターソン率いる中道右派連合が過半数の議席を獲得したことは明らかであり、スウェーデン民主党(SD)は第2党として、最大の得票数を獲得した。


速報:スウェーデンの右派ブロックが議会選挙で過半数を獲得、極右のスウェーデン民主党への支持に後押しされた劇的な変化となった。



SDのリーダーであるジミー・オーケソンは、「今、スウェーデンを再び良い国にするための作業が始まる」とFacebookに書き込んだ「我々は8年間、国を間違った方向に導いた失敗した社会民主主義政策にはもうたくさんだ。今こそ、安全、繁栄、結束の再構築を始める時です。今こそスウェーデンを第一に考える時だ」と書きました。アンデルソン自身も負けを認め、首相を辞した。



社会民主党率いる中道左派連合を176議席対173議席で追い抜いた中道右派連合は、国内で横行する移民犯罪に対して、それまでの左派与党政権よりもやや厳しい路線をとることが予想される。


※とりあえずWEF側が負けるのはいいことですな....