Es geht los: Biontech erstmals in Deutschland wegen Impfschäden verklagt (report24.news)
お待たせしました:バイオンテック、ドイツで初めてワクチン被害で訴えられる
justice

デュッセルドルフの法律事務所が、ワクチンメーカーのバイオンテック社に対し、同社のワクチンによる健康被害について6桁の賠償金を求める訴訟を起こしました。弁護団は、ワクチン被害者に対する同社の無礼で無責任な扱いを糾弾しています。

メディアの報道によると、法律事務所ロガート&ウルブリッヒは、バイオンテックと法廷外での和解が成立しなかったと述べているとのことです。その結果、現在、いくつかの案件で6桁の訴訟が起こされています。損害賠償や情報提供の請求に正しく対応し、それぞれの事実に対処する代わりに、ファイザーの書式を参照するだけだっただろうと、弁護士たちはワクチンメーカーの行動を厳しく批判しています。

マルコ・ロガートは、「被害者は自分たちのことを真剣に受け止めてくれているとは思っていない。ワクチン接種後、彼らは生命を脅かすようなかなりの健康問題に悩まされているだけではないのです。今、責任ある企業も責任を果たすどころか、傲慢にも冷遇しているのです。 その弁護士のクライアントは、たいていEMAやPEIなど、別の場所ですでに苦境を語っていました。「特に健康への多大な被害を伴うケースでは、被害者が期待できるのは、そこで事実が真剣にに扱われることです。」

トビアス・ウルブリッヒは、Covidワクチン接種と様々な病気との間に明確な関係があると見ています。「世界中でますます多くのワクチン被害が明るみに出てきており、多くのワクチン接種者が、現在の病気がmRNA注入と関係していることに今ようやく気付き始めています」と述べました。例えば、8月28日には、「VAIDSは病気ではなく、病態の説明であり、罹患者の数値からワクチン接種後の免疫システムの障害が確認されたからだ」とツイートしている。

ワクチン障害を起こした方全員について、免疫の数値を調べてもらったところ、mRNAワクチンによって免疫系が破壊されるという科学的な考え方が確認されました。ワクチン後天性免疫不全症候群(VAIDS)は病気ではなく、病態の説明です!



彼は、健康被害とワクチン接種との間に関連性がないことを証明するのは、ワクチンメーカーの義務であり、被接種者の義務ではない、と考えているのです。これは、薬事法で規制されていると言います。

デュッセルドルフの法律事務所ロガート・ウント・ウルブリッヒは、ワクチン接種被害とその結果についての法的対応を専門としています。また、機関別接種義務の影響を受ける人へのアドバイスや代理人も務めています。