Chinesen ohne PCR-Test schlafen auf der Straße: Ihre Wohnhäuser verweigerten den Zutritt (report24.news)
PCR検査を受けていない中国人は路上で寝ている:自宅の立ち入りを拒否される
eintritt_china

これは、WEFとその共犯者がヨーロッパで夢見ているように、完全な強制的支配を伴う社会的信用システムの最終的な拡張です。深センでは、一部の市民が義務付けられたPCR検査を受けるのに間に合わなかった。その結果、証明書は「赤」と表示され、住宅への立ち入りを拒否された。

今、ヨーロッパでも大躍進を遂げているこの未来がどのようなものなのか、よく考えてみる必要があります。これは、来るべき「より良い世界」でより多くの特権を受け、支配者層や統治者層に属することを明らかに夢見る、政治家やメディアの買い支えによって可能となったのです。彼らもまた、大きな衝撃を受けることでしょう。

昨日の深センでは、多くの人が路上で寝なければなりませんでした。完全コンピュータ化された自宅の入館システムが、ドアを開けてくれませんでした。

深センは、新世界秩序の第一の実験場となる可能性が高いです。また、夜間は街灯を消しています。「環境保護のため」です。中国ではエネルギーやガス不足に悩む人はいないため、このタイミングでの施策は非常に興味深い。この狂気はヨーロッパ人に委ねられていて、彼らはEUの指導者だけでなくドイツの政治にも盲目的に従って破滅していくのです。また、深センでも完全なロックダウンの被害が何度も起こりました。

昨日、深圳でPCRテストを受けられなかったため、QRコードで建物に入れず、路上で寝なければならなかった中国人がいました。


また、鋭利な刃物を短い間隔で取り付けた特殊な有刺鉄線で検疫区域をバリケードで囲う様子も、深センで撮影したものです。ヨーロッパで中国のような状況を望む人は、長い間平和、民主主義、安全保障を特徴としてきた国々で、まさにこうした光景を望んでいるのです。