US-Irrsinn: Ungeimpfte illegale Migranten dürfen rein, aber Djokovic darf nicht Tennis spielen (report24.news)
米国の狂気:ワクチン未接種の不法移民は受け入れるが、ジョコビッチはテニスに参加させない
djokovic

COVIDの実験的なワクチン接種についてどう思うかは別として、アメリカ政府は偽善と二重基準において群を抜いている。不法移民はワクチンも検査も受けずに米国に入国できるが、テニス界のスター、ノバク・ジョコビッチはそこでテニスをすることが許されない。

テニスのスター選手、ノバク・ジョコビッチは今年の全米オープンに出場したいのですが、実験的ワクチンであるCovidを拒否しているため、出場が許されませんでした。これは、mRNAワクチンを製造するモデルナが、世界的に有名な大会のオフィシャルパートナーであることと関係があるのかどうか、疑問に思うのはもっともなことです。

しかし一方で、民主党が率いる米国政府は、米国領土に入国した無数の不法移民が遺伝子注射を受けたかどうかさえ気にしていません。まさにバイデン政権が、実験的で論争の的になっているこれらのワクチンの接種を何度も何度も人々に呼びかけているにもかかわらずです。

同局によると「どうして移民はワクチンなしで入国できるのに、世界的なテニス選手はダメなのか?」とホワイトハウスのカリーヌ・ジャンピエール報道官に質問しました。「米国政府は、個々のビザのケースの詳細について話すことはできません。プライバシー保護の観点から、今回のテニス選手のように、アメリカも旅行者個人の医療情報についてはコメントしない」と回答した。

その後、報道官は、独自のプロトコルを持つ米国疾病管理予防センター(CDC)への質問を紹介し、「それらは2つの異なるものだ」と述べた。しかし、Fox Newsの記者は、ジャンピエールの発言についてさらに追及した。「ワクチン未接種 で飛行機に乗ってきた人がいたら、それはダメだと言うんですね。ワクチンなしでテキサスやアリゾナに(不法入国で)来た人が滞在できるんですか?」

「そう簡単にはいかないんです。...いきなり誰かが来るわけではないんです」と答えると、「ここではまさにそうなんです!」とドゥーシーが言い返した。「毎日、何千人もの人がやってくる。中には自首する人もいる。捕まる人もいる。週に何万人もが捕まらない。そういうことです」と言った。

このジャーナリストは、適切な措置を講じようとしない米国政府の二枚舌ぶりを暴露したのです。結局、米国でも強制接種は行われていない。特に、予防効果の低さと外国人の保護の欠如を考えると、いずれにせよ無意味なことではある。おそらく、ドゥーシーのような批判的なジャーナリストは、CDCとバイデン政権に対する世論の圧力を高め、最終的に正常な状態に戻すことを余儀なくさせるだろう。