Putin traf WEF-Schwab im Jahr 2019: "Haben Sie immer unterstützt und werden es weiter tun!" (report24.news)
プーチンは2019年にWEFシュワブ氏と会談:常にあなたを支持してきたし、今後もそうする!
スクリーンショット_(1354)[1]

2019年11月27日の会談の様子や会談のテキストは、現在もクレムリンのホームページ公開されています。ウラジーミル・プーチンは、世界経済フォーラム(WEF)の創設者兼リーダーとして物議を醸している人物に、全面的な支援を約束した。世界の大国の大統領が、選挙で選ばれたわけでもないWEFのトップと直接対決し、お互いに「良い協力」を保証し合うというのは、おかしな話である。

いわゆる市民社会では、クラウス・シュワブやジョージ・ソロスのように民主的な選挙に直面したことのない人物が、明らかに世界中のどの政府にも24時間いつでも自由にアクセスできることを誰も気にしていないようである。それが世界の大国ロシアでも可能であることに疑問を感じる。ロシアは、「独裁的」で「権力的」であり、主要メディアによって「悪」として描かれているはずだが、いわゆるパンデミックの開始直前には、クラウス・シュワブへの事実上の忠誠誓う以上のことは知らないのだろうか?

プーチンの理解できない従属ぶり

プーチンの卑屈な振る舞いは、深く憂慮される。この文章は、ロシア大統領の口からシュワブに向かって発せられたものらしい。 (「だから、私たちはあなた方を手本にしているのです。期待を裏切ることなく、一致団結して取り組んでほしい。」 原文のソース kremlin.ru)

期待を裏切らず、力を合わせて頑張ってほしい」というのは、どういう意味でしょうか?軍事力もなく、指揮権もない、少なくとも民主的に正当化され、可視化されていない私人に対して表明される?

以下は、クレムリンのサイトに掲載されている英語とロシア語の文章を
自動翻訳したものです。

世界経済フォーラム会長 クラウス・マーティン・シュワブとの会談

サンクトペテルブルクを訪問中のプーチン大統領は、世界経済フォーラムのクラウス・マルティン・シュワブ会長と会談した。

2019 年 11 月 27 日

ロシアのプーチン大統領:シュワブさん、心からのご挨拶を申し上げます。またお会いできることをうれしく思います。

世界経済の現状は、誰もが知っているところです。問題は山積みで、予測不能な変数も増え続けています。

世界のGDP成長率は低下しています。WTOによると、貿易の成長率は4%と予測されていますが、実際は1.2%程度と予想されています。

だからこそ、あなたの国際的な場である世界経済フォーラムが求められ、大きな恩恵を受けているのです。国際法に従ってオープンに仕事をしようとする人々を支援し、ビジネスと政府関係者の接触を促進します。

このため、私たちは、あなたが設立したフォーラムとの関係を常にサポートし、今後もサポートし続けます。もちろん、これまでも、そしてこれからも、ロシアの代表者は皆さんのイベントに参加します。

また、私たちは、ロシアのパートナーとのビジネスコンタクトを構築することを主な目的とした同様のイベントを開催しています。ご存知のように、ここサンクトペテルブルクではビジネスフォーラムを開催していますし、極東、シベリア、南ロシアでもさまざまなイベントを開催しています。だから、私たちはあなたをお手本にしているのです。
期待を裏切ることなく、力を合わせていきたいと思います。

世界経済フォーラム会長 クラウス・シュワブ議長:大統領、暖かい歓迎をありがとうございます。確かに、私たちは長年にわたって良好な協力関係を保っています。ダボス会議のイベントにロシアの代表が参加することは、私にとって常に重要なことでした。私にとって、常に特別な意味を持つものでした。

前回フォーラムをご覧になってから、多くのことが変わりました。私たちは前進し、今ではスイスの国際的な組織としてのステータスを持つに至っています。私たちの目標は、おっしゃるとおり、起業家と政府機構の間の協力関係を改善することにあります。

私たちは気候・環境問題や経済成長の問題など、私たちが直面する大きな課題は、グローバルレベルでの協力によってのみ解決されると確信しています。

また、モスクワで2日間を過ごしたことで、ポジティブな感情を表現したいと思います。私を第4次産業革命の父と呼ぶ人もいますが、そのことを本に書いたので、それをプレゼントしたいと思います。

また、オレシキン大臣を含め、ロシアは特に人工知能の開発努力で大きな成果を上げることができたと聞いています。グローバルな協力体制も含め、これらの課題をどのように克服していくのかが問われています。新技術の分野でグローバルな協力関係を築くには、具体的な問題が発生すると考えています。AI技術の開発においても、新しいグローバルスタンダード、新しい倫理基準が必要です。そのため、私たちは第4次産業革命の技術を分析するセンターのネットワークを構築しています。

プーチン大統領、世界経済フォーラム会長のクラウス・シュワブ氏と会談



プーチンはWEFのヤング・グローバル・リーダーで、シュワブが欧州経営者フォーラムを設立したときから一緒に仕事をしています。どちらも基軸通貨としてのドルや 原油ドルの終焉、新しい多極化の秩序、プライバシーや私有財産の終焉などを提唱している。






※シュワブは2月24日のロシアのウクライナ侵攻後、ロシアとの関係を断ち切ると声明を出しましたが、この記事の著者は、それがカモフラージュだと思っているのか、プーチンはまだグローバリスト側の命令で動いていると感じているようです。そう思っている人は海外サイトにも一定数以上いると思われます。(グレートリセットを防ぐ手立ては事実上無いのでは?)