※これが10年以内に死ぬ秘密ですか?
保険会社のCEO:「ワクチンを打った人は全員、何らかのエイズを投与されています」

"Everybody who got the shot was given some form of AIDS" - Insurance company CEO (bitchute.com)

2020年3月11日 06:19:13 -0400
NIAID 一般向けお問い合わせ先
Fid: コロナウイルス生物兵器

From アダム・ガートナー
Date 3月 11, 2020 at 6:16:40 AM EDT
To: "ファウチ、アンソニー(NIH/NIAID)[E]"
件名 :コロナウイルス生物兵器製造法

アンソニーさん、こんにちは。
ウイルスはこのように作られました。
tomvision Fusion HIV-)(ACE2) (500ngのp24)を1000ngのp24と混合した。
ASLV-Aエンベロープ、SARS-CoV Sタンパク質、またはその両方を組み込んだHIV-9 p粒子と混合した。
ASLV-Aエンベロープ、SARS-CoV Sタンパク質、または両方のエンベロープを組み込んだHIV-9 p粒子をPBS中、4℃で30分間、結合を可能にした サンプルは、37℃で15分間、コンフォメーション再編成を可能にするために上昇した。ウイルスは、0.1Mクエン酸で所望のplに調整した。PBS、TPCK-トリプシン(最終濃度10ug/ml)。その後、CTSL、カテプシンB(CTSB)(最終濃度2pg/ml)またはCTSLバッファーを単独で添加した。リコンビナントCTSL(R&D Systems)を、氷上、50mM Mes、pH6.0中、10ug/mlで15分間インキュベートすることにより予備活性化させた。25℃で10分間インキュベートした後、ロイペプチン(25pg/ml)およびSTI(75pg/ml)を含むDMEM10を300ul加えることによって、タンパク質分解を停止させた。
その後、ビリオンを37℃で30分間インキュベートし、膜融合を可能にした。100ulのビリオン混合物を、ロイペプチン(20pg/ml)で1時間前処理したHeLa-Tva細胞に4倍希釈で添加した。この細胞をスピン感染させ、37 "Cで$2,000インキュベートした。


HIV=SARS
両方ともマンメイドですからねぇ...
HIV-1 gp41とSARS-CoV S2タンパク質の構造的類似性は、類似の膜融合機構を示唆している - PMC (nih.gov)
スクリーンショット_(1328)[1]

要約

SARS関連コロナウイルス(SARS-CoV)は、新たな新興疾患である重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因物質として同定されています。そのスパイクタンパク質S2は、ウイルス膜と細胞膜の融合を媒介する役割を担っている。本研究では、S2サブユニットの3D構造をモデル化し、このモデルをHIV-1由来のgp41のコア構造と比較した。SARS-CoV S2とgp41は同じ2つのαヘリックスを共有していることが分かり、2つのウイルスが類似の膜融合機構に従う可能性が示唆された。さらなるリガンド結合解析は、HIV-1 gp41由来の2つの阻害剤GGLおよびD-ペプチドがSARS-CoV侵入の阻害剤として役立つことを示した。

キーワード: SARS-CoV, ヒト免疫不全ウイルス1型, 構造的類似性, 阻害剤

コロナウイルススパイクタンパク質は、ウイルスの侵入、ウイルス - 受容体相互作用、宿主範囲の変動、および組織指向性において非常に重要な役割を果たします。大多数のコロナウイルスのSタンパク質は、S1とS2の2つの機能サブユニットに切断されます。Liu et al.  は、SARS関連コロナウイルス(SARS-CoV)のSタンパク質もS1ドメインおよびS2ドメインを形成することを示した。末梢S1部分は細胞受容体認識に関与し、膜にまたがるS2部分はウイルスと細胞膜の融合を媒介し、したがってSタンパク質は宿主の特異性およびコロナウイルスの毒性を決定する。同様に、ヒト免疫不全ウイルス1型(HIV-1)エンベロープ糖タンパク質には、gp120およびgp41という2つの非結合的に関連したサブユニットがあり、gp120は細胞表面受容体CD4との相互作用を介して標的細胞認識およびウイルス指向性を指示し、一方、膜にまたがるgp41はウイルス膜と細胞膜の融合を促進し、ウイルス内容物が宿主細胞に放出されるように

配列解析により、HIV-1 gp41タンパク質とSARS-CoV S2タンパク質に類似のモチーフがいくつか存在することが明らかになった。Gallaher and Garry  は、N末端ロイシン/イソロイシンジッパー様配列と芳香族が豊富な領域を同定した。Kliger と Levanon  は、芳香族が豊富な領域の上流で C 末端ヘプタッドの繰り返しを報告した。これらの発見は、おそらくSARS-CoVに対する新しい治療戦略の開発につながるでしょう。この研究の目的は、HIV-1 gp41およびSARS-CoV S2タンパク質の3D構造に類似性が存在するかどうかを調査し、可能な阻害剤結合部位を同定することである。



ドロレス・ケイヒル教授の研究では、mRNA注射を受けた人は、たとえワクチンをを1回しか打っていなくても、余命は3〜5年であることを示唆しています。
https://adversereactionreport.com/research/prof-dolores-cahill-everyone-who-has-had-an-mrna-injection-will-die-within-3-5-years/


イングランドとウェールズで進行中の大量死:毎月7千人以上が死亡、5年間の平均を上回る

Ongoing MASS DIE-OFF In England & Wales: 7K+ Dying Per Month In Excess Of 5 Yr Average (bitchute.com)