Government Reports, Pfizer Docs. & Cost of Living Crisis prove your Government is trying to kill you & Depopulate the Planet – The Expose (expose-news.com)
あなたの政府があなたを殺そうとしている証拠 & 惑星の人口減少

1993年、MI6の元スパイであるジョン・コールマン博士という人が書いた本が出版された。その中で、コールマン博士は次のように書いている。


「2050年までに少なくとも40億人の『無駄飯喰らい』を、限定戦争、致死的速効性疾患の伝染病、飢餓などによって淘汰しなければならない。エネルギー、食糧、水は、西ヨーロッパと北米の白人の人口から始まり、他の人種に広がり、非エリートの自給自足レベルに抑えられなければならない。」


「カナダ、西ヨーロッパ、アメリカの人口は、他の大陸よりも急速に減少し、世界の人口は管理可能な10億人のレベルになる。そのうち5億人は、中国人と日本人が占めることになるが、これは、彼らが何世紀にもわたって統制されてきた人々で、疑問を持たずに権威に従うことに慣れているために選ばれた人々である。」


多くの人は、上記の主張を「ティンホイルハットのたわごと」として無視する可能性が高い。

40億人の「無駄飯食らい」を2050年までに排除する : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
エリートによって殺される60億人の人間:麻生太郎も登場 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)


しかし、残念ながら、政府の公式データ、ファイザーの機密文書、そして現在の生活費危機、差し迫った気候変動災害、COVID-19の大流行、進行中の人工知能の開発などの現実の出来事は、世界を過疎化する意図が存在し、政府が要するにあなたを殺そうとしてることを強く示唆しています。


image-288

私たちは今、温室効果ガスの排出による地球の温度上昇を防ぐために、政府機関や研究機関と競争していると言われています。


温室効果ガスの大部分は二酸化炭素(CO2)です。地球上のすべての人間が、息を吐くたびに発生させている気体です。


平均的な人が1日に吐き出す温室効果ガスのCO2は約500リットルで、質量にすると約1kgに相当します。

世界人口が約68億人(当時)であることを考えると、この数字は大したことではありません。これは、世界中で化石燃料を燃やすことによって排出される年間CO2量の約7%にあたります。


したがって、気候変動に関する厳しく管理され検閲されたシナリオを信じるならば、人間はただ生きているだけで、気候変動に最も貢献している存在なのです。


したがって、もし「エリート」が地球を救いたいのであれば、世界の人口を減らすことから始めるのが良いでしょう。そうすれば、人間が呼吸することによって自然に発生する二酸化炭素を減らすことができ、人々の生活の質を維持するために必要な化石燃料の量も減らすことができます。


しかし、もし私たちが、現在どのニュースチャンネルにも載っているような、差し迫った気候変動の破滅について嘘をつかれているとしたらどうでしょうか?それなら、いわゆる「エリート」と呼ばれる人たちは、なぜ世界の人口を減らそうと躍起になるの でしょうか?


テクノロジーと人工知能の進化を見れば、金持ちを金持ちにするために、人間は以前ほど必要とされていないことに気づくでしょう。そして、もうすぐ、人間はまったく必要なくなるかもしれません。


金持ちは金持ちに、貧乏人は貧乏人になるように作られた奴隷制度の中で生きていることに気がつかないなら、あなたは砂の中に頭を突っ込んで生きてきたことになります。


9時から5時までの勤務で金持ちになる人はいないが、ほとんどの人が、大人になったらそうするのが目標だと信じ込まされています。もちろん、自分でビジネスを始めて、他の人に奴隷として働いてもらうこともできるが、それでも「税金取り」がやってきて、寝て、働いて、また1年繰り返すという終わりのない日常を続けなければならないことを認識させられます。あるいは、あなたが大成功を収めれば、大企業があなたを買収するためにやってくるでしょう。


システムは不正操作されています。


また、いくら収入が増加しても、支出はその増加に見合うか、あるいはそれを上回ってしまうという例もあります。


例えば、住宅の費用。ほとんどの人は、住宅ローンや家賃だけで給料の大部分を占めることになり、しかもその金額は年々上昇していきます。それは、家が高いからなのか?それとも、ほとんどの人が、受け入れるように教え込まれた奴隷のような生活から決して抜け出すことができないように、制度が設計されているからでしょうか?

何世紀もの間、「エリート」は、自分たちが豊かになるためのシステムを受け入れ、その中に閉じ込めたままにしておく必要がありました。しかし、今はもう必要ありません。彼らは、自分たちの代わりに仕事をしてくれるテクノロジー、ロボット、人工知能を開発し、そのテクノロジーは、多くの人が思っている以上に高度なものとなっています。

このテクノロジーは、現在、多くの人が思っている以上に進んでいます。事実上、何百万人もの人々が「無駄飯喰らい」と呼ばれるようになるでしょう。

つまり、世界は岐路に立たされており、エリートは2つの選択を迫られているのです。何百万人、何十億人もの人々が生き残り、質の高い生活を送れるよう、経済的支援と援助を行うか。あるいは、世界の人口減少に乗り出すかです。


残念ながら、しばらく前に、彼らは人口減少の道を選び、その計画は既に進行中であることを示す証拠があります。

ここでは、「エリート」が人口減少のために行ったこと、行っていることのいくつかを紹介します。

COVID-19パンデミック:高齢者と弱者を殺す


2020年3月、英国国民は「NHSを守り」、「命を守る」ために「家にいる」ように言われました。さらに、当局が「曲線を平らにするために3週間」だけ必要だとも告げられました。これは、中国の武漢で発生したとされる新種のウイルスの脅威のためと言われていました。


しかし、COVID-19のパンデミックは、実際には誇張された嘘であったことを示す証拠が示唆されています。COVID-19で死んだとされた何千何万の人々の命を早々に絶つことになる嘘です。人類史上最大の犯罪の一つを犯した嘘です。その嘘には3つのものが必要だった 恐怖心、あなたのコンプライアンス、 そしてミダゾラムという薬です。

COVID-19の深刻な病気は、肺炎とそれに伴う呼吸不全であると言われています。したがって、典型的な症状としては、息苦しさ、咳、脱力感、発熱などがあります。また、呼吸不全が悪化し、集中治療を受けない人は、激しい息苦しさを伴う急性呼吸窮迫症候群を発症すると言われています。

英国はCOVID患者を「ミダゾラム」で治療 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ミダゾラム(ジアゼパムをステロイドで固めたようなもの)は、浅い呼吸、遅い呼吸、一時的な呼吸停止など、深刻で生命を脅かす呼吸障害を引き起こし、永久脳障害や死につながる可能性があります。

英国の規制当局は、ミダゾラムの投与は、心臓や肺をモニターし、呼吸が遅くなったり止まったりした場合に迅速に救命処置を行うために必要な機器を備えた病院や医院でのみ行うべきであると述べています。

それが分かっていて、COVID-19が原因とされる肺炎や呼吸不全に苦しんでいる人たちの治療にミダゾラムを使うでしょうか?

なぜなら、英国ではまさにそれを行い、ケアホームでトラック1台分投与していたからです。

2020年3月、英国保健社会福祉省はミダゾラムを2年分購入し、さらに購入を検討していた(出典)。そして、彼らは確かにそれを活用したのです。

スクリーンショット_(1310)[1]

公式データによると、2019年4月のミダゾラムの処方箋は21,977件まで発行され、171,952品目を含み、大部分はミダゾラム塩酸塩であることがわかりました。しかし、2020年4月には、ミダゾラムの処方箋が45,033件発行され、333,229品目を含み、その大部分はミダゾラム塩酸塩で占められました。

これは、ミダゾラムの処方箋発行枚数が104.91%、含有品目数が93.85%増加したことを意味します。

しかし、これらは病院で発行されたものではなく、GPプラクティスで発行されたものです。つまり、当時のマット・ハンコック保健長官の指示で病院を退院し、人手不足で手一杯のケアハウスに入所した高齢者や弱者に投与されたものです。

イギリスの国家統計局によると、COVID-19による死亡の5人に3人は、学習困難や障害を抱える人々であったこちらを参照

中略

Covid-19ワクチン接種:不妊症とジェノサイド

COVID-19ワクチン接種は、すでに死亡させた数千人に加えて、大量の人口減少を引き起こそうとしている。

世界中の医薬品規制当局が発表した最新の報告書では、2022年5月下旬から6月上旬までに、COVID-19注射による副作用として少なくとも730万件の傷害が報告され、そのうち7万7068件が死亡したことが明らかになっている(出典

image-260
ショッキング - 米国、ヨーロッパ、英国、オーストラリアでCOVIDワクチン接種により少なくとも77,000人の死者と730万人が負傷 - The Exposeは (expose-news.com)


しかしながら、これらの恐ろしい数字は、COVID-19ワクチン接種の結果の本質を示していない。なぜなら、医薬品規制当局によれば、実際に報告されている有害事象はわずか1〜10%であると推定されているからです。

しかし、この実験的な注射にはもっと不吉なことが起こっており、その証拠はすべて、政府の公式データと、米国食品医薬品局(FDA)が75年間公表を遅らせようとしたが裁判所の命令で公表せざるを得なくなった機密文書の両方に見出すことができます。

2022年1月初旬、連邦判事マーク・ピットマンはFDAに毎月55,000ページを公開するよう命じた。1月末までに12,000ページを公開した。

それ以来、PHMPTはすべての文書をウェブサイトに掲載している。最新の投下は、2022年6月1日に起こりました。

データダンプに含まれる文書の1つが「'reissue_5.3.6 ポストマーケティング エクスペリエンス.pdf' 」です。この機密文書の12ページには、ファイザーCOVID-19 注射の妊娠中および授乳中の使用に関するデータが含まれています。

ファイザーの機密文書は、Covidワクチン接種を受けた妊婦の90%が赤ちゃんを失ったことを明らかに

ソース – ページ 12

続きはこちら
Government Reports, Pfizer Docs. & Cost of Living Crisis prove your Government is trying to kill you & Depopulate the Planet – The Expose (expose-news.com)

以下、主な内容:

ファイザーと医薬品規制当局は、動物実験で先天性欠損症と不妊症のリスクが高まることが判明しているため、妊娠中のCovid-19ワクチン接種の危険性を隠した

ファイザーの機密文書がCovid-19ワクチンが卵巣に蓄積していることを明らかに

新生児の死亡は、2022年3月に7ヶ月で2度目の臨界レベルに達しました

Covid-19ワクチン接種は流産に苦しむリスクを高める

政府のデータは、Covid-19ワクチンが後天性免疫不全症候群を引き起こすことを示唆しています

生活費危機:栄養失調、病気、飢餓

製造食品不足(ウクライナ紛争関連)