気候変動により流産・死産が増加

スクリーンショット_(1305)[1]

2021年以降、「成人突然死症候群」、通称「SADS」によって、若くて健康な人々が次々と亡くなっています。システム科学は、その理由として気候危機を疑っている。現在、同じ理由で精子の質が悪くなり、流産や死産が増えることが挙げられている。しかし、なぜ地球上の暑い国々で出生率が高いのか? つまり、本来なら人類が滅亡しているはずの場所で出生率が高いのかについては、まだ説明がされていない。

オーストリアの生活情報誌「Wienerin」の絶対的なスキャンダル記事です。そこには「再発見」と書かれた記事が掲載されています。

気候危機と気温上昇が生殖能力に影響を及ぼす。体温が上がると精子の質が悪くなり、流産や死産のリスクが高まります。

Wienerin, 03.08.2022

これに続いて、オーストリアの新しい最高気温と「戦わなければならない」という誤った表現が続きます。今年の夏は、例年に比べて温暖で、短い温暖期と雨や曇りの週が交互にやってきます。

Wienerinは「キンダーウエンスセンター・アン・デア・ウィーン」を出典としています。気候変動は生殖に悪影響を及ぼすと言われている。2021年の大災害の報道を覚えていますか?例えば、オーストリアの平均気温は7.4度でした。階段のジョーク:2020年、オーストリアの平均気温は8.2度でした。ドイツの平均気温は、2021年は9.1度、2020年は10.4度でした。制度信奉者で、税金で太い研究費と報道助成金を口説くなら、まさに琥珀地獄です。

Wienerinとキンダーウエンスセンター・アン・デア・ウィーンによると、精子はもはやこの悪魔のような暑さでは成長しないそうです。そして、そのような大胆な精子が卵子にたどり着いたとしても、外があまりに暑いため、赤ちゃんは早死にしてしまうことが多いそうです。それを信じているのか?生まれてくる子どもを亡くしたり、死産を経験したばかりの母親に、本気でそんなことを言うだろうか?医療や「ジャーナリズム」の世界には、明らかに無謀な人たちがいて、平気でこういうことをやっているのです。

ウィーンの人たちによると、すべてが予想以上に悪いということです。これらは「極端な状況」でしょう。森林火災は、気温の大幅な上昇のほか、生殖能力だけでなく、胎児の奇形にもかなり悪い影響を与えるでしょう。また、洪水は運動機能の発達の遅れにつながります。なんだ、やっぱり信じてないのか?ウィーンによると、この嬉しい情報は、子供の願いの専門家であるハインツ・ストローマー教授(Kinderwunschzentrum an der Wienの創設者兼医療ディレクター)からもたらされたものだそうです。私たちはその後、これらのすべての主張がどのように立証され、実証されるのかについて、ストローマー氏から情報を得るよう努力するつもりです。2021年にオーストリアで関連する大規模な洪水がなかったことを指摘する必要があるだろうか?願わくば、教授が本気で2022年の出生数減少をドイツのアール渓谷の洪水のせいにしないことを祈りたい。

特に、出生率の高い国の平均気温が、中欧よりもかなり高いという事実に注目しています。そこでは、女性一人につき10人の子供がいることも珍しくありません。アフリカでは、数年ごとに人口が倍増することが予想されており、暑さによる絶滅の心配はありません。

「気候の大混乱が健康な子供を産む可能性に及ぼす長期的な危険性を正確に知るには、まだ時期尚早である。気候変動は、私たちの生殖を含むすべての人にとっての危機です。私たち生殖医療専門医も、この危険性にもっと注意を払うべきです」とストローマー教授は言います。

Wienerin, 03.08.2022
異常はないですか?
それとも、2021年以降に、流産や死産、奇形の数に影響を与えるようなことでも起こったのでしょうか?


 Systemmedium meldet: Mehr Fehl- und Totgeburten wegen Klimakrise (report24.news)