Umstrittenes Pandemieabkommen - WHO gibt Pläne für weltweite Gesundheitsdiktatur nicht auf (report24.news)
物議を醸すパンデミック協定 - WHOはグローバルヘルス独裁の計画を諦めない
who_diktatur
画像コラージュ: レポート24;写真ビルゲイツ - DFIDによって - 国際開発のための英国省 - https://www.flickr.com/photos/dfid/19111683745/、CC BY 2.0、https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=88747754;Tedros Ghebreyesus - ITU Pictures from Geneva, Switzerland, CC BY 2.0 , ウィキメディア・コモンズ経由

WHOや世界銀行、世界経済フォーラムのようなグローバリストの組織に、私たちの生活をどれだけ支配させたいのだろうか?なぜなら、彼らの「ワクチン接種パスポート」がなければ、私たちはやがてどこにも行けなくなるからです。決して民主的に選ばれたわけではないこれらの機関が、再び絶対的な権力を手にしているのである。

将来のパンデミック対策という名目で公式に推進されていることは、実際には、一方では人々に処方されたワクチン(過去2年間に無数の人々に投与されたmRNA遺伝子治療など、実験的であるかもしれないが)を受け入れさせ、他方では(適切なワクチンを拒否する)人々の旅行の自由を大幅に制限する統制手段となっているのです。

この時点で、世界保健機関(WHO)が数カ月前から推し進め、ビル・ゲイツとビッグ・ファーマに財政的に依存する世界的組織に、いわゆる「パンデミック時」において広範囲な権力を与えることになるため手放さない、いわゆる「パンデミック協定」を思い出す価値があるだろう。

多くの国(特に西側エリートの完全な支配下にない国)がこの協定に反対したため、WHOは最近大きな挫折を味わったが、WHOのリーダーはあきらめようとしない-そして少なくともドアを開けるためにいくつかの重要ポイントを修正した、とロバート・ケネディJrの子供の健康防衛が報じている。また、次のようにも書かれています。

「一方、世界経済フォーラム、アフリカ連合、世界銀行は、「疾病監視」と「現在および将来のパンデミックに対する支援」のために10億ドルの基金を設立し、新しい複数国のワクチンパスポートなど、独自のパンデミック対応メカニズムを開発している」

つまり、これらの組織は将来、誰がグローバルに(国内でも)自由に移動することを許され、誰が許されないかを決定する重要な役割を果たすことになるのです。季節性インフルエンザの予防接種(2回)はもうお済みですか?現在の「Covid-19」のmRNAブースターショットはどうでしょうか?そして、次にランダムに宣言される「パンデミック」ウイルス性疾患のために、急いでこしらえた不十分なテストのワクチンを接種するのでしょうか?あなたは(その記録を)持っていないのですか?そうなると、休日に出かけたり、レストランで家族でくつろいだ夕食を楽しんだりするのではなく、家にいることになります。

悪いことに、私たちの政府(クラウス・シュワブと彼の率いる世界経済フォーラムの弟子たちが多い)は、このようなことをすべて支持しているのです。ますます多くの国の主権が超国家的な(WEFやWHOのように民主的に正当化されていない)組織に委ねられ、その決定に対して個々の国の国民は投票することができなくなっている。そして、議会や政府でさえも、こうした組織の命令を受ける安っぽい存在に成り下がり、好むと好まざるとにかかわらず、最終的にはその指示を実行しなければならなくなるのです。「グレート・リセット」のディストピアな未来に、「ニューノーマル」の「ブレイブ・ニュー・ワールド」なるものが登場......。