デンマーク、9月1日から未成年者への新型コロナウイルスワクチン接種を完全に停止

スクリーンショット (1304)

小児および青少年に実験的なCovidワクチンを注射する理由がないため、デンマーク政府は2022年9月1日以降、18歳未満への接種を中止することを決めました。

数ヶ月前から、科学者や医師は、実験的で論争の的になっているCovidワクチンを子供や青年に接種しないよう繰り返し警告しています。コロナウイルス自体は、特に若い世代にとってはほとんど危険性がないのに対し、ワクチンには、特に若い世代にとっては、結果的に障害をもたらす危険な副作用が伴うことが多いことから、子どもたちの予防接種プログラムに対する大規模な批判が再三再四なされてきました。特に、例えば子供の予防接種は、誤った研究、誤ったデータで正当化されることが多かったからです。

デンマークでは、現実的なアプローチをとっているようで、少なくとも小児と青年のワクチン接種プログラムは完全に中止されることになりました。すでに6月にReport24が報じたように、当時すでに公式サイドは「現在の知識でこれらのワクチンを子供たちに投与するのは誤りだった」と述べている。大した効果はなかったでしょう。早くも2月には、子どもたちへの「ブースター」投与は行わず、予防接種キャンペーンは原則中止とすることが発表さ れました。

デンマーク政府は、しばらく前に「未成年者へのCovidワクチンの投与は行わない」と宣言していたのに、世界の人々にはほとんど知られていなかった。デンマーク保健省の発表によると、2022年7月1日より1回目の注射が、2022年9月1日より18歳未満のデンマーク人への2回目の注射が行われなくなるとのことです。
こう書かれています:

小児および青年がオミクロン変異型のCovid-19で重症化することは非常にまれである。そのため、2022年7月1日から18歳未満の小児・青少年は1回目の注射を受けることができなくなり、2022年9月1日から2回目の注射を受けることができなくなります。特に重症化のリスクが高い少数の子どもたちには、医師による個別評価の後、引き続きワクチン接種を選択することができます。


このように、デンマーク政府は、反対のことを示す様々なデータとは対照的にこれらの論争の的になっているワクチンには実際に予防効果があるという物語を維持し続けています。とはいえ、スタートは切りました。ドイツ、オーストリア、スイスといった国もこの例に倣うの でしょうか?

Dänemark stellt Covid-Impfungen für Minderjährige ab 1. September komplett ein (report24.news)