グレッグ・ハンターの USAWatchdog.com (サタデーナイトポスト)

カレン・キングストンはバイオテクノロジー・アナリストで、元ファイザー社員であり、COVID-19といわゆるワクチンについて多くの側面から研究し、執筆してきた人物である。 キングストンは、長期間の間、covidとワクチンの両方が生物兵器以外の何物でもないと言ってきました。そして先週、史上初の「機能獲得」に関する上院公聴会証言した医学専門家はCV19ウイルスが生物兵器であることに同意しました。  キングストンは、「具体的には、研究所で行われている『機能獲得研究』(CV19や現在兵器化されている他の致死性ウイルス)の仕事は、厳密に戦争と生物兵器の開発のために行われていると言っています。 これらは軍事用兵器です。 ケビン・エスヴェルト博士は、『問題は、我々がパンデミックを健康と安全の問題として考えるのに慣れすぎていて、何百万人もの人々を殺すために意図的に解き放つことができるウイルスを特定することの国家安全保障上の意味を見逃していることです。』と語った。

キングストンは、CV19を治療するいわゆる「ワクチン」も「生物兵器」であり、ビッグ・ファーマは人体実験をするために責任ゼロでフリーハンドを与えられていると言います。 それは、議会が成立させた法律で承認された「緊急使用許可」(EUA)によって可能になったからです。 食品医薬品消費者保護法では、ほとんどの医薬品とワクチンについて10年、ウイルス遺伝子ベースの治療法については15年のタイムラインを要求しており、これら(CV19ワクチン)はその通りである。 それが、1年もかからずにわずか10ヵ月と早く発売されたのです。

つまり、これはアメリカ国民に対する恐ろしい実験にほかならないのです。. . このmRNA注射はビッグ・ファーマに新しい市場を作り出しました。 その上、この脂質ナノ粒子技術はmRNAと同様に非常に危険であり、製品を市場に出すのに10年から15年かかる消費者保護法の法律を通過することはできなかったでしょう。 ですから、9.11のように緊急事態を宣言し、個人情報保護法を無効とする必要があります。 このような製品を世に送り出すためには、医薬品安全性規制を覆す必要があったのです。. . . 彼らは毎年1兆ドル規模の市場になっています。. . .  mRNAと脂質ナノ粒子技術を組み合わせて、これを維持するためには、現在のFDA法の下では、この市場は存続も成長もできないのです。 彼らは、すべてを常に「緊急使用許可」の下に置く必要があります。これは効くかもしれない、効果的かもしれないと言うだけで、人間に直行する必要があるのです」。


さて、ファウチ博士とバイデン大統領はそれぞれ合計4回のいわゆる「ワクチン」を接種し、両者とも最近もCovidを接種していることから、CV19注射が有効でないことは分かっています。 ホワイトハウスのCovid対応チームのトップドクターの一人であったデボラ・バークス博士でさえ、今ではこれらのワクチンでは感染を防げないことは分かっていたと語っています。 そして、私たちはワクチンを過剰に宣伝しすぎたと思う....  アメリカだけでCV19 ワクチンを約6億回投与した後、バークス博士は、ワクチンが効くとは思っていなかったと認めているのですか?  何故ですか? キングストンは言う、「専門家証人として連れてこられる場合、非訴追契約や司法取引というものがある。. . . これは、法律的な観点から言えば、司法取引契約のように見えると思います。 だから、彼女は名乗り出たのであり、名乗り出たことで、そして起こったことについてアメリカ国民に真実を語ったことで、おそらく彼女は減刑されることになるでしょう」。

キングストンは、CV19生物兵器がワクチンとして流布されているため、死者数と負傷者数の合計は「今後5年間で著しく増加するだろう」と言う。 キングストンは明確な数字を示さないが、 この注射は女性の卵巣を標的にするように設計されているので、不妊症の数は莫大なものになると思う。 また、男性の生殖器官も標的にするように設計されています。 このことは、非常に、非常に憂慮すべきことだと思います。

50分間のインタビューにはもっと多くのことがあります。





こちらも参考:

クリス・ショウ博士 - スパイクによる神経障害は始まったばかりです - 私が知っている人々はもはやナビゲートできない人、歩けない人、数学ができない人ばかりです。私はこれらの人を間近で個人的に診ています。

動画:https://rense.com/general97/shaw.mp4