New Zealand plans to tax farmers for livestock burps - The Counter Signal
ニュージーランド、家畜のゲップに対する農家への課税を計画
欧米諸国の政府は、農家の生活を破壊することに躍起になっているようだが、ニュージーランドも同様で、政府が家畜に「ゲップ税」を導入することになった。
new-zealand-burp-tax

ニュージーランドは、牛や羊のゲップに対して農家に課税することを計画している。

気候の狂気と炭素税の時代に、政府が酸素を吸うことに課税するという話はほとんどミームになっているが、ニュージーランドは圧倒的にそれに近いことをやっている。

この国の気候変動急進派によれば、牛や羊のゲップは放出されるメタンにより環境に害を与えすぎるため、削減する必要があり、農家には課税して服従させる必要があるとのことだ。

ニュージーランドの気候変動大臣ジェームス・ショーはBBC Newsに、「大気中に放出されるメタンの量を削減する必要があることは間違いないだろう」と語った

この法案では、政府は2025年から畜産農家のガス排出量に課税し始め、家畜に特別なげっぷ防止食を与え、さらに木を植えて排出量を相殺する農家には、インセンティブと低税率が提供されることになっている。

WebMDによれば、政府が推奨している他の戦略は、「メタンを閉じ込めて水と二酸化炭素に変える牛用のフェイスマスクで、この仕掛けを発明したZelp社によれば、排出量を50%以上削減する方法」であるとのことだ。海藻から作られた飼料を使った実験を行っている農家もある。また、科学者は牛の遺伝子をいじって、消化効率を高めている。」
フェイスマスク。そう、牛のためのフェイスマスクです。


農業経済学者のスーザン・キルスビー氏は、この法案について、この40年以上で最大の農業に対する規制の混乱になりかねないと述べているが、法案を推進する側は、ニュージーランドをより「持続可能」な国にするために必要なものだと主張している。

ゲップ税を実施するかどうかの最終決定は、今年12月までに行われる予定です。