Bestätigt: Regierungen weltweit fordern von Twitter Zensur und Offenlegen von Nutzerdaten (report24.news)

確認済み: 世界各国の政府がTwitterに検閲とユーザーデータの開示を要求

スクリーンショット_(1293)[1]

Twitterを熱心に検閲しているのは、いわゆる「ファクトチェッカー」だけではありません。また、Twitter社のロスCEOによると、同社は世界各国の政府から特定の不快なコンテンツの削除やユーザーデータの引き渡しを繰り返し要請されているという。

Twitterは、世界各国の政府がこの人気ソーシャルメディア企業に対し、特定の反対派が制作したコンテンツを削除するか、機密情報、ダイレクトメッセージ、ユーザーの位置情報などの個人情報を要求していることを明らかにしました。AP通信によると、Twitter社の報告によると、複数の地方、州、国の政府が、2021年の6カ月間に6万件近くのコンテンツの削除を同社に依頼したとのことです。

TwitterのCEOであるヨエル・ロス氏は、「政府が、我々のサービスのユーザーのマスクを剥がし、アカウント所有者の情報を収集し、また人々を黙らせる手段として法的要求を用いることに、より積極的になっているのを目の当たりにしている」と述べた。同社は、これらの要求の20%は米国が行っており、インドがそのすぐ後に続いていると述べている。しかし、そのうちの4割は、ユーザーの機密情報へのアクセスを目的とした要求です。日本は23,000件以上の要請を行い、そのうちの半分はユーザーデータの引き渡し、残りの半分はコンテンツの削除を要請しています。

Metaでも同じ現象が報告されており、政府関係者がユーザー情報や個人情報の詳細を求めている。TwitterとMetaは、2021年に政府がユーザー情報の要求のほとんどを有名なジャーナリストや報道機関に向けたと報告しています。

しかし、ソーシャルネットワークは、2021年にジャーナリストのアカウントを標的としたユーザーデータを要求した国を公表していない。報道によると、政府は批判者を黙らせ、様々なニュースメディアの報道活動を検閲しようとしている。ジャーナリスト保護委員会の事務局長は、"政府によるジャーナリストに関するコンテンツや情報の削除要求の増加は、検閲や情報操作の増加という世界的な傾向の一部です。「ソーシャルメディア・プラットフォームは記者にとって不可欠で、批判的な声を黙らせようとする政府の試みにもっと抵抗しなければなりません」と述べています。

Twitterは以前から報道を検閲しているとして、すでに注目を集めている。例えば、2020年、ジョー・バイデンの息子ハンターのウクライナ・コネクションに関するニューヨーク・ポストの記事を同社が検閲したとき。「The Intercept」のグレン・グリーンウォルドは当時、このことを大々的に報道していた。これが会社の恣意的な判断なのか、民主党の高官がTwitter社に相応の圧力をかけたのかは、現在も不明である。

スクリーンショット (1294)

一方、世界各国の政府は、Twitter、Facebook、Coに対して、「虚偽の報道」(いわゆる「フェイクニュース」)と疑われる行為への対応を求める圧力を強め、無数のユーザーブロックが発生しています。そして、例えば、ジョー・バイデンのような一流の政治家が、実験的なCOVIDワクチンの有効性と安全性に関する明らかな嘘を無修正で広めることができたにもかかわらず、-ドナルド・トランプのような結果に直面することはありませんでした-という事実です。