WHO gibt zu: Empfänger von Affenpocken-Impfstoff sind Versuchskaninchen (report24.news)
WHOが認める:サル痘ワクチン接種者はモルモットである
スクリーンショット_(1285)[1]

批判的なオブザーバー長い間それを知っていましたが、サル痘ワクチンの有効性に関するデータが欠落しているため、ワクチン接種者もすべて臨床試験の一部となっています。ヨーロッパでは、すでに天然痘ワクチン「イムバネックス」の接種が始まっている--果たして被接種者に事前に知らされていたのだろうか?

土曜日、WHOはテドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長を中心に記者会見を行い、サル痘の発生について世界に警告を発しました。また、この日、専門家委員会を覆し、押し切って、この病気による世界的な健康上の緊急事態を宣言しました。この病気は、特にゲイのコミュニティーの中で、主に性交渉によって広がるという事実にもかかわらずです。

世界保健機関(WHO)の緊急プログラムにおける世界的な感染症の脅威に関するユニットの責任者であるティム・グエン氏は、このワクチンはこの規模で使用されたことがないため、その効果はまだわかっていないと述べています。「WHOにとって非常に重要なことをひとつ強調しておきたい。このような状況や規模で使用されたことがないため、これらのワクチンの有効性については確信が持てません」とティム・グエンは警告しています。世界保健機関(WHO)の緊急プログラムにおける世界的な感染の脅威のためのユニットの責任者であるティム・グエン氏は、ワクチンの有効性は、この規模で使用されたことがないため、まだ知られていないと述べた。Report24はすでにこの事実について何度か報告しています(ここを参照):WHOがこの事実を認めていることは、ほとんど奇跡としか言いようがない。

TexasLindsay™さんはTwitterを使っています: 「🚩JUST-IN W.H.O. warns anyone who receives a MonkeyPox vaccine is considered to be part of a clinical trial for data collection so they can learn more about the effectiveness. WHO also reaffirms “Men who have sex with Men” are the most at-risk by the virus. https://t.co/e3x7ZZtjNr」 / Twitter
スクリーンショット (1286)

グエン氏は、サル痘ワクチンの接種を受ける人は、厳密にはワクチンの有効性を確かめるための「臨床試験」に参加していることになると注意を促した。「これらのワクチンを投与する際には、臨床試験と、これらのワクチンの有効性に関する理解を深めるための前向きなデータ収集が必要です。」つまり、基本的には、ワクチン接種者をビッグファーマのモルモットにするという話なのです。

また、WHOは、この病気の大半は同性愛者や両性愛者の男性に発生すると述べています。一方、EU委員会は、ドイツ・デンマークのメーカーであるバイエルン・ノルディック社の天然痘ワクチン「イムバネックス」をサル痘予防のために承認しました。また、本ワクチンは2013年から従来の天然痘の予防にも承認されています。サル痘の承認は新しいものであり、当然ながら包括的なデータベースに基づいているわけではありません。

一方、このワクチンの添付文書には、Report24がすでに報告ているように、重篤なものを含む約50の副作用がすでに記載されていることが問題です。呼吸困難、めまい、首や顔の腫れなどです。しかし、この実験的なワクチンでさえ、さらなる副作用や潜在的な後遺症が判明するのは、その経過の中でしかないでしょう......