Spritrationierung per QR-Code - Sri Lanka implementiert den "National Fuel Pass" (report24.news)
QRコードで燃料配給-スリランカで「国家燃料パス」を実施
スクリーンショット_(1282)[1]

WEFの貢献者であるラニル・ウィクレミンゲがスリランカの大統領に就任するやいなや、燃料価格配給のためのQRコードが登場しました。さらに多くの国を脅かす可能性のあるものの青写真。

ラニル・ウィクレミンゲはスリランカの新大統領であり、クラウス・シュワブ率いる世界経済フォーラム(WEF)のメンバーであり、アジェンダ・コントリビューターでもある。それなら、後者もまた、グローバリスト組織の完全支配と人々をグレートリセットのアジェンダに服従させるという計画を、段階を追って実行する手助けをしていても不思議ではない。エネルギー省のカンチャナ・ウィジェセケラ大臣は、「国家燃料パス」を発表し、適切なサポーターを見つけました。

「最初の技術的な問題を経て、本日、燃料パスQRシステムのテストに成功しました。[このプロジェクトは、来週から全国で展開される予定です。ナンバープレート下一桁の燃料割当は、今後数日間の燃料の列を緩和し、島中の流通を早めるだろう」とウィジェセケラはツイートで書いている。「このプロジェクトに賛同してくださったガソリンスタンドのオーナー様、このプロジェクトを受け入れサポートしてくださった一般の方々、このプロジェクトの実施に協力してくださった緊急サービスやボランティアの方々に感謝します。ガソリンスタンドによっては採用しないところもありましたし、(QRコードを)操作したり偽造したりする人もいて、導入してほしくなかったんです」。ただし、全島的に施行されます」。



エネルギー大臣によると、これからは毎週一定量の燃料が用意され、週に2日満タンにすることができるという。これによると、スリランカ人はIDカード番号で申請しなければならない。IDなどが認証されると、全国のガソリンスタンドで給油できるQRコードが割り当てられます。その後、市民は自動車登録番号の下一桁をもとに順番に記入するよう促されます。しかし、少なくとも首都コロンボでは、観光客や外国人が優先されます。特に外国人は、緊急に必要とされる外貨を国内に持ち込むこともあるので、これ以上、同国の観光産業にダメージを与えないようにするためらしい。



現在、欧米はロシアの石油(とその派生物)を相次いで制裁しようとしており、ディーゼルやガソリンも不足することを考えると、今回のスリランカの措置は、欧州の我々にとって、これから起こるであろうことの青写真とも言えるでしょう。



QRコード付きのデジタルIDがなければ、予防接種の状況や車の状態、その他あらゆることが照会され、将来的には買い物や外食、ガソリンを入れることさえできなくなるかもしれません。

※クラウス・シュワブの「ブレイブ・ニュー・ワールド」とそのディストピア「グレート・リセット」が...
破産国家および飢餓国家に手を差し伸べて助け、人材を送り込み、傀儡政権を作り懐柔していくワケですな.....